見出し画像

日々のことば ファウンダー・降りていく生き方・お気に入りの木

37.ファウンダー

もう3年近く前に公開された映画ではあるけれど、ようやくプライムビデオで『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を観た。

文句なく面白い。ただし、それは一筋縄ではいかない面白さだ。まだ観ていない人がいたらぜひ観てもらいたいのでネタバレはしないが、「創業者」を意味する「ザ・ファウンダー」という題名からしてすでにスパイスが効いている。

好悪ではなく、正解を導き出すのがきわめて困難な作品だけに、観たひと一人一人に感想を尋ねれば、おそらくその回答は百人百様であるにちがいない。その意味で、読書会のようにめいめい好き勝手に感想を言い合ったらさぞかし楽しいのではないか。

主人公レイの人間性は必ずしも褒められたものではないが、ひとつ言えることは、彼はたしかに片田舎の〝行列のできる〟ドライブイインを支えるシステムがもつ革新性を誰よりも見抜いていたし、また、そのシステムの素晴らしさがアメリカじゅうで通用することを理解し、それを広めるためにはできうるかぎりの努力を払い、情熱を注ぐことをけっして怠らなかったのもまた真実である。実際もしレイが存在しなければ、この世界にファストフードが登場するのは50年くらい遅れていたかもしれない。ただ、まあ、手段がなぁ……。

あと、これは余談。劇中、トレーニング中のスタッフに対しオーナーが「ほら笑って!スマイル!スマイル」とけしかけたり、主人公がボソッと「I'm lovin' it(最高だ)」とつぶやいたりする(聞き間違いだったらすまぬ)のがおかしく、ついついニヤけてしまった。おすすめ。

画像2

38.降りていく生き方

野望に満ちた映画『ファウンダー』の主人公レイ・クロックの人生を「昇っていく生き方」とするならば、その反対、「降りていく生き方」を提唱するのは浦河べてるの家の面々である。

この続きをみるには

この続き:894文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場...

または、記事単体で購入する

日々のことば ファウンダー・降りていく生き方・お気に入りの木

岩間 洋介(Moi)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
9
2002年より2019年まで北欧フィンランドをコンセプトとするカフェ「moi」を経営していました。渋谷のBunkamura→荻窪、吉祥寺でのカフェ経営を経て、日本とフィンランドとをつなぎつつ自由な発想による〝居場所づくり〟を構想中。http://www.moicafe.com

コメント3件

この木のかたち!!
レゴブロックの木で同じ形が!

どうしてこの形になるのか、木に質問してみたい。
ふさふさの枝葉と幹のバランスもいいなあ。綿菓子みたい!
そうです!まさにレゴブロック!立教のキャンパスのみたいに手入れしていないので、それでもやや野放図な樹形です。
人の手が入っていないのに、この形というのが、価値観を揺さぶられます。手を加えられて、と、本来のまま。
息子が「木運(木に会える幸運)が強くなったら、レゴみたいな木に会えるかな。まだ僕は自然を愛する気持ちが足らないなぁ」と言っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。