見出し画像

Moi日記

11月17日

祝!「arcana」復刻

デザイナーの梅田弘樹さんが、かつて「moi」で使用していたコーヒー&ティーカップセットをはじめ、デザインを通してフィンランドと日本とをつなぐ素晴らしい仕事をなさってきたことについては以前の記事でも触れたとおりです。

現在はフィンランドを離れ、仙台を拠点に活動されている梅田弘樹さんですが、その梅田さんの代表作のひとつ「arcana」がなんと有田焼の名門「久右エ門窯」とのコラボにより復刻されることとなりました。

本を開いたような形状のお皿が大中小の3サイズ重なった「arcana」は、かつてはフィンランドで生産され、フィンランド発の優れたデザインを発信するために設けられたヘルシンキの「Design Forum FINLAND」でも販売されていたものです。

ワンセットでお客様のおもてなしができる機能性と本のような洗練された美しいデザインの融合は、まさに梅田さんの真骨頂といったところ。大きなお皿はメインディッシュに、中くらいのお皿はちょっとしたおつまみに、そして一番小さなお皿にはお醤油やオリーブオイル、塩などの調味料入れに……。

これがセッティングされていたらお客様が笑顔になること間違いなしです。和でも洋でも、お料理を選ばない、また邪魔しないシンプルさもポイントの高さ。

今回は「ARTE ARITA」というブランドでの発売となり、クラウドファンディングを利用していますが「実行確約型」のため確実に入手できます。また、梅田さんからは今回のプロジェクトが成功すれば「eclipse」の復刻についても前向きに考えたいという言葉をいただいていますので、ぜひみなさんよろしくお願いいたします!

ーーー

今日もまだ体調は低空飛行。よって、1日自宅で過ごしていました。自宅にこもって何をしたかというと、結局メールを何十件は大げさだけど20件以上書いたりしてました。

ここ数日、ちょっと思いがけないつながりがいろいろ生まれたり、必ずしもいますぐお仕事としてうんぬんではないのだけど、なにか日々の暮らしが豊かになったり、気持ちがあたたかくなったり、面白いことが将来生まれそうだったり、そんな連絡がボガッと塊になって飛んできているので、ちょっとワクワクしながら返信したりしています。

周囲を見渡すと風邪を引いている人も多い様子。くれぐれも気をつけて、夜はあたたかくしてお休みください。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場する…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
13
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2020年秋に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて日本初の北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。