見出し画像

日々のことば 〜健康・泥臭さ・推敲

あけましておめでとうございます。

寝込むほどではありませんでしたが、年明け早々に風邪を引いたおかげでこの正月は初詣もせずネトフリ三昧な三が日となりました。

ところで、ここ日本には1月1日、つまり「元日」というリセットボタンがあります。実際のところは1/365日にすぎないわけですが、1年にいちど誰しもなんとなく気持ちがあらたまる「強制再起動」の日があるというのはなかなかよいことなのではないかと思っています。

そんな日に、やはり人生をむりやり再起動した26歳の青年の姿を追ったフィンランドのドキュメンタリー映画『365日のシンプルライフ』を観ました。

失恋をきっかけに自分の人生を見つめ直そうとかんがえたペトリ君は、持ち物ぜんぶ(パンツを含む)をトランクルームに預け、1日に1個必要なものを取り出すことに決めるのでした。そうすることで、自分の人生にとってほんとうに必要なモノを見極めようという作戦です。

ペトリ君は言います。「生きるうえで必要なモノはだいたい50個。残りの50個は生活を楽しむため」。この「実験」から彼が導き出した答えは、自分にとってモノは100個もあれば十分だというものでした。

けれども、ここで大事なのは100個が多いとか少ないとかそういった話ではありません。そもそもこの映画じたい、バカげたことにも大真面目で取り組むいかにもフィンランドらしいユーモアを楽しむべき作品であり、同時に自分の身の回りをあらためて見直すきっかけとしての、まさにリセットボタンとしてのはたらきにあるからです。

かくいう僕も、あえて元日にこの映画を観たことで自分の身の回りについてかんがえ、この1年をかけて毎日ひとつずつ自分にとって必要なもの、大切に思うもの、また心に残しておきたいものを見つけてゆくことにしました。

空っぽの旅行鞄を持って旅に出たら、はたして1年後にはどんなおみやげが詰まっているのか?  そんな期待に胸膨らませつつ、2020年のnoteはことばにまつわる旅をテーマに書いてみたいと思います。

画像1

1.健康

この続きをみるには

この続き:959文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場...

または、記事単体で購入する

日々のことば 〜健康・泥臭さ・推敲

岩間 洋介(Moi)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
10
2002年より2019年まで北欧フィンランドをコンセプトとするカフェ「moi」を経営していました。渋谷のBunkamura→荻窪、吉祥寺でのカフェ経営を経て、日本とフィンランドとをつなぎつつ自由な発想による〝居場所づくり〟を構想中。http://www.moicafe.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。