見出し画像

Value card onlineで相互理解を促すワークをやってみました

こんばんは!好きなランドはララランド、仙崎です。まじで梅雨明けてくれという感情しかないこの頃ですが、みなさんは湿気と気圧に負けずに生きておりますか?...生きていきましょう!

私の働いている会社では7/1から大きな組織変更があり、チーム体制がガラッと変わりました。半期ごとに組織が変わるよ〜という会社も結構多いのではないでしょうか?私自身ここ2年ぐらい所属していた組織を離れ、新しい部署でのお仕事がはじまりました。心機一転、リフレッシュ!しかし、時としてリモートワーク戦国時代。対面で一斉に「よろしくどうぞ的な飲み会キックオフ」ができないですよね。知ってる人同士なら、オンラインの壁を感じることなく発言しやすいのですが、関わりの少なかった人や初めましての人が多い場で働くのって少し勇気が入るなと思っております。その壁、壊していきたくない?心理的安全性、高めていきたくない?ということで、wevoxが提供している最強で最高の「Value Card Online」を活用した相互理解を促すプチワークをやってみました。

はじめに

「Value Card Online」ってな〜に?

一言で言うと「自分の大事にしている5つの価値観を共有して、参加メンバー同士の相互理解を高める」ためのゲームです。

ルールはとっても簡単。最初に配られた5つの価値観カードが手元にある状態から、山札もしくは他の人が捨てたカードから1枚ひろい、自分の価値観から一番遠いと思ったカードを捨てるだけ。これを繰り返し山札がなくなった後に、各自で残ったカードを元に自分の大事な価値観を説明します。

このゲームを始めるハードルが低いのは、「無料・むずかしくない・1時間ぐらいでサクッと終わる」こと。思い立ったらすぐできる、すなわち最高です。

実際にやってみました

百聞は一見にしかずということで、チームメンバーを招待し、実際にやってみました。事前準備としてひとつだけ「参加メンバーのアカウント登録」が必要になります。

・4人で挑戦(うち、ファシリテーターは1人)
・最初にゲームの趣旨と遊び方を説明
・Goolge meetを使ってファシリが画面共有しながら進行
・1時間で終わらせる

画像1

(プライバシーの関係で顔を隠しておりますが)オンラインでも、それぞれの表情がわかるように「カメラオン」にした状態で進めました。対面ではないので、カメラオンは結構重要なポイントかもしれません。

画像2

画像3

画像4

上記のようなスライドを用意して、楽しむためのTipsなどを交えながら進行していきました。

遊ぶときのコツ

1回しか遊んでないのにコツなんて書いておこがましいぜ!という感じですが、「相手が捨てた価値観をあえてツッこんでいく」というのを進行役がやっていくことで盛り上がりを作れます。例えば、「家族」を大事にしていそうな人が迷わず手札から捨てた瞬間とか。(捨てたときのインタラクション も表示されるので面白いですよ!)淡々と繰り返していくのではなくて、周りの人が手札から外したり、他の人が捨てたカードを拾ったときなどに、会話を広げていくのが大事だなと感じました。このゲームは直感を大事にするべきなので、時間がかかりそうなメンバーがいたら進行役がフォローしつつ、時間配分などにも気をつけられる尚goodだと思いました。

遊んでみてわかったこと

よかったこと
・オンラインでも盛り上がれる(むしろオンラインの方が盛り上がるかも)
・5つの価値観が人それぞれ違うので、個性が出て面白い
・距離感が近くなる
・終わった後のチームチャットが活性化する
・大事にしている価値観を、マネージャー側は参考にできる
・心理的安全性をつくる最初の一歩になる(※良い雰囲気を作る)

個人的見解にはなりますが、たった1時間でも、お互いの大事にしていることの輪郭を知れるというのはいいことだなと思いました。同時に進行していく中での課題もありました。

改善点(ゲーム的な意味ではなく、ファシリテーター側の改善)
・何基準で、価値観を選ぶのか?を最初に決めておく必要がある(仕事なのか、人生なのか、恋愛なのか)
・ファシリの人がゲームの使い方を理解していないと、慌てる
・人数が多い場合はファシリの人がうまく盛り上げないと厳しそう
・相手の手札がみえないので、スプレッドシートに記入する等の工夫が必要
・最後の価値観を説明する時間が一番大事。時間設計、大切。
(1時間だとギリギリで、最後ゆっくり聞けなかったのが心残り)

一番最後に価値観を共有しあう時間が「一番大事」なので、時間配分に気をつけつつ、一人5分ぐらいは話せる状態にしておくと良さそうです。

ゲームとしての改善点
・wevoxアカウントが全員必要なので、事前登録が面倒
・バグがあった(最後の価値観共有ができず、キャプチャで送ってもらう+口頭で説明してもらうことになった)最後の手札を引いた後に、Otherから手札を引こうとすると、「最終結果」が見れないバグのようです。最後の山札まで引き切ったら、そのまま結果画面に移られることをオススメします。(結果画面にいけないと、価値観をみんなで見せ合えないため)

上記の現象は現在は解消されているかもしれないのですが、念の為共有しておきます。

さいごに

5つ集まった価値観を以下URLの「価値観を入力する」からそれぞれ入力すると、カード的なものが作れます。世界一つ!

画像5

集まった価値観、割と「ストレングスファインダー」で出てる強みと近いところがあったので個人的発見も大きかったです。無意識に大事にしていることと、強くしていきたいことって似ていくのかもな〜と。

価値観も人によって違うのが本当に面白かったです。違いを知りつつ、共感しあうことで、お互いのパーソナルな部分を大切にしていくことができる。何より簡単にできるのでめっちゃお勧めします!楽しいですよ〜。

最後の最後になりますが、ワークのときに使った資料も添付しておきます。これから社内でやってみたいけど、どういう風に説明すればいいのかな?のときにエッセンス的な感じで部分的にご利用くださいませ。

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

画像12

画像13

画像14

画像15

画像16

画像17

画像18

画像19

画像20


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
素敵な心遣いを、ありがとうございます!励みになります:)
11
UX designer /2020年下半期からのテーマは「デジタル&フィジカルデザイン」です。体験を届けていくために動きます。

こちらでもピックアップされています

wevox values card 遊び方〜皆でハック!〜
wevox values card 遊び方〜皆でハック!〜
  • 25本

wevoxが作ったwevox values cardの遊び方は様々!noteで紹介されている記事をマガジンにしました!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。