見出し画像

どんな「人」で人生を終えたいか



多くの情報が行き交う生活の中でBUSINESS INSIDERの
著名なコメディアンであり作家ホーディンの死についての記事について思うことが多くあった。

「どんな人で人生を終えたいか」は
自分を含め多くの人が日々思っているテーマだと思う。中には
今この瞬間を生きることを大切にし先のことはそんなに深く考えることはしないという人も多いかもしれない。

今、「自分の人生に満足していますか?」と
聞かれたら私の答えは間違いなくYESではない。
日々仕事をしながらでも、プライベートを過ごしながらでも
悩みは尽きない。現調の悩みもあれば、将来への悩みもある。

その中でこのホーディンの自殺についてのニュースを知った時
ファンであったこともあったため。ぽっかりと友達をなくなってしまったような気がした。なぜかホーディンは有名人という海外のスターでもなくすごく身近な人のような気持ちだった。なぜ全世界の人から愛され、世間的に大成功を収めたと言われる方が自ら命をたつのかを考えた。


周りの人のポジティブなイメージと現実の間にあるもの


ホーディンのように人生をたのしみ、全てをユーモアとして表現し、
人々の心が踊るような新しいメッセージを次々と発信し「自由で最高の仕事(生き方)をしている」と世界中から羨望され、愛された人でも。
経験から永遠の最高は続かないという不安から頑張ることを繰り返す意味を考えることが疲れてくるのかもしれない。もはやもう行動も起こしたくなくなったのかもしれない。


人は必ずしも見た目のかっこよさには想像もできないほどの
目には見えない痛みを持ち、日々緩和したり解消してよりよくしていこうと一生懸命生きている。


私も3年前に父が亡くなり、人生が激動した。
大好きな存在をなくす悲しさ、悔しさ、虚無感。何かあったらお父さんに相談したり頼ることを考えていた当たり前の人生設計は一日で変わった。
でも生活はしなければいけない。投げ出したくても投げ出せない現実もある。でもただただ将来の幸せに心を沿わせてひたすらに生きた。

そして3年間生きてきて人生について深く考える瞬間が増えた。
歳が上がってきたからなのもあるけれど、生き方について考える機会が20歳の頃と比べて格段に増えた。


「持っていること」と「幸せである」は別物

事業が成功して周りから富や名声を持つことができたとしても
「幸せですか?」と聞かれて心から幸せだと言える人はどれくらいいるのだろうか。一つ幸せなことがあっても人には
仕事、家族、恋人など沢山の事柄が重なって生きている。
恋愛でも経験があるが幸せだったことが、不幸せだったことに感じることもある。


本当に相談できる人の大切さ

自分が思っているよりも外側からのイメージには差がある。
その差を真摯に伝えてくれる人は周りにどれくらいいるのだろうか。


その人たちはお金ではなく間違いなく「時間」と「あたたかい勇気」を作ってくれる。

素晴らしい実績や名声があれど、周りに本当の意見を言ってくれる人がいない人を見ることがある。
一番信頼している人達でさえ
「どうせ言ってもなあ。」「怖い」
という思いで伝えることを恐れてしまっている光景。

今の今はいいかもしれない。けれどこの状況が長期化した時に
どうなるのかを考えると、蓄積が高くなっていくにつれ深い孤独になっていってしまうのだと。

シンプルに「素直に。人に少し頼ってみる」のは大切なのではないか。私も完璧主義が災いして、甘えたり、頼ったりが心底下手くそな
人間。でも相手が勇気を出してくれるためには自分がまず少しずつ勇気を出す努力をすると未来は変わっているかもしれない。

だから私にとってうるさいなあ。と思いながら強く叱ってくれるお母さんも。失恋して泣きすぎてブスな私の話をゆっくり聞いてくれて
私の悪かったところを指摘してくれる友達。
遠い場所にいて全然会えないけど、いつも心配してくれて、学生時代と変わらす接してくれる親友。
がいてくれることは本当に「幸せ」だと思う。

この「幸せ」は変わらないけれど
これから始めるサービスや、これから出会うかもしれない将来の
家族になってくれる人。かけがえのないチームだったり。
増えていくことは将来に不安は大きく拭えていくのかもしれない。

25年間生きてきたのに”特別な存在”ってすごく少ない。

隣にいる人が絶対にいつまでもいてくれる保証はないけれど
「大切」にする意味を自分の中ですり合わせながら過ごしていくだけで、笑顔はふえる。

どんな「人」で人生を終えたいのか

いま見ている景色は去年とはまるで違う。
景色も人も移ろいゆく。

今年沢山頑張って
「去年の今見てる景色よりも最高!」と
言えるような人生にしたい。

来年の今日8月1日に自身も笑顔であり、周りも最高の笑顔で
包まれていますように。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

25
株式会社Clair decor 代表取締役 コーポレートやブランドにおける領域の専門家で組織するデザインカンパニーを経営しています。 product/web/shopのブランドデザイン及びプロデュースを行っています🌿 https://clairdecor.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。