ゴシックロリータ vs. TDL

くたばれ夢の国。

手鏡に映る顔は完璧な仏頂面だった。私は黒いスカートを蹴り上げて歩き続けた。世界は戦場、ロリータは装甲だ。

どこでもない街を模したモールの屋根の下、群衆はパークの奥へ我先にと駆けていく。D社の潔癖さを好むはずの彼らが何故良い大人でいられないのか。足を掛けたいという衝動は、結局爆弾も何も入れなかったポーチを叩いて抑えた。

暴力に頼れば意義を失う。これはエンターテイメントの本質を知るための挑戦だ。目的はあくまでも構造を分析すること。だから空気に飲まれてもいけない。そのための、自分の価値観を見失わないための武装=服装だった。

今日はこの顔と服で遊びつくす。骨の髄までしゃぶりつくして、もっと面白い物を描いて、理念は立派だが作品としては大したことないと笑ってやる。それこそが勝利というものだ。モールの終わりで足を止め、青天の中央に聳える不合理な城を睨みながら、私は緩みかけた顎を強く噛み締めた。 【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ウィルキンソンの瓶ジンジャエール一本68円(税別)で12時間稼働します。補給してください。

🐘🐘.…...…..🐘.🐘…🐘.…
12
小説を書きます。映画が好きです。

こちらでもピックアップされています

逆噴射プラクティス
逆噴射プラクティス
  • 45本

参加自作など短編

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。