見出し画像

コンパクトに暮らす

10月の下旬から、家族の引っ越しとそれに伴うもろもろの作業(公的な手続き、ゴミの処分、家具の移動や買い物などなど)であわただしい日々を過ごしています。デジャヴュと思ったら、去年のいまごろも店の閉店作業で「もう駄目、死ぬ」とか言っていたのだった。光陰というのは、まったくもって矢の如しだなぁ。

それにしても、家の中にあふれるモノの多さにはあきれてしまう。なんのために取っておいたのか分からないような代物が際限なく出てくるのだ。マジシャンが口から次々と国旗のついたひもを引き出すかのように、とめどなく現れる。40年近くも暮らした家というのは、もうそれ自体がほとんど「パンドラの箱」と言っていい。

画像1

この続きをみるには

この続き: 999文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場する…

または、記事単体で購入する

コンパクトに暮らす

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
14
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2020年秋に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて日本初の北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。