見出し画像

大きな主語で語る

225.主語がデカい

ここ最近、SNSをチェックする時間がすくなくなっている。やめようとまでは思わない。でも、以前とくらべたらすこし距離を置いている。

きのう、知人から「突発性難聴になったみたい」とLINEがきた。コロナの影響で仕事にもだいぶ影響が出ていたので、見えないところでストレスをためこんでいたのではないか。大事にしてほしい。

じっさい、いま体調を崩しているひとは多い。ぼくもだいぶよくなったとはいえ、油断をすると蕁麻疹がぶり返す。みんな、この数ヶ月で身も心も疲れ果てているのである。

おそらくそういう精神状態を映す「鏡」が、ここ最近のSNSである。みんな苛立っているのが手に取るようにわかる。

内にこもるタイプのひとは、たぶんもう完全にSNSからはいなくなってしまっていて、恐怖や不安を攻撃的なことばに転化できるようなタイプのひと、いわば「武闘派」だけが残っている感じがする。

そういうとき、たいていひとはデカい主語でものを言う。「わたしは〜」で語ればいいことを「我々は〜」と語りたがる。たんなる自分の主張にすぎないにもかかわらず、「日本人は〜」とか、「男は〜」「女は〜」みたいな語調になりがちだ。

そしてSNSでそういうツイートを見ていると、つい足元をすくったり皮肉ったりしたくなってしまうのである、自分の場合。性格悪し。

だいたい、そんなことでひっそり溜飲を下げたところで自分にとってなんの得もないのである。ホント時間がもったいない。

なので、最近は毒にも薬にもならないような、徹頭徹尾「わたしは〜」でしかないようなツイートをまとめてドサッと投下してコソコソ逃げるようなスタイルに徹している。コロナが明けて、「武闘派」以外のひとが戻ってきたらそのときにはまた考えよう。

ちなみに、きのうのツイートはこんな感じでした。

画像1

この続きをみるには

この続き: 1,707文字
記事を購入する

大きな主語で語る

岩間 洋介/「Moi」代表

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
7
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。