見出し画像

スコップで大小さまざまなよろこびを拾いあつめる。

184.生きるよろこび

インスタグラムの使われ方に変化がみられるという。コロナ禍のせいだ。

「映え」から「つながり」へ。具体的に言えばそういうことらしい。これは、#ステイホーム の影響により、旅行や外食、あるいはさまざまなイベントといったインスタグラマーたちの舞台がことごとく駄目になってしまったおかげである。

その一方で、#ステイホーム を楽しむちょっとしたアイデアや、コロナ禍の飾り気のない日常を気軽に伝える「ストーリー」機能による投稿が目立って増え、共感をあつめるようになった。

キラキラした非日常を虫眼鏡で拡大して見せることで人気を得たインスタグラムが、しんどさという日常を互いに共有することで、他者とのつながりを実感させてくれるプラットフォームへと様変わりしたのである。

ここ最近のツイッターがFB的な役割へと変化しつつあるいっぽうで、インスタグラムは「2011年当時のツイッター」的なポジションへと変化したと言ってもよいかもしれない。「2011年当時のツイッター」は、まさに「つながり」を実感させるプラットフォームとして多くの人たちに支持されていたからだ。

もうひとつ、ここしばらくインスタグラムを見ていて気づいたことがある。それは、近所の草花や空の様子を撮った写真の投稿が増えたことである。

これまでは見過ごしていたような日常の中のちょっとしたうつくしさに、多くの人たちが気づき、目をやるようになった。これはコロナ禍がもたらした数少ない恩恵のうちのひとつと言っていいと思う。

フランス語に「joie de vivre」という表現がある。直訳すると「生きるよろこび」。人生を一枚の革袋にたとえるなら、生きることとはその革袋に大小さまざまな「よろこび」を拾いあつめ、貯めてゆくことにほかならない。なんとでも言うがいい。綺麗事上等。

個人的には「映え」だろうが「つながり」だろうがどちらでもかまわないのだが、インスタグラムは、そうした「よろこび」を拾いあつめるためのスコップとしてはまさにうってつけである。その意味で、インスタグラムの使われ方が変化しつつあることは大いに歓迎されるべきかもしれない。

↓は、きのうの夜インスタ・ストーリーにぼくが投稿した写真(インスタグラムのカウントはこちらです)。

画像1

画像2

この続きをみるには

この続き: 1,890文字 / 画像1枚
記事を購入する

スコップで大小さまざまなよろこびを拾いあつめる。

岩間 洋介/「Moi」代表

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
11
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。