見出し画像

ドラゴン桜2勉強法まとめ!

俳優の阿部寛が主演するTBS系日曜劇場「ドラゴン桜2」。

この「ドラゴン桜2」は阿部寛が演じる元暴走族の弁護士・桜木が偏差値の低い高校生を東京大学に現役合格させるまでを描いた作品です。

ドラゴン桜」の中には、「桜木メソッド」と呼ばれる東大合格のための勉強法が描かれています。

しかし、この「桜木メソッド」は東大だけでなく、受験生全員に必要なスキルを養ってくれます。

そこで今回は、受験生に向けてドラゴン桜2で描かれた「桜木メソッド」の勉強法をまとめていきます。

SNS編

最近では、YouTubeやTwitterなどSNSによって、気軽に発信することができるようになっています。

そんなSNSで自分たちの何気ない日常を英語で全世界に発信するという勉強法です。

インプットしたものはアウトプットして初めて身につきます。

SNSを活用しないで今後の受験勉強は乗り越えれません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください⏬

さらに、SNS以外にもスマホを活用して勉強することができます。

それは、「スタディサプリ」です。

スタディサプリは、一流プロ講師による映像授業をダウンロードできるアプリです。

そんなスタディサプリは授業以外にも受験生を助けてくれる機能が盛り沢山になっています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください⏬

数学とはスパルタだ!

スパルタ」と言われれば聞こえは悪いかもしれませんが、どんな分野においてもやるべきことをやることは大切ですよね。

しかし、スパルタによって基礎は出来上がります。

特に数学を苦手に感じているのは、計算力が決定的に不足している場合が多いようです。

その分かれ目は、実は小学2年生になります。

小学2年生の算数は、計算の基礎も基礎が詰まっています。

2桁〜3桁の足し算、引き算や九九などここでつまづいてしまうと先に進めないものばかりです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください⏬

国語とは科学だ!

文章というのは結局言いたいことは一つだけです。

その一つを伝えるために作者は、手を変え品を変え建築学にのっとって文章を言い換えています。

読解つまり要約とは文章を単に読むだけでなく、頭の中で構造化することなのです。

多くの論説文は3つのパターンで構造化できます。

・同等関係
・対比関係
・因果関係

の3つです。

この3つのパターンを攻略していると国語の読解問題は完璧になります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください⏬

英語はぼそぼそシャドーイングで得点爆上げ

シャドーイングとは、英語を聴きながらそのマネをして発音する通訳訓練法です。

英文を聞き終えてから繰り返すリピートとは違って、シャドーイングは聞こえてくる英文のすぐ後ろを影のように追いかけることがポイントになります。

しかし、いきなりシャドーイングをしようとしても恥ずかしかったり、自信がなかったりするでしょう。

そこで、ぼそぼそシャドーイングです。

リスニングの第一段階はぼそぼそから始めることをおすすめします。

たとえば、泳げない人間が完璧なクロールで泳ぐことはできないですよね。

まずは、バタアシから水になれることから始めるでしょう。

それと同じで、シャドーイングも段階を踏んで進めばいいのです。

詳しくはこちらをご覧ください⏬

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

いかがでしたか?

ドラゴン桜は東大受験を目標にしていますが、この勉強法はどの受験生にも役に立ちます。

時代が変わるにつれ勉強法も変わっています。

最新の勉強法を行い、より効果的な勉強をしましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!😇
小学校教員 来年度から退職して個人塾を兵庫県尼崎市で開業予定 教育の選択肢を増やすことを目指して、勉強中です。 Webライティング/ブログしてます。 #教育#学習塾#哲学 blog→https://mogu-philblog.com/ Twitter→@mogumogu_don