【247ページ目:もちおのソフトテニスノート】前衛サーブ後衛レシーブの戦術(ミドルレシーブから)

//もちおのソフトテニスノート
//2020年9月18日(金) 第247号

-------------------------------------------

レシーバー側としては確実にポイントを取りたい前衛サーブ後衛レシーブから始まるプレー。

今回は、前衛サーブ後衛レシーブの戦術のうち、ミドルレシーブからの戦術について話をします。


前衛サーブ後衛レシーブの戦術(ミドルレシーブから)

レシーバー側の戦術です。

①相手前衛のサーブを打ったら、レシーバー側の前衛は、自分の後衛(レシーバー)を横目で見ておきます。

画像1

レシーブをするところを見ておくことで、レシーブのコースにあわせて素早くポジション取りができるようになるからです。


画像2

「前衛は後ろを見ちゃいけない!」っていう指導があって、それ自体は100%間違っているわけじゃないと思うのですが、実際の試合では「後ろを見ても良い場面」が存在すると思っています。例えば、この場面。後ろを見たところで支障はないですし、むしろ後ろを見ることでポジション取りが早くなるので。(後ろを見てレシーブのコースに早く気づくことができれば、ストレートレシーブの場合でもクロスレシーブの場合でも早くポジション取りをすることができるようになります)



②レシーバーの後衛は、相手後衛側のミドル(センター)にレシーブします。前衛は相手の打点に合わせてポジション取り。

この続きをみるには

この続き: 564文字 / 画像4枚
記事を購入する

【247ページ目:もちおのソフトテニスノート】前衛サーブ後衛レシーブの戦術(ミドルレシーブから)

もちお

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
ソフトテニスブロガー・YouTuber。ブログ「もちおスクール」(https://softtennis-blog.com)とYouTube「もちおチャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCV6hvyLBxUP33WSjt-gMSeA)を運営

こちらでもピックアップされています

もちおのソフトテニスノート【裏Stepメルマガのnote版】
もちおのソフトテニスノート【裏Stepメルマガのnote版】
  • ¥490 / 月

「こうやったらうまくいった」「これは失敗だった」といった、自分が選手だった時に学んだこと・指導者としてのノウハウ・日頃の気づき・考えていることなどを、ほぼ毎日投稿します。僕はメンバーの皆さんのアドバイスも頂きつつ現在進行形で選手を指導中なので、そのリアルタイムの指導記録も投稿します。また、僕のノウハウに限らず、他チームの指導者に教えていただいた指導法・考え方もメンバー限定で共有することがあります。【※裏Stepに投稿している記事と同じです】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。