2022/09/06 火曜日

無味

9/6 火曜日

若さ、見た目、(学歴)、将来への可能性、心からの友達、優しい家族、バイトへの適性、みんな持ってるのに、なんにも持っていないように感じる。なんにも希望がないように感じる。

15時半。酔いたい。ジュースが飲めないから、ビールも不味いからと、飲むときには焼酎に落ち着いた。1日に100mLと決めていたが、最近はかなり乱れ気味である。150や200をストレートで飲むことが多い。今も酔っているけれど、足りない、酔いが覚めそうな恐ろしさ。足りないと思う。ほろ酔いの状態で課題や、種々の手続きをおこなうと楽だし、辛いことも思い出さずに済む。福田に昔、「気付けのために飲むと依存しやすいからやめな」と言われたことを思い出す。でも、でも、足りないんだ、現実を見てしまうのが恐ろしくて。さしたる、不都合や不幸がある訳じゃないけど、私は甘え症でクズだから、少しでも辛いことがあるとすぐに折れて筆を放り出してしまう。あの子に会いたい。C。C、会いたい、全然既読つかないけど、何度確かめてもブロックされてない。インスタのブロックも解除されていて、どう思えばいいのかわからないというか、もう希望を持つしかないというか、今度は大事にするからどうか戻ってきて、恋人なんかじゃなくても、ただ甘えて甘やかす、仲のいい先輩後輩の関係だけでいいから。もう八つ当たりしたりしないから、そのためのいろんな対策練ってるから、さ、ステメに「限界」なんて書かないで。

どうにか伝わってあれ。
今、キャリア設計学受けてて、ちょっとだけいろんな、将来への不安が湧いてきた。
まず私のやりたいことはなに?向いているのは総合職?専門職?
私は自分で自分のこと今までよく知らなくて、塾講師バイトするまではワークライフバランス重視なのかなって自己を認識していたけど、残業があろうと予習が難しかろうと働き終わった帰り道はいつも機嫌がよくて、何度辞めたいと思ってもなんでかやっぱり続けたいと思えて、
全然、ワークワークワークが好きなんだなと知った。
やりがいある方がいい。生徒の皆と仲良くなれるのが本当に嬉しいし、たくさん丁寧にプリントを個別に出したりして、丁寧ですねと保護者から認められたりなどすると非常に嬉しい。
嬉しいという感情しか湧かない。ふふ。
ここまでポジティブに捉えられるのはきっと酔ってるからなのかもねと思うけど、それでも夏季講習という一番恐ろしく大変なところから始まって今まで続けられている、そのことがすごく、完全個別指導の塾講師というブラックになりやすい職種への適性を示しているのだと思う。ワークに生活が縛られてもいいから、充実しているのが嬉しい。
総合職いいな。女性が少ないというところも良い、逆に認められやすいのではないかと思う。
誰かの力になりたい。
笑、塾講師、時給と自分の学力に対する承認欲求に惹かれて始めたけど、働き始めたら想像以上にブラックで、ギャップに打ちひしがれてしまった。けれどそれも乗り越えられてしまうくらい向いてたんだなって、好きなんだなって、労働ということについて何も知らず飛び込んでいったにしてはあんまりにも私という人間存在にぴったりハマってる。

思えば何かをしているとき以外はずっと不満で寂しくて苦しくて何かを考えている気がする。
3時間半のバイトで得られた経験や感情を1時間や2時間かけて言葉にしている。
私は果たして、バイト以外のその時間、生きていると言えるのだろうか。
こんなことをし続けていったい何になるのだろうか。その分前に進んだ方が得策ではないのか。
でも前に進むことは怖い。何も考えずに日々を過ごしていたらいつのまにか何かが取り返しのつかないことになってしまうのではないかと気が気でないから、暇なときは大概寂しくて不安で生きている気がしないから、自分が良かった時のこと、悪かった時のこと、生きていたときのことを追体験してやり過ごす。
私の人生は皆の時間の半分くらいかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
無味

銀行口座がないので、お気持ちだけ。