見出し画像

【どがわ】速報!どがわの山師映像が、国際映画祭準グランプリ受賞!!

とうとう…とうとう、渡川が国際映画祭の舞台に上がる日が来るとは!

先日行われました、「第6回木暮人国際映画祭」にて、日本中はもちろん中国や韓国からも出品があるなか、見事にどがわ物語制作の「未来へ繋ぐ森林の仕事ーどがわで山師になりませんか?」が、見事準グランプリを獲得しました!
すごーーーい!ありがとうございますー!

この映像は①どがわ地区のPRとそして②どがわ地区で山師を一緒にやってくれる人の求人募集、そして③森林とその手入れを行う山師の重要性について、渡川の山師総出作った作品です。

御年92歳のレジェンド、松田吉十郎さんの「日向木挽き唄」から始まる訳なんですが、途中で語る「山師の在り方」については、心に刺さるものがあります。

毎日新しいサービスが生まれては消える、「速い」時代を生きる私たち。
「まずは50年~100年」という長いスパンで考える山師の世界は、回転しない「遅い」世界かもしれません。
しかしそこには、自分の代だけでは終わらない、2世代3世代に渡るロマン溢れる世界が広がっています。いや、ロマンではなく実は物事の本質だったりするのかもしれません。

「自分の為だけでは無い」

それが山師の仕事です。

世界で認められたこの映像。
きっと映像に映る『山師』も世界に誇れる素晴らしい仕事だと思うんですよね。
皆さん、是非一度ご覧ください。そしてよかったら、渡川で山師をしてみませんか?

最後になりますが今回受賞するにあたって、この映画祭に応募して下さった、そして撮影して下さった福井カメラマン、本当にありがとうございました。

*準グランプリおめでとう!と思った方は、最後に♡をポチっとお願いします!

あ、そうだそうだ!この機会に今回の移住ドラフト会議で渡川球団が書いたノート記事を是非ご覧下さい!そして読んだ最後に♡をポチっとお願いします!
今回の南九州移住ドラフト会議もこの勢いで優勝狙っていきます!
渡川からまだまだ突っ走りますよーー!感動を発信したい!

応援よろしくお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
南九州移住ドラフト会議2018(南九州地域間連携推進機構(MLP))
移住業界史上最大のコント!移住ドラフト会議は、楽しい!面白い!をモットーに「チャレンジしている地域コミュニティ」と「地域に関わりたい移住検討者」が出会える機会を提供しています!2016年に鹿児島で始まり、2018年からは「鹿児島・宮崎」を舞台に取り組みを展開しています!