中島桃果子トークショー@守山市立図書館「Gifted」2019.03.31より「人は歌をうたいます」(Cover.弾き語り/未映子「頭の中と世界の結婚」より))

2019.03.31に滋賀県守山市立図書館で行われた中島桃果子トークショー「Gifted」より。未映子(川上未映子)さんの「人は歌をうたいます」を選びました。伝えたいことにぴったりだと思ったからです。

この動画から歌の仕事が来るということはないと思いますが、笑、
「なるほどこういうことが伝えたかったのかな」と思ってもらうことはできるのかな。演奏も歌も下手くそですが信念を持って歌ったので、大手を振って公開します!笑

せっかく素晴らしい美術を入れて髪もセットしているのになぜ右手に輪ゴムをしているのかは自分でもわかりません。笑。

なにい!こんなくらいのことならあたしにもできるわ!
と思うみなさん、
できるできる!
そうそれ!
そうよ、どんどん、やっていこう。

生きとし生ける日々の中から湧き上がって来る衝動、叫び、誰にかに何かを伝えたい、暮らしの中から生まれるそんな叡智(声)に、
遠い昔、人はアルス(芸術)と、名前をつけました。

※小説家として呼ばれた当人が歌うという特性によりサビを訳詞という形で中島桃果子が新しく書き下ろしていますが、オリジナルの歌詞世界を環なるものとして愛していますので、オマージュという意味合いで「訳詞」としました。
川上未映子さんは芥川賞作家として知られていますがわたしは未映子名義の「頭の中と世界の結婚」というアルバムを溺愛しています。

『Gifted』2019.03.31 守山市立図書館
1部/中島桃果子トークショー
2部/Jazz Live (& pianist)/ Piano...上山実 Jazz vocal...熊田千穂

記録撮影&美術 / MihoKingo
ヘアメイク/ Chika Anami(LUDAN)
主催/ 守山市立図書館
講演/ 本のがんこ堂

もう平成にやってしまったけど引き続きという意味で「レイワ」にやりたいことに参加してみる。笑。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援ありがとうございます♪

Wow❗️
5
日本の小説家✨🖋✨ & 根津の芸術酒場「イーディ-Innocence Define」の女主人。 昭和初期に詳しめで「船パリ🚢」という長編時代小説を今年書き上げるのが目標。 新作「わたしと音楽、恋と世界」は、とある文学賞に出し結果を待っています🌝 わたし的には傑作だけども!