見出し画像

甘いものにクレイジーな人々へ

259.スティーブ・ジョブズ

ちょこっと前にも書いたような気がするが、この夏はずっと事業計画書を携えて丸の内の東京都創業ステーションというところに通っていた。通っていたといっても、隔週しかコンサルタントの予約を入れることができないので計5回だが。

きょう、コンサルタントのOKが出てとうとう終了となった。「卒業」みたいなものである。いずれ卒業証書みたいなものももらえるらしい。

毎週おなじ時間におなじ地下鉄に乗り、丸の内のオフィス街を抜けて個別面談に通うのは、ちょっと大学時代のゼミ生に戻った気分でけっこう楽しかった。

カフェをつくるときはこうした事業計画書を作成したり他人に見てもらうということをしなかったので、いまさらBS(衛星放送ではない)とかPL(学園ではない)とか数字をこねくりまわして作るのはそれはそれで新鮮な体験だた。ちょっとしたスティーブ・ジョブズ的高揚感があり、世界を変えられるんじゃないかとさえ考えたほどだ。

その高揚感もあって、歩いて銀座5丁目まで出てトリコロールの喫茶室でケーキとコーヒーでひとり打ち上げをした。空也で最中も買った。少なくとも東西の甘いものは俺が制した、そんな気分である。ジョブズ。

画像1

画像5

260.気づき

この続きをみるには

この続き: 2,156文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場する…

または、記事単体で購入する

甘いものにクレイジーな人々へ

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
13
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2020年秋に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて日本初の北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。