moco 不登校児の親サバイバー
【番外編1】迷った時は○○を考える
どうする_

【番外編1】迷った時は○○を考える

moco 不登校児の親サバイバー

今日は、お悩み相談番外編として


「選択肢を迷った時」に判断基準にしているマイルール

について書きますね


人の1日の決断回数は9000回と言われたり
いやいや35000回という研究結果がありますよ掲載されていたりします


とにかく予想以上に人って行動の選択を行なっている
すんなり選べるならいいけど
なかなか選べない事もある


===================
Q.どっちを選んだ方がいいか?
===================


いろんな場面で
今後の方向性や
どの道を選ぶか?という
「選択肢を選ばなければいけない」状況があると思います

なやむね.fw


簡単に選べる場合はいいけど
「どっちを選んでも不安」
「どっちを選んでも心配」

となかなか選べない事ってあると思います


悶々と悩む時間って苦しいですよね
エネルギー的にも消耗するし
ただ悩んでいるだけの時間も勿体無い



エネルギーと時間を無駄に消費しないために
自分なりのルールを決めておくと
心も疲労しないで済むのでオススメです♪

画像2


マイルール①:失敗や後悔をする事前提で選ぶ


①どちらの後悔なら納得できるか?
 それを選ばなかった時の後悔を受け入れられるか?


どちらも選べない状況って
「失敗したらどうしよう?」
「失敗しない方法を選ばなきゃ」

という事にがんじがらめで
選べないのではないでしょうか?


もちろん失敗しなくて済むなら
それに越した事はない
でもそんなの
やってみなければわからない


だから
1、いろんな選択肢を考え・選び
2、うまく行く場合・行かない場合を考え
3、どちらの選択肢を選べば、後悔しても自分が納得するか?
4、選択肢を選ばなかった時の後悔を受け入れられるか?
を基準に選んでいます


どちらを選んでも失敗や後悔がある事前提で考えています

そうすると後悔しないようにさらに努力しますし
後悔しても自分を納得させることができるのです
覚悟して選んだんだから仕方ないと



マイルール②:どんな背中を子どもに見せたいか?


どんな選択肢を選んで
どんな行動をする母親像を子どもに見せたいか?


子どもにはどの選択肢を選んで欲しいか?


2つ目の基準は「子どもに見せたい生き方」を基準にしています

画像3


この基準を元に選択し行動してきました

子どもたちを見ていても
私の生き方・伝えたい事は
私の行動(生き方)を通して
ちゃんと伝わっていると実感しています



悩んだら自分へ質問を


「どちらの失敗・後悔なら納得できますか?」
「選ばなかった後悔を受け入れられますか?」
「子どもにどんな背中を見せたいですか?」

画像4


失敗しないでおこう
後悔しないように
を求めるから選べないのです

失敗を前提に選んでみてください
そして選ばなかった後悔をしないように
選んだらその選択に意識を向け
失敗した時の対策を考え準備しておけばいい


選んだ選択肢に縛られない事も大切

選んだ後、その選択だけに縛られない事も大切です
「あっ、これではなかったんだな」
と見切りをつけるタイミングも意識してくださいね

「失敗しないでおこう」に縛られると
この見切りをつけるタイミングも迷っちゃいます


失敗ではなく、これではなかったんだなとわかったのです


不登校の親サバイバーmocoのお悩み相談室


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
moco 不登校児の親サバイバー

サポートありがとうございます! 全国の不登校で悩むお母さん・子どもたちの元気と安心に繋がれるよう頑張ります(^-^)

moco 不登校児の親サバイバー
不登校の親を6年間経験した母親mocoです。子どもの学校へ行けなかっった期間は小3〜中2まで。行ける時期もあったり、また戻ったりと繰り返しながら、そして私自身も不安になったり、怒ったり、自己嫌悪になったり。経験者しかわからない想い感情が揺れた経験をお役に立てればと綴っています