見出し画像

20210512.13の生きた感想。

 記憶なし。曜日的には働いていたはず。この二日間はその前の日に比べてそこまで不愉快でもなかった。原因は?
 やらされる作業が二種類あって、嫌いじゃない方だった、というのはあるかもしれない。僕がやってるのはピッキングおよび出荷にまつわる作業で、拾ってくる側の人と、拾われてきたのを間違っていないか確認し出荷のための箱に仕舞う人に分かれる。僕は後者の方が好き。歩き回るの嫌い。何時間も歩きっぱなし立ちっぱなしで足が痛くなる。後者でも立ちっぱなしなのには変わりないが、歩き回らないだけマシ。てか座っちゃダメって意味わかんなくない?これって普通?社会の常識?足が痛くてもうそれだけで疲れるんだよ~。椅子もあって、たまには座れて、疲れがマシになった方がいい仕事が出来そうじゃない?
 上の人間は基本的に、労働者に良くするのは甘やかしであって、甘やかしはやればやるだけ能率や成果が下がる、と思っている、ように見える。ようにしか見えない。それって普通?社会の常識?
 そして成果が出ず、成績が悪いのは頑張りで補えると思っているようにも見える。少なくとももっと頑張れ的なことが伝わってくる。甘やかさないぞというネガともっと頑張れというポジは裏表になっていて実に筋が通っている。たまに物を配ったり会社持ちでイベントを開いたりしてるようで、あれが数少ない飴なのだろうが、しつけがヘッタクソで愛情も足りてない親のようだ。経営も育児もまるでやったことない僕にはこの例えをやる権利はないと思う。はい。
 ホントは多分、どうやったらやる気がなくても頑張らなくてもそれなりの能率が出せるかを考えるのが管理という仕事なんだろうね。知らんけど。人間ってそんなに頑張れない。

 ここまで書いて、しばらく放っていたら何が書きたかったのかよく分からなくなった。この話はおわり。

 ソウルシリーズを未だにやっている。バグ技でめちゃつよにすることもあれば弱いままやることもある。弱いままでちょっとずつ強くなる方が当然楽しい。不思議だね。何故苦労をしたいのか。
 ちなみにソウルシリーズと言ってるが、僕はせきろーはまだやってません。まだ高いからね。安くなったかな?

 あとは何してたか思い出せない。おわり。


画像1

画像2

 背景が寂しいじゃんとなにか塗っとこうと毎回やるのだけど、センスが壊滅的でいつもこれなら真っ白の方がマシだったな…となる。
 なる、と書いたけどどっちもどっちだった。どっちのがマシ?並べてみたら色ついてる方がいい気もしてきた。

 あと、透過にして色塗るのやってるけど、やめた方がいいかもしれん。なんか微妙やね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大人になったら詩人になりたいです。