見出し画像

ジョアン・ジルベルトガイド㉗/カルロス・コケイジョ宅で録音された1959年と1960年の発掘音源について

※有料に設定していますが全文読めます。

最高労働裁判所裁判長であり、ヴィニシウス・ヂ・モラエスの友人で、ジョアンも取り上げた「許してあげよう(E' Preciso Perdoar)」の作者でもあるカルロス・コケイジョの自宅で録音された音源が公開された。

Joao Gilberto/E' Preciso Perdoar

録音は1959年9月10日コケイジョ宅、1960年10月29日のヴィニシウスとジョアンのライブ、11月28日コケイジョ宅の三ヶ所。59年〜60年は初期三部作のシェガ・ヂ・サウダーヂから愛と微笑みと花の最初の二枚の時期で、渡米前のブラジル国内活動の絶頂期に当たる。ラインナップは三部作に含まれるものから、その後のアルバムで録音されたもの(Bahia com H)、ライブでのみ披露されていたもの、そしてそれらで一度も録音されていなかった曲が含まれている。

まずは発表が告知された記事の翻訳(DeepL翻訳のため間違っている箇所があると思います。一部修正)を以下に掲載する。

ジョアン・ジルベルトの90周年記念 未発表音源が公開

ボサノバの生みの親であるジョアン・ジルベルトの90周年を記念して、ジョアン・ジルベルトの未発表音源が公開されました。

1959年から1960年にかけてバイーアで制作されたこのホームレコードには、シンガー&ギタリストのレコードには収録されていない曲が収録されています。

ジョアン・ジルベルトの生誕90周年(1931年6月10日~2019年7月6日)が6月10日に死後に祝われる1週間前に、バヒアの歌手、作曲家、ギタリストの未発表音源が、モレイラ・サレス研究所(IMS)のRádio Batutaを通じて、商業的性格を持たない形で明るみに出ました。
1959年9月から1960年11月にかけて、リールテープに録音された3枚のホームレコードで、このアーティストの録音は合計41回にも及びます。これらのレコードはバイーア州で作られたもので、ジョアンの友人であるバイーア州の作曲家、指揮者、法学者、記録者であるカルロス・コケイジョ・トーレアン・ダ・コスタ(1924 - 1988)のコレクションに含まれていた。カルロスさんの未亡人であるアイディル・コケイジョさんがデジタル化した音源は、研究者のエディーニャ・ディニズさんに寄贈され、ディニズさんはその音源をIMSに貸し出しました。
1959年9月10日の最初の録音は、ジョアンがコケイジョの家で歌手のアストラッド・ジルベルトと一緒にいるところを捉えたものだった。歌手たちが非公式に作成した台本には、24曲が収録されている。
ギターを抱えたジョアンは、ワルツEu sonhei que tu estavas tão linda (Lamartine Babo and Francisco Matoso, 1941)やサンバComigo é assim (José Menezes and Luiz Bittencourt, 1952)、Despedida de Mangueira (Benedito Lacerda and Aldo Cabral, 1941)といったCDには収録されないような曲を歌い、Cheek to cheek (Irving Berlin, 1935)といったテーマでアストラッドの伴奏も務めた。
ジョアンのディスコグラフィーにある未発表曲の中には、カルロス・ライラとホナウド・ボスコリ(1928年~1994年)の名義でCDに収録されたことのない「O bem do amor」や、サンバの「Foi a noite」(アントニオ・カルロス・ジョビンとネウトン・メンドンサ、1956年)のほか、パブリックドメインである東北地方のテーマ曲「Borboleta bonitinha」と「Cavalo marinho」があります。
もうひとつの逸品は、ジョアンとホナウド・ボスコリの唯一のパートナーシップである「Jeito de flor」で、ジョアンの完璧主義のためにCDには収録されていない。また、João Donatoが作曲した「Everyday (A little love)」という曲もあります。

IMSが公開した2つ目の未発表録音は、1960年10月29日にジョアンがバイーアでヴィニシウス・デ・モラエス(1913〜1980)と行ったコンサートの断片である。このショーはAssociação Atlética da Bahiaの46周年を記念して行われたもので、プレゼンテーションの理想家であるコケイジョ氏が主宰するクラブです。
ラディオ・バトゥータで紹介されたオーディオでは、コケイジョとヴィニシウスの長いスピーチを挟んで、ジョアンはChega de saudade(Antonio Carlos Jobim and Vinicius de Moraes, 1958)、O pato(Jayme Silva and Neusa Teixeira, 1960)、当時未発表だったアフロ・サンバÁgua de beber(Antonio Carlos Jobim and Vinicius de Moraes, 1961)、Doralice(Dorival Caymmi and Antonio Almeida, 1945)を歌っている。
最後の3枚目には、1960年11月28日にコケイジョの家で行われたソワレでのジョアンの声とギターによる11曲が収録されています。
この11曲のうち6曲はジョアンの公式ディスコグラフィーに入ることはなかった。Dorme que eu velo por ti(Roberto Martins and Mário Rossi, 1942)、狐の歌Nada além(Custódio Mesquita and Mário Lago, 1938)、Sem este céu(Luiz Bonfá, 1952)、Bossa nova(Miguel Gustavo - 1962年にOs Cariocasというグループが歌ったが録音されなかった)、O nosso olhar(Sérgio Ricardo, 1959)、Cigana(Billy Reid, Vera F. によるポルトガル語バージョン)などである。Corrêa da Silva, 1947)。) この録音では、ジョアンは一人で、自分のギターを伴っている。
これらの録音は、資料的にも音楽的にも計り知れない価値があるだけでなく、ジョアン・ジルベルトのレパートリーを選び、洗練させるための独特の嗅覚を改めて示している。90歳の誕生日はボサノバの天才のためのものだが、プレゼントはジョアンのフォロワーのためのものだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

音源は下記の各ページから聴くことができる。説明の翻訳も添えておく。

1959年9月10日 ジョアンとアストラッド、ワルテール・サントス、コケイジョによる自宅録音

1959年9月、ジョアン・ジルベルトはブラジル音楽の中心にいた。その7ヶ月前に発売された1st LP「Chega de saudade」は、後にボサノバと呼ばれるスタイルを確立した。サルバドールでは、友人であるバヒア人の法学者、音楽家、記録者であるカルロス・コケイジョ・コスタの家で、ジョアン・ジルベルトは、すでに彼のレパートリーとなっている曲や、後にレコードに収録される曲、そして決して録音されない13曲を自由に解釈した。後者はここでは未発表に分類されています。当時の妻、アストラッド・ジルベルトがデュエットする場面もありました。

1960年10月29日にバイーアで行われたジョアン・ジルベルトとヴィニシウスのコンサート、1960年11月28日にカルロス・コケイジョの家で行われたジョアン・ジルベルトのコンサートなど、コケイジョのロールテープに録音された他の2つの音源とともに、今回初めて公開されたものである。

カルロスの未亡人であるAydil Coqueijoは、カセットテープに渡し、後にデジタル化を指示した。彼女はそのコピーを研究者のエディンハ・ディニズに渡し、ディニズはその音声をバトゥータに渡した。

コケイジョ(1924-1988)について:ジョアンが1973年の「ホワイト・アルバム(カッパ・ブランカ)」を皮切りに3枚のレコードに収録したサンバ「É preciso perdoar」の作者(アルシヴァンド・ルスと)である。法律家としては、高等労働裁判所の大臣に就任しました。芸術家として、また芸術家の友人として、カエターノ・ヴェローゾをジョアン・ジルベルトに、ナラ・レオンをバヒアングループに紹介しました。彼はジルベルト・ジルのビジネススクールの教授だった。

・レパートリー

Comigo é assim (José Menezes e Luiz Bittencourt) (3:47) - João Gilberto (voice and guitar).
彼のディスコグラフィーの中の未発表曲。1952年にグループ「Os Cariocas」からリリースされました。ジョアンは「今でも時々、歌詞を間違えてしまうことがある」と自分を責める。頭の中で言葉を探さなくなったときにいいですよね。血液中に入ってきます。

Let's fall in love (Harold Arlen and Ted Koehler) (2:58) - Astrud Gilberto (voice) and João Gilberto (guitar, vocals and whistle).
未発表です。この曲は、アメリカのポピュラー音楽の名曲です。

A felicidade (Tom Jobim e Vinicius de Moraes) (5:13) - João Gilberto (voice and acoustic guitar), Astrud and others (vocals).
映画『黒いオルフェ』(1959年)のために作曲されたこの曲は、アゴスチーニョ・ドス・サントスがサウンドトラック用に、ジョアンが同年に発売されたコンパクト用に録音した。コケイジョの家でジョアンは、この2つのレコーディングには現れず、1986年にリリースされたモントルー・フェスティバルのライブCDにのみ収録された歌詞の一部を歌っている。「幸せとはクレイジーなものだ/そしてとてもデリケートなものだ/あらゆる色の花や愛がある/鳥のための巣がある/良いものはすべてある/とてもデリケートだから/僕はいつもそれをとても大切にしている」。

Manhã de carnaval (Luiz Bonfá and Antônio Maria) (4:41) - João Gilberto (voice and guitar).
この録音は1959年にリリースされたが、ジョアンはコケイジョの家で、「ボンファのために録音を終えた」と、録音を終えた方法に満足していないことを示している。私は、彼が望む方法でやるつもりです」。テープの中では、彼は歌詞を歌っていません。最後には、足を支えるものを求めている。

O bem do amor (Carlos Lyra e Ronaldo Bôscoli) (2:55) - João Gilberto (voice and guitar).
未発表です。テープの注釈には「バルサ(カルロス・リラ)」と書かれている。

Brigas, nunca mais (Tom Jobim e Vinicius de Moraes) (5:53) - João Gilberto (voice and acoustic guitar) and Astrud Gilberto (voice).
1959年の3月に発売されたLP「Chega de saudade」に収録。彼は「その歌詞は深くないかもしれないが、言葉の響きはいい」とコメントしている。

Foi a noite (Tom Jobim and Newton Mendonça) (3:45) - João Gilberto (voice, whistle and guitar) with Walter Santos (voice).
未発表です。最初の2つの録音は1956年のもので、オスニ・シルバとシルビア・テレスによるものです。

Este seu olhar (Tom Jobim) (1:46) - Astrud Gilberto (voice) and João Gilberto (guitar). 1959年、
ジョアンはルイス・クラウディオのレコーディングにギターで参加した。最初のレコーディングは、LP『ジョアン・ジルベルト』(1961年)である。

Vamos cantar (Cristóvão de Alencar e Newton Teixeira) (3:10) - João Gilberto (voice, acoustic guitar, vocals and whistle), Astrud Gilberto (voice) and others (vocals).
未発表です。1940年にオルランド・シルバから発売されました。

Let's fall in love (Harold Arlen and Ted Koehler) (1:47) - Astrud Gilberto (voice) and João Gilberto (acoustic guitar and vocals).
2人はアメリカの音楽のスタンダードに戻る。

Eu sonhei que tu estava tão linda (Lamartine Babo e Francisco Matoso) (2:40) - João Gilberto (voice and acoustic guitar).
未発表です。彼は最初に「歌詞に注目してください」と勧めています。1997年にTV Bandeirantesのスペシャル番組で歌われました。フランシスコ・アルベスが1941年に発表したものです。

Eu sei que vou te amar (Tom Jobim e Vinicius de Moraes) (2:24) - Walter Santos (voice) and João Gilberto (guitar).
レコードでのジョアンのバージョンは、1994年のライブ・アルバムに収録されたものだけで、曲と同じタイトルになっている。

Sem você (Tom Jobim e Vinicius de Moraes) (2:55) - João Gilberto (voice and guitar).
未発表のもの。また、2006年に東京で行われた公演の音源もあります。

Cheek to cheek (Irving Berlin) (2:38) - Astrud Gilberto (voice) and João Gilberto (acoustic guitar).
未発表です。彼は、アストラッドの解釈が気に入らないので、演奏をやめてしまう。そして、再開します。

Doralice (Dorival Caymmi e Antônio Almeida) (1:02) - João Gilberto (whistle and guitar).
1945年にAnjos do Infernoから発売された。ジョアンは1960年のレコード『O amor, o sorriso e a flor』に収録し、1964年に発売された『Getz/Gilberto』にも収録しています。

Se é tarde, me perdoa (Carlos Lyra and Ronaldo Bôscoli) (1:52) - João Gilberto (voice and guitar).
O amor, o sorriso e a flor (1960年)に出演しました。

Despedida de Mangueira (Benedito Lacerda and Aldo Cabral) (1:08) - João Gilberto (voice and guitar).
未発表のもの 1941年にフランシスコ・アルベスが発売したものです。

Trevo de quatro folhas (Mort Dixon and Harry Woods, version by Nilo Sérgio) (1:51) - João Gilberto (voice and guitar).
O amor, o sorriso e a flor(1960年)には、『I'm looking over a four-leaf clover』のブラジル版が収録されている。1949年にトロピカル・ボーカリストから発売。

「Cavalo marinho」と「Borboleta bonitinha」(共にパブリックドメイン)(2:00) João Gilberto (voice and guitar).
未発表です。ブラジルの北東部の伝統的な歌です。2枚目にはマリーザ・モンチが録音したバージョンがありました。

A primeira vez (Bide e Marçal) (3:32) - João Gilberto (voice and acoustic guitar).
彼はそれを自分の名を冠した1961年の記録に残した。オルランド・シウヴァがサンバを発表したのは1940年。

Jeito de flor (João Gilberto and Ronaldo Bôscoli) (2:05) - João Gilberto (voice and acoustic guitar).
未発表です。1958年か1959年に作曲された2人の唯一のパートナーシップである。この結果はジョアンを満足させるものではなく、次のトラックで彼はこう語っている。

Jeito de flor (instrumental); 練習曲 Se é tarde, me perdoa; Jeito de flor (instrumental) (4:54) - João Gilberto (voice, acoustic guitar). J
eito de flor(花の道):「正直なところ、好きではありません。歌うことは悪いことです。It's good to play」。何度も練習して疲れた時に「もういいよ」。

Se é tarde, me perdoa (Carlos Lyra e Ronaldo Bôscoli) (1:57) - João Gilberto (voice and guitar).
翌年の3月に録音するサンバに戻る。

Comigo é assim (José Menezes e Luiz Bittencourt) (1:44) - João Gilberto (voice and guitar).
彼は新しいバージョンの曲を作り、また1節を飛ばしてしまう。

Everyday (A little love) (João Donato) (1:54) - João Gilberto (voice and acoustic guitar).
インストゥルメンタル。未発表です。コケイジョが「Valsa - Recordação」として録音したものです。

----------------------------------------

英詞の曲はアストラッドが歌っていて、アーヴィング・バーリンのCheek to cheekでのアストラッド(別人のようにも聴こえる)の歌い方はまるでマイケル・フランクスのようで、トミー・リピューマが「アモローゾ」で関わったことを予感させるようで面白い。リリースされなかったボスコリとの共作や、もう一人のジョアンであるドナートの曲など驚愕な曲が多い。ジョアンの師匠格に当たるワルテル・サントスとの共演も聴きどころ。

1960年10月29日 ヴィニシウスとジョアンの共演ライブ

カルロス・コケイジョ・コスタは、1960年にバイーア・アトレティカ協会の会長を務め、サルバドールで開催された同協会の46周年記念式典に、友人のジョアン・ジルベルトとヴィニシウス・デ・モラエスを招待した。ジョアンが通訳した2曲は、その年の5月に発売されたレコード「O amor, o sorriso e a flor」に収録されている。コケイジョが保管していたテープには、プレゼンテーションの一部しか写っていない。Viniciusは、司会者のリクエストに応じて、ボサノバとは何かを説明しようとした。しかし、彼は歌も歌った。

この資料が公開されるのは初めてで、コケイジョがロールテープに録音した他の2つの資料(ジョアン・ジルベルトとアストラッド、カルロス・コケイジョの家にて、1959年10月9日)とジョアン・ジルベルト、カルロス・コケイジョの家にて、1960年11月28日)と合わせて公開される。

・オーディオの流れ

CoqueijoとViniciusの会話;João interprets Chega de saudade (Tom Jobim e Vinicius de Moraes); CoqueijoとViniciusの会話 (14:27) - JoãoとViniciusをステージに呼ぶ前に、Coqueijoは詩人に「ボサノバというムーブメントについて何か言ってくれ」と頼むことを伝えている。とりわけヴィニシウスは、ボサノバが「ブラジルのポピュラー音楽には、もはや適合しない偽のオーケストラ、偽の楽器、偽の歌い方、ボリゼーション、ジャズ化」があることを示したと断言している。

ジョアンはSamba de uma nota só (Tom Jobim and Newton Mendonça)を、ヴィニシウスはジョアンのギターでPela luz dos olhos teus (Vinicius de Moraes)を歌っている(5:30) - ジョアンはこの年、LP「O amor, o sorriso e a flor」でSamba de uma nota sóをリリースしている。彼は歌いながら、ヴィニシウスに「Quando a luz dos olhos meus」を歌ってもらう。実はこのタイトル、「Pela luz dos olhos teus」なのです。

CoqueijoとViniciusが話している。João interprets O pato (Jaime Silva and Neuza Teixeira) (4:25) -Coqueijoが質問し、Viniciusがボサノバの若者への影響について語る。そして、ジョアンにO patoを歌ってほしいと頼む。この曲は、1960年に発売されたレコードにも収録されている。

CoqueijoとViniciusが話している。ViniciusはJoãoのギターとコーラスでÁgua de beber (Tom Jobim e Vinicius de Moraes) (5:28) この曲は1964年に公開されたばかりの映画「O santo módico」のために作られた最近の曲である。ヴィニシウスは、1942年にサルバドールで参加したカポエイラのサークルで、このフレーズが生まれたと語っている。ジョアンはこのサンバを録音することはなかった。

Coqueijoが話し、João GilbertoがDoralice (Dorival Caymmi e Antônio Almeida)を始め、テープが中断される(0:41)-Joãoがイントロのボーカルをする時間しかないのだ。

1960年11月28日 コケイジョ宅にてジョアン

ジョアン・ジルベルトは、サルバドールにある友人カルロス・コケイジョの家で、彼の声で忘れられないものになるが、まだレコードに録音されていない曲を演奏した。例えば、「Saudade da Bahia」や「O samba da minha terra」などがそうです。また、このテープに録音された6曲は、彼のディスコグラフィーには収録されていない。

・レパートリー

Dorme que eu velo por ti (Roberto Martins and Mário Rossi) (4:09) - João Gilberto (voice, whistle and guitar).
彼のディスコグラフィーには未掲載。ネルソン・ゴンザルベスが1942年にリリースしたものです。音声にノイズが入っています。

Trem de ferro (Lauro Maia) (1:52) - João Gilberto (voice and acoustic guitar).
ジュアゼイロでの幼少期から愛したこの行進曲を、1961年のレコード『ジョアン・ジルベルト』に収録している。オリジナルのバージョンは1943年にQuatro Ases e Um Coringaというバンドで作られたものです。

Saudade da Bahia (Dorival Caymmi) (2:34) - João Gilberto (voice and guitar).
1961年に録音されたアルバム。このサンバは、1957年にドリバヴァル・カイミー、ノラ・ネイ、マレーネの3人がバージョンを発表している。

O samba da minha terra (Dorival Caymmi) (1:53) - João Gilberto (voice and acoustic guitar).
1961年にも録音されています。最初の録音は1940年のBando da Luaによるもの。

Bahia com H (Denis Brean) (2:13) - João Gilberto (voice and acoustic guitar).
1980年にTV Globoのスペシャル番組から生まれたレコードにのみ収録されています(*注:スタジオ録音は1980年のBrazilに収録。そのほかのライブでも披露されている)。フランシスコ・アルベスが1947年に発表した。

Nada além (Custódio Mesquita e Mário Lago) (1:17) - João Gilberto (voice and guitar).
未発表です。オリジナルの録音は、1938年にオルランド・シルヴァによって行われた。

Cigana (Billy Reid, Vera F. Corrêa da Silva's version) (3:36) - João Gilberto (voice, acoustic guitar).
未発表です。オルランド・シルヴァが1947年に録音したものです。

Sem este céu (Luiz Bonfá) (1:48) - João Gilberto (voice and acoustic guitar). 未発表です。ディック・ファルネイが1952年に録音したものです。

Bossa nova (Miguel Gustavo) (1:18) – João Gilberto (voz e violão).
未発表です。自分の名前を歌い、"ボサ・ヴェーリャ "スタイルで演奏する。Os Cariocasは、1962年にリオのAu Bon Gourmetで行われたJoão、Tom Jobim、Vinicius de Moraesとアンサンブルを集めたショー「Encontro」で、この曲を解釈することになる。

O nosso olhar (Sérgio Ricardo) (2:12) - João Gilberto (voice and guitar).
未発表です。ジョアンは、2008年にAuditório Ibirapueraで行われた公演でも、大親友のセルジオ・リカルドのこの曲を歌っている。

Lá vem a baiana (Dorival Caymmi) (2:40) - João Gilberto (voice and guitar). 他の人たちはコーラスを作ろうとする。彼は1994年のライブアルバム『Eu sei que vou te amar』に収録。1947年にドリバヴァル・カイミがリリースし、1959年にはルーシオ・アウヴィスが自分のバージョンを録音している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

何よりも驚くのが1980年に録音された「Bahia com H」がその20年前に録音されていたことや、ミゲル・グスタヴォ作曲のそのものズバリな「Bossa Nova」という曲(初期ブラジル期最後のオー・ボン・グルメライブで歌われている)など、この時代からその先につながるミッシングリンクが多く含まれている。

僕も書きながら途中まで聴き進めているところなので、全部を聴き切れていないのだけれど、共に参照しながら聴いて頂ければ幸いです。


今後の活動資金のためのサポートもよろしくお願いいたします。

この続きをみるには

この続き: 0文字

ジョアン・ジルベルトガイド㉗/カルロス・コケイジョ宅で録音された1959年と1960年の発掘音源について

marr

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
映画や音楽のことについてのらりくらりと書いてます。