見出し画像

つくると届ける

171.つくること

なにげなく観た動画だったが、とてもよかった。川谷絵音と山口一郎との対談風景を収めたものだ。

サカナクションを「新曲が出るたび一番早いタイミングで聴きたいバンド」と語る川谷の、いかにも尊敬する先輩を前にしたような口調が微笑ましくも誠実さにあふれていてとてもいい。実際ありえんほどサカナクションにくわしいし。

やがて話題は「80年代サウンド」に移り、ふたりの捉え方にはいくぶんかの温度差もありながら、そこで山口が明かした「忘れられないの」という楽曲(名曲ですね)制作時のエピソードがたいへん印象的だった。

そのとき「ポップスをつくりたい」とかんがえた山口は、あのユーミンに教えを請うたのだそうだ。まったく知らなかったですが、この世代のアーティストとユーミンが、ふつうに相談できる距離感でつながっているのって素敵なことですよね。

そんな山口にユーミンは、

5年後に評価されるものが本物のポップスなんだから、あんたもうやってんじゃない?

と言ったという。サカナクションの曲は、すでに多くの人たちから長く聴かれているのだからすでにポップスをつくっているじゃないか、と。

思うように好きにやってみなさいよ。そんなふうにポップス界の女王から背中を押された山口は、さぞかし勇気百倍だったにちがいない。

それにしても、さすがはユーミン、ことばに含蓄があるなあ。

良いものをつくるのは当然。でも、こういうサウンドでこうすれば優れたポップソングがつくれるといった魔法の公式はないのだ。

5年後にもなお聴かれ続け、また5年後に初めて聴いたひとにも新鮮に響く、それでこそ本物のポップスだからだ。つまり、5年後にもしっかり届くようあらゆる手を尽くして楽曲の射程距離を長くしなければならない。

つくることと届くこと。

そういえば、ユーミンはつくることと同じくらい届けることにもつねに全力を注いできたアーティストであった。

この続きをみるには

この続き: 1,810文字 / 画像1枚
記事を購入する

つくると届ける

岩間 洋介(Moi)

100円

この記事が参加している募集

#これからの仕事術

6,060件

締切:

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
11
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。