木星社 ● mokusei publishers inc.

『ほんとうのランニング』12/18発売、書店でご予約注文を。ISBN978-4-910567-41-9 Amazonや楽天でも予約できます。スポーツやアート、旅や自然をテーマにした本を出版します。2001年、京都より。 HP mokusei.pub IG @mokusei222
    • 12月発売!初邦訳『ほんとうのランニング』マイク・スピーノ

      • 7本

      ●12/18発売!発売書店などの詳細はここで更新予定●シラキュース大学でランナーとして活躍したのち、ジョージア工科大学やライフ大学、エサレン・スポーツ・センターで数々の全米チャンピオンを育てた名ランニング・コーチがマイク・スピーノPh.D.(博士)だ。70年代から彼が提唱してきた身体と心と魂が一体となった「ホリスティック・ランニング」の考えかたは、現代のマインドフルネスにつながる先見性があるものだ。ニューヨークタイムズベストセラーとなり、初邦訳される著作『ほんとうのランニング』(原題:Beyond Jogging : the innerspaces of Running)について、『VOGUE』は「ヘミングウェイのような文体だ」と評した。翻訳は『BORN TO RUN』を世に出した近藤隆文氏だ。スポーツの喜びを感じられる名著の発売に際し、様々なエピソードをご紹介する。お楽しみください。

  • 商品の画像

    一杯のおいしい紅茶 ジョージ・オーウェル

    『1984年』『動物農場』『パリ・ロンドン放浪記』『ビルマの日々』『カタロニア賛歌』といった小説やルポタージュを残した、ジョージ・オーウェルによる随筆集です。一杯の紅茶の淹れかたや、食器洗い機、パブ、住宅問題、イギリスの気候などオーウェルの日常が記されます。「小さな」ことへの愛着を通して、作家の素顔や、いち市民として、人間として生きるために必要なことを感じることができる一冊です。1995年刊行、朔北社版(初版)、カバーあり。古書のため経年変化あり。お届けはゆうメール(送料別途360円)ですが、サイズが合わない場合は宅配となります。その場合送料を個別にご案内差し上げます。
    ¥2,200
    mokusei publishers : online store
  • 商品の画像

    チャリング・クロス街84番地

    ニューヨークの作家、へーレン・ハンフと、ロンドンの古書店員がながきに渡ってやりとりをした手紙で構成された物語です。本が好きな人は、いい人だ。そんな風に思いを巡らせていましたが、それが確信に変わりました。ハードカバー、講談社版です。現在手に入る文庫版(中公文庫)には入っていない、当時実際にロンドンにあった古書店の外観写真も収録されています。翻訳は、文芸評論家・故江藤淳氏です。1980年刊行、講談社版(初版)、古書のためスレ、シミ、経年変化あり。木星社読書日記での紹介はこちら。https://www.mokusei.pub/series/lettersお届けはゆうメール(送料別途360円)ですが、サイズが合わない場合は宅配となります。その場合送料を個別にご案内差し上げます。
    ¥2,200
    mokusei publishers : online store
  • 商品の画像

    本の手帖 1968年 No.77 特集「山と芸術」

    国内外の現代文学、芸術を集め、昭和30年代〜40年代に昭森社より発行された文芸誌『本の手帖』の、No.77です。木星社も大好きな山と芸術の話が特集されています。山好きによる美しい文章がたくさんです。経年劣化あり、背表紙やぶれあり、紙色変化あり。お届けはゆうメール(送料別途360円)ですが、サイズが合わない場合は宅配となります。その場合送料を個別にご案内差し上げます。
    ¥1,100
    mokusei publishers : online store
  • 商品の画像

    『アメリカン・ブックジャム』1997 Vol.02 Summer

    1996年に創刊されたアメリカ文学専門誌『アメリカン・ブックジャム(American Book Jam)』のVol.02です。同誌は、「アメリカの雑誌・洋書を読む人の雑誌」として、アメリカの文学の世界で起こっていることをリアルタイムに伝えた雑誌です。1997年、アレン・ギンズバーグの逝去直後に発売されたVol.02は、”文学ギャング”たちが集まる夜に起こっていることを紹介しています。ニューヨークのストリート・ポエートやパブでの会話など、97年を伝える言葉が誌面に残っています。古書のため、紙色など経年劣化あり。お届けはゆうメール(送料別途360円)ですが、サイズが合わない場合は宅配となります。その場合送料を個別にご案内差し上げます。
    ¥990
    mokusei publishers : online store
固定された記事
+4

『ほんとうのランニング』発売・事前予約情報

12月18日発売・お近くの書店、Amazon、楽天ブックスでご予約を(ISBN:978-4-910567-41-9)。銀座蔦屋書店/幕張/名古屋、紀伊國屋梅田店、ジュンク堂各店舗、などなどたく…

"未知の可能性とは?"僕らのキャプテンへインタビュー #4

誰にでもそれぞれの才能がある。 トップクラスの選手だけではなく、普通の人とトレーニングするのが大好きなキャプテンのコメントです。 ほんとうに、その人らしさをランニ…

”走る身体とこころ”僕らのキャプテンへインタビュー #3

ランニング・マイク、インタビュー#3をお届け。 今回は、「身体とこころ」について。 走る、というと、どうしても、しんどそう、足が持つかな、と身体のことを考えてしまい…

"コミュニティーとは?"僕らのキャプテン・マイクへインタビュー

ランニング・マイク、インタビュー#2をお届け。 今回は、「コミュニティー」について。 熱いコメントをぜひお聴きください。 「ほんとうのランニング」12月18日発売。 事…

”何から引退するんだ、って思うよ” 僕らのキャプテン・マイクへインタビュー

「ランニングは、アートフォームである」と語ったマイク・スピーノ、”キャプテン・マイク”の原体験を先日コラムで紹介した。 キャプテンは今何を考えているのだろう? …

+1

表紙イメージ解禁!白黒表紙あれこれ。

『ほんとうのランニング』の2018年米国版(District Vision Publishing)の白い表紙には、アーティスト、フィリップ・パゴウスキ(コム・デ・ギャルソンの赤いハートマー…