見出し画像

日々のことば エッグコーヒー・無観客ウォッチャー・スタイルがある・歴史的一日

58.エッグコーヒー

自分が若くもなく、しかも身近に年寄りがいたりするせいでなんとなく外出がはばかられる。

ツイッターなんかで、ちゃんと検査を受けさせろとかほざいてる奴、ワクチンもないのに調べたところで何がしたいの? 馬鹿なの? みたいな意見を見かけるけれど、言わせてもらえば、その程度しか考えが及ばないキミこそ馬鹿なの? 想像力なさすぎてヤバイでしょ、という感じである。

要は、不用意に他人にうつしたくないという話なのである。年寄りと同居していたり、介護の仕事をしていたり、接客業だったり、自分に自覚がない状態のまま他人にうつしてしまうことを恐れているのだ。ちょっと体調が悪い時点で、もし自分が陽性だと分かれば消毒を徹底してみずから隔離するとか、仕事を休んだりすることで周囲の拡大を最小限にとどめることができる。だから、疑わしいひとは医師の判断でちゃんと検査できるような体制を整えることが重要なのである。

世界は、自分の半径1メートルほどのつながりで回っているわけではない。

あれ? 何を書こうとしていたんだっけ? そうだ、エッグコーヒーだ。朝ツイッターで「エッグコーヒー」なるヴェトナムで飲まれているアレンジコーヒーを知り、それが「カスタードプリンみたいな味」というのを見て、どうせ遠出できないのだし家でこんなのでも作って遊んでみようと考えたのだった。

この続きをみるには

この続き: 2,848文字 / 画像2枚
記事を購入する

日々のことば エッグコーヒー・無観客ウォッチャー・スタイルがある・歴史的一日

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岩間 洋介|moicafe.com

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
7
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2021年春に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。