見出し画像

頑張りを分散してリモート疲れを回避する

115.リモート疲れ

画像1

リモート疲れといっても、一人で閉じこもっていることに疲れたというわけではかならずしもなくて、オンラインでなにかやらねばと必死で考えたり、誰かのためにオンラインで一生懸命なにかをやっている人たちの姿を見ることに、もしかしたら最近ちょっと疲れてきたかもしれない。

テンションを上げることは、じつはそう難しいことではない。一方で、テンションを高いまま維持しつづけるのはかんたんじゃない。特に、いまのように先の見えない状況ならなおさらのこと。そのうち、これまで頑張ってきた人がバタバタ倒れてしまうんじゃないかと気が気じゃない。

頑張りの分散。

オンラインでできることが3.11当時よりはるかに増えて、それじたいはけっして悪いことじゃないのだけれど、いまできることを何かやらなきゃという使命感がそれによって煽られるようになったとも感じている。みんながやってるから自分はやらなきゃという考えは、たぶん長い目で見たら逆効果だろう。いまは他人が頑張っているから、とりあえず自分はゴロゴロしていても大丈夫。そうやって、周囲の動きを見ながらアイデアやエネルギーを蓄えるのだ。頑張りの分散。

そういえば、ケラさんがいいこと言ってたなぁ。

まだまだゴールが見えないのに、ただひたすら頑張れ! 頑張れ! とエールを送られたところで気分ばかりが焦ってしまい、かえって疲れちゃうということ、たしかにあるよね。元気づけたいひとは元気づければいいし、元気づけられたいひとは元気づけられればいい。それと同じように、なんもしたくないひとはなんもしないでいいし、放っておかれたいひとのことは放っておこう。そういう振り幅こそが大事だ。周りの目を気にする必要なんてない。裁量はひとりひとりにある。

画像5

116.かもめ天国

この続きをみるには

この続き: 1,975文字 / 画像3枚
記事を購入する

頑張りを分散してリモート疲れを回避する

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岩間 洋介|moicafe.com

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
12
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2021年春に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。