新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

第1回 ゆりの木通り読書会

画像1

2月29日土曜日に開催の「喫茶ひとりじかん」にて、今回初の試みとなりますが、読書会を行います。

2/19追記 新型コロナウィルスの影響により、MUJI全店での飲食を伴うイベントの開催中止が決定いたしました。したがいまして、2月29日土曜日開催予定だった喫茶ひとりじかんは中止、ゆりの木通り読書会は延期とさせていただきます。3月の喫茶ひとりじかんの開催につきましては、3月半ば以降あらためてご案内させていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

ゆったりとした会場であるMUJI BASE光が丘には6人ほどがくつろげるソファースペースがあるのですが、一冊の本を囲んで静かに語り合う読書会のスタイルに、まさにこのスペースはとてもふさわしいのではないかと思います。コーヒーを飲みながら好きな本の話、いかがでしょう?

今回課題図書として選んだのは、

堀江敏幸『雪沼とその周辺』(新潮文庫)

です。「雪沼」というちいさな町を舞台に、そこにつつましく暮らす人たちの日常とゆるやかな交流とを精緻な文体で描いた珠玉の連作短編集。光が丘団地の一角、「ゆりの木通り」というちいさなコミュニティーに「雪沼」を重ねてみるのもよいかもしれません。

「喫茶ひとりじかん」は13時から16時まで特に予約なしにご利用いただけますが、この「ゆりの木通り読書会」につきましては事前の予約をお願い致します。

参加費:1,000円(税込・ドリンクつき) 課題図書をご持参ください。

開催時間は、2月29日土曜日 13時から15時までとなります。なお、当日は僕の友人であり図書館司書である田村みどりさんがファシリテーターとして水先案内人をつとめて下さることになりました。

課題図書を読む時間はないけれど、本好きなのでぜひ参加してみたいという方でもOKです。本好きのご近所さんとゆるくつながる場所としてもご利用いただければと思います。定員に達し次第締め切りとなります。お早めに。

なお、予約は、下記の無印良品のイベントページ「ゆりの木通り読書会」のページよりお願い致します。参加費は、当日会場で現金にてお願いいたします。→延期となりました

みなさまのご参加お待ちしております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
12
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を17年間やってました(荻窪→吉祥寺)。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、都内にて開催中。http://www.moicafe.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。