これからの私自身の話
見出し画像

これからの私自身の話

モグラ@学習塾Learnig Method/教育×哲学ブログ

 少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます🌅(だいぶ遅いですよね笑)
 今年は、教員を辞め、独立しますので不安もありますが頑張っていきます!
 今後とも、よろしくお願いします🙇‍♂️

 さて、今回は新年1発目のなので私の将来の展望について書いていこうと思います。

1.独立する理由

 今年は、教員を辞め学習塾を開きます。周りの多くの人からは、「安定した教員を辞めるなんてもったいない」「独立なんてやっていけるわけがない」と言われています。

 もちろん、そのように言ってくださる人が多いことは理解できます。毎年、ただ働いているだけで給料が上がっていく安定が教員にはあるのですから。(働くことが大変ではありますが笑)そして、そのように働いている方を悪く言うつもりもありません。中には、本当に先生という職業が好きでやっている人もいるように見えます。

 しかし、私は、「学校が嫌い」「今の学校を変えたい」という気持ちで教員になりました。1年間働いて、口では変わろうとしてはいるものの、本質的なところを変えようとしない学校教育にストレスを感じ、先輩方からも話を聞き、このまま続けても私にとっては時間の無駄になってしまうと判断しました。

2.1年後の展望

 そこで、まずは独立して今自分のもっているスキルを活かすことが出来る学習塾を開こうと思いました。コロナの影響で、自粛を余儀なくされた子ども達は、学校に行けなくなり、勉強に困っていました。今までなら教員に言われたことをやっていればよかったものの、一人で何を勉強すればよいのかわからなくなったのです。

 私は、ここに注目し、ただ勉強を教えるのではなく、勉強の仕方、勉強の良さを子どものころに教えてもらうことが大事なのではないかと考えました。そこで、自立型学習を開くことを決意しました。

 また、今後子ども達に必要な力は、論理的思考力だと考えます。どんな職業に就くにしろ、問題解決能力が必要となります。そのために、論理的思考力を鍛えることが大切です。そこで、プログラミングや哲学対話を定期的に子ども達としていきたいとも考えています。

3.もっと先を見据えて

 学習塾が軌道に乗れば、新しい教育サービスを考えていきたいと思います。ここ最近は、学校だけでなく、学習塾、フリースクール等で教育を受けることが出来ます。しかし、それらに合わないような子ども達はまだまだいっぱいいます。そのような子ども達に向けて、「こういった選択肢もあるんだ!」と思わせるようなサービスを考えていきたいです。

 また、時代によって教育も変わっていくはずです。(学校教育は戦後とほぼ変わっていないように思いますが…)常に私自身も勉強し、アップデートしていきたいです。

4.まとめ

 今回は、私自身の指標を見失わないためにこのような将来設計を書きました。このように、思うだけではなく、書き留めることはとても大切です。

 実際、独立に対して、最近不安を感じていますが、このように言語化することで、また気持ちの整理もできました。

 皆さんもぜひ試してみてください!

 ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!😇
モグラ@学習塾Learnig Method/教育×哲学ブログ
小学校教員 来年度から退職して個人塾を兵庫県尼崎市で開業予定 教育の選択肢を増やすことを目指して、勉強中です。 Webライティング/ブログしてます。 #教育#学習塾#哲学 blog→https://mogu-philblog.com/ Twitter→@mogumogu_don