見出し画像

Minimalist Jacket / Black、もうすぐ予約開始します

9月も半分が終わり、東京はすっかり秋ですね。
先日投稿をした「ミニマリストの服」の続編です。

読み返してみると、ジャケット、パンツ、ハーフパンツの3点と書いていましたが、パンツとハーフパンツは企画力及ばずで今回はジャケットのみの展開になります。でも今回、見つけた生地はすごく良いので、今度改めて企画をします。

企画の出発点

数年前から、ナイロンをはじめとした化学繊維、ハイテク素材を使ったセットアップ(ジャケットとロングパンツ)が多くのブランド、セレクトショップで販売されました。アウトドアブランドも、得意のハイテク素材を都会的なセットアップにアレンジをして販売されています。

これの背景としては、オフィスでの仕事着の私服化にあります。PCが収納できるバックパックなどが飛ぶように売れているのはご存知の通りです。電車を見渡せば、ブリーフケースからリュックタイプのバッグを使って働く人が増えましたよね。

特に営業職をはじめとした、対面で社外の方と打ち合わせが多い方は、今までのスーツから、素材として扱いやすいカジュアルセットアップまたはジャケットにジーンズやチノパンのスタイルに変化していきました。しかし、スーツ本来の素材を使わなくなった時点で、テーラードスーツの形を模することは必要ないのではと考えたのです。カラー&ラペル、袖ボタンなど本来のジャケットでは必要だったものは、カジュアルダウンしたアイテムでは必要ありません。

ジャケットとカーディガンの中間

ジャケットやカーディガンの良さは、Tシャツやカットソーの上に羽織ることで「ちゃんとしているように見える」ということがあると思います。
これはビジネス上でも大切なことで、「だらしなく見える」よりは「ちゃんとして見える」ことは重要です。他人にだらしなく見せることにメリットはありません。最近、この観点でもカーディガンというアイテムが非常に重宝する優れたものであると見直しています。

画像1

今回、発売する「Minimalist Jacket」は、まさにジャケットとカーディガンの中間のようなプロダクトになっています。ノーカラー(襟なし)で、前ボタンもありません。ドロップショルダーで、身幅、腕周りもかなりゆったりをしているのでリラックスして着ることができます。

画像2

さすがに全てのポケットを排除してしまうと、そもそも服として不便になってしまいますので、両サイドにポケットはちゃんと付いています。

素材について

画像3

今回、生地の素材選びにはたくさんの時間を使いました。見た目の雰囲気、肌触り、質感、そして機能性。時間をかけて選んだので自信があります。特徴は下記の通りです。

4Wayストレッチ
ストレッチナイロンを使った商品は数多く発売されていますが、多くの商品は縦か横のどちらか一方向にしかストレッチしないものが多いです。しかし、今回は縦にも横にも、そして斜めにもストレッチする4Wayストレッチの素材になっています。より快適に着用頂けます。

防シワ
打ち合わせやミーティングでシワだらけのジャケットでは、残念です。Minimalist Jacketは、強力な防シワ素材のためバックパックやスーツケースに詰め込んでも、まったくシワになりません。

洗濯機OK、そして速乾
メンテナンスが大変では、忙しい現代を戦えません。自宅の洗濯機でOKです。他の衣類と絡まるのを防ぐためにネットだけには入れてあげてください。速乾素材なので、乾くのも早いし、出先で汚れてもさっと洗うことができます。

ミニマリストは収納上手

今回、サンプルが間に合わなかったのですが、とてもコンパクトに収納できるポーチを付属する予定です。

画像4

イメージとしては、これくらい小さく畳んで収納できる予定です。(写真はただ畳んだだけです。。。)
結構折りたたんで、そのまましばらく置いておきましたが、シワに関しては全然大丈夫そうです!

こちらの商品は近日、ウェブサイト&クラウドファンディングで先行予約を開始する予定です。また改めてお知らせいたします。
引き続き、mnmmをよろしくお願いいたします。

【追記】プロジェクトが始まったので追記します!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
もっとスキになってもらえるように頑張ります!
4
mnmm(ミニマム)は、都市生活をよりスマートにするための最小構成。無駄な装飾は控え、自然に調和するプロダクトをつくります。無垢でシンプルな美しさとともに豊かなライフスタイルの実現を追求します。 https://www.mnmm.jp/