コリン・ウィルソンも高評価したムー大陸研究家ル・プロンジョン
見出し画像

コリン・ウィルソンも高評価したムー大陸研究家ル・プロンジョン

メシア

【ル・プロンジョンの新解釈】

 世の中は実に面白い。シャルル・ブラスールがとんでもない自己流解釈を施して『トロアノ絵文書』の翻訳本を発表すると、好奇心を刺激された人々はますますエスカレートする。わずかばかりのスパイスでは我慢できなくなってくるのである。
 ユカタン半島におけるマヤ遺跡に詳しいフランス人の内科医で、考古学者でもあるオーギスト・ル・プロンジョンが、シャルル・ブラスールの創作的な翻訳に独自の新解釈(?)を加え、おもしろい読み物にした。
 南山宏氏は言う。
 「彼(ル・プロンジョン)は同じ絵文書に独自の新解釈を加えて訳文を洗練させ、こんな具合に生々しく“翻訳”してみせた。
 『ムーは2回大きく押し上げられたあと、噴火の力に絶え間なく揺さぶられながら、一夜のうちに消滅した……10の国は大地を引き裂かれ、6400万の住民もろとも海中に沈んだ。この文書が記される8000と60年前のことである……』」
 南山氏が語るとおり、ル・プロンジョンは、わずかばかりの与えられたヒントを元にしてイメージを膨らませ、独自の解釈とアイデアを加えて生々しい物語に仕上げたのであった。たいした才能である。
 ル・プロンジョンのペンはとどまるところを知らない。今度は「チチェンイツァー遺跡(階段式ピラミッド)の壁面に彫られたレリーフを解読した」というふれこみで、ムー王朝の最後を彩る悲劇の物語を書き上げた。(中略)
 ここまでくれば、察しのよい人は気づくだろう。
 「なんだ。チャーチワードが書いた『失われたムー大陸』の文脈は、ほとんどがル・プロンジョンが創作した物語と同じじゃないか」
 そのとおりである。
 チャーチワードは「フランスの古代マヤ研究家ル・プロンジョン博士が云々」という言い方でル・プロンジョンを頻繁に紹介し、彼が翻訳した『トロアノ絵文書』をそっくりそのまま引用しているのである。 鈴木旭〈日本に蘇る失われたムー文明の刻印〉より 

✔️【逆デバンキング〈コリン・ウィルソンの高評価〉】

画像1

 オカルト界の世界的権威にコリン・ウィルソンという人がいます。

 彼の著作〈アトランティスの遺産〉から引用します。


 ル・プロンジェオンは、年齢150歳というインディオから、マヤの象形文字の読み方を学んだ。学者たちは、ル・プロンジェオンによるこれらの象形文字の解読に疑問を呈するのだが、彼の能力は、チチェン・イツァの地下8メートルに埋まっていた石像の発見によって証明されている。ある壁に彫られていたマヤ語の銘文の中にその位置が書かれていたのを彼が見つけたのだ。(中略)
 しかし、ル・プロンジェオンの著作の中で最も論議を呼んだのは、ブラスールが最初に研究した『トロアナ法典』からの翻訳である。ここにアトランティスを破壊した天変地異のことが書かれているという点については、彼もブラスールと同意見だったが、ル・プロンジェオンが解読できる範囲では、マヤ人はアトランティスを「ムー」とよんでいるとしていた。この文書では、13チュエン(日?)のあいだ続いたひどい地震のことを語り、それは大地を何度も隆起させたり陥没させたりしたのち、ばらばらに引き裂いたのだという。法典であげられているこの地震の日付、「カン暦6年、第11番目のムラック」というのは、(ブラスール、ル・プロンジェオンの両方によると)紀元前9500年だという。ル・プロンジェオンは、のちにウスマルの南方にある遺跡、カバーで、やはりこの日付をあげている壁画を発見し、ソチカロではさらにもうひとつ、この異変について述べている銘文を発見したと言明している。


【コリン・ウィルソンのエドガー・ケイシー批判】

 次に、再び〈アトランティスの遺産〉から引用します。 


 ケイシーの伝記作家ジェス・スターンは、ケイシーの「予言の的中率は信じられないほど高く、ほとんど100%に近い」と述べているが、これは事実と相当に食い違っている。彼がトランス状態で語ったことのいくつかは、たしかに不気味なほど正確であることがわかっている。たとえば、ナイル川がかつて西に向かって流れていたということ(地質学の研究によると、現在のナイル川と大西洋との中間点にあるチャド湖に注いでいたことがわかっている)、死海の近くにエッセネ派として知られていたコミュニティーがあったこと(彼の死の2年後に発見された死海文書によって立証されている)、そして2人のアメリカ大統領が、その任期途中で死を迎えること(ルーズヴェルトとケネディーがそうだった)などだ。だが、批判的な向きは、彼の予言の多くが曖昧模糊としていること、それにとにかく当たらなかったものも多いことを指摘する。1942年から44年の間にアメリカが関わる戦争があるかどうかを1938年の時点で訊ねられた彼は、それは平和への望みがあるかどうかによると答えるにとどまり、自分の予言の信憑性を証明する黄金の機会を逃している。


 ……このようにコリン・ウィルソンとは、認めるべきところは認め、怪しいところはしっかり指摘するフェアな人物であることがわかります。

 そのウィルソンがル・プロンジョンの能力を高く評価しているのです。

 ナーカル碑文の実在やブラッスール批判の例もあり、ル・プロンジョンの解釈も間違いではなかったと思います。

【まとめ】

 ●ル・プロンジョン批判もブラッスール批判同様、捏造の可能性が高い。


人生・生活の質を向上させるヒント

ムー大陸が実在した証拠はあるのか?伝説の真相に迫る!目次へ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
メシア

サポートしていただければ嬉しく思います。もちろん、すべて《世界の真実》を見つけるための費用にしたいと思っています。

ミラクル!
メシア
世界初のスケプティックハンター、メシアがお届けする〈メシアの「知」の冒険〉へようこそ🌏 スケプティックハンターとは、懐疑論者の嘘を暴く人間のことです✨✨ 私と一緒に《世界の真実》を見つけましょう🌟🌟🌟