MT400. 海外挑戦するモデルのブック構築19枚の具体例を提示♪
見出し画像

MT400. 海外挑戦するモデルのブック構築19枚の具体例を提示♪

2020年11月20日に修正済み♪

特殊講師 Daisuke A が提案する、
「海外挑戦するブック構成の19枚想定」を、ズバリ!で教える内容になります。
本来なら、先に様々な事を学んでからこの内容を自分で導き出す思考能力を養って欲しい!との考えが前提であり、勘違いには要注意して下さい!
新人でも最低12~14枚は欲しいと伝えますが、追加分5枚の理由も簡易説明します。

そして書いてみて自分で想うのだけど……笑
かなり情報価値が高すぎて、ちょっとヤバい!
申し訳ないけど、値段は高く設定しますw


↓ 海外挑戦するブック構築の19枚想定 目次

1年と高い授業料は痛いので要準備!

とりあえずナメてるヤツが多すぎる!勉強不足!
リアルな暴露話、日本でそれなりのモデルでも実は高い確率で海外の事務所に入れない失敗談が多い!皆が知らない事実であり、失敗した場合は伏
せており、成功した時だけ公開される情報なのだから当然だと言える。新人でない場合、その失敗談は日本の仕事に響くのだからしょうがない…。

なぜ失敗談が多いのか?様々な要因はあるが…
そもそもで、日本と海外の写真に対する、好み・考え方・意図が違うのだから当然!モデルの悪い癖!自信ばかりが先行して勉強不足の準備不足。とは言え、それを言葉にできる人が少ないのだから、それもしかたがないのかも……。ぶっちゃけ、私がワークショップでかなり厳しく言
っても解らないヤツばかりだから、まぁしょうがないねw

なぜ1年の時間と高い授業料となるのか?
これは単純に、一度失敗して断られると、相手側は覚えていて冷却期間に1年を要する。海外挑戦するには、それなりの費用が必要!単純なのに、自信がその意識を薄くさせてしまうらしい……。
間違いなく若いうちに早めで海外に一歩を踏み出したほうが得なのだが、失敗を立て直すにはかなりの労力を要するロスとなり…一度は人生経験として失敗こそ好ましいとも言えるのだけど、やはり残念に想う葛藤もある!
気持ちは解るので、なかなか難しい問題だねw

それと海外への斡旋業者が存在する♪
悪いものではないが、私個人は反対派です!
何気によく聴かれるのだけど、事務所に入れば好いって考えが根本的に間違っていて、プロに成っている人なら明快に解る…なので理由は省略w


答えを教える♪が、なぜか?が重要!

当記事では、ズバリで答えに近い形で教えます♪
モデルで海外挑戦するためのブック構築の想定、なぜそうなるのか?を理解しなければ意味がありません!要注意すべき点なので勘違い禁物!

なぜか?を説明する前に答えを教える理由は?w
これは素晴らしい質問♪私の経験上で言うなら、最近は先に答えを教えてからでないと、頭に入り辛いからでもあるし、
目標と設定する構築の形を解り易くするため!
半分はワークショップメンバーに対する、それなりのレベルと条件前提を理解している人向け…。
とは言え、実際はかなり役立つカンニングのフォーマットとも言えるので大いに意味があるね♪

何度もうるさく言いますが、ちゃんと学ぶべき!
モデルの教科書:全体目次
とりあえずの参考にして下さい♪

この記事の内容は、
先ずは写真種類の条件をおさらいし、
露骨に19枚構成ならこんな内容にすべし!

とリアルな構築ポイントを示すので、
その写真を準備していけば好いとの指針です♪
なぜか?は、違う記事でじっくり勉強すべき!
ぶっちゃけ、そんな簡単なものではないよ…w


1、画角サイズとジャンルの基本復習

これはパズルの様な当てはめかたですが、しっかりと頭に入れた上で写真構築に適用させるべし!

写真ジャンルの画角サイズ!

・顔アップ系
・バストアップ程度の画角サイズ
・全身が解るサイズのもの
・その他
・ロケかスタジオか合成系か
・ソロか他モデルとコンビか

実際、写真の画角サイズはあまり重要ではないので、バランスよく取り入れる感覚で好い♪
とは言え、ファッションウィーク狙いならば、全身の立ちサイズは比較的多くなるのが当然!

素材アピールのジャンル!

この続きをみるには

この続き: 2,895文字 / 画像19枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

特殊枠

10,000円

記事内容の精査を行うためで、一般用ではありませんw

または、記事単体で購入する

MT400. 海外挑戦するモデルのブック構築19枚の具体例を提示♪

Daisuke A / モデルの教科書 と 映画紹介

7,800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうです♪
海外と国内のモデル実績経験が基盤で、特殊講師と呼ばれます。プロのワークショップが有名となり、一般とは全く異なる内容の事をよく聴かれるので、暴露してますw https://www.daisuke-ozi.com/model-consulting-1 .