見出し画像

今週の日記|春に。

4月2日 幸福の内に閉じ込められたちいさくて透明な不幸のたね

春がこわい。そろそろ桜も散り、朝、おもてを見ると景色が一変している。いっせいに木々が芽吹いて、あたり一面がみずみずしい「緑色」に覆われているのだ。子どもの時分から変わらず、それがこわい。

冬のあいだ閉じ込められていた木々の生命力が、なにかの弾みで封印を解かれたかのように一気に溢れ出す。その過剰ともいえる生命力の横溢を前におののかずにはいられない。悲鳴をあげるような恐怖ではなく、それは、じんわりと厭な気分。不穏さ、とでもいうか。

ところで、ぼくにはそんな時期になるといつも引っ張り出して聴きたくなる音楽がある。

まず、シューベルトのピアノソナタ第13番。こんなにもみずみずしく穏やかな旋律なのに、同時に避けがたい死の翳(かげ)を引きずっている。

そして、チェット・ベイカー。生暖かい春の夜にチェット・ベイカーの声はよく似合う。こんなにも足取りは軽やかなのに、彼の声はどこまでも虚ろで、その瞳はなにもうつさない。

春を迎えるたびに繰り返されるこの感覚を、だが、ぼくはあまり口にしないようにしてきた。みなのウキウキした楽しげな気分に水を差すようで憚られるし、だいたい言ったところで誰からも共感されることはないだろう。子供心にそれを知っていたからである。

ところが、先日フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの「卒業式」という短編小説を読んで、もしかしたらトーベ・ヤンソンにならぼくが抱える春に対するこの複雑な感情があるいは通じるかもしれない、そんなふうに思った。

画像1

この続きをみるには

この続き: 3,126文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場する…

または、記事単体で購入する

今週の日記|春に。

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岩間 洋介|moicafe.com

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
11
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2021年春に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。