見出し画像

Surface Proの歴史

皆さん,こんにちは。今回はMicrosoftが販売する大人気のSurfaceの歴史について紹介していきます。Surfaceといえば高性能でお値段もApple製品に負けないような物がたくさんありますよね。これからもSurfaceの製品が増えていきそうですが,パソコンを普段からやっている人なら一度は欲しいと思ったことがある人もいると思います。

初代のモデルと最新のモデルの性能や見た目の違いについて中心に話していくので興味がある方はじっくり読んでみて下さい。

では早速,歴史について触れていきます。

Surface Pro

Surface Pro

初代Surface Proは2013年 6月7日に国内で販売が開始されました。海外では2012年から発売されていたそうです。Proは今から(2020年時点)まだ7~8年程しかたっていないんです。歴史が浅いですね。つい最近ですね。

画像1

見た目はこんな感じです。昔感があり,癖のないシンプル感があっていいですね。今のProとの違いは,タブレット本体が分厚いことです。今はとても薄くなりましたが,この当時はまだ1.5㎝以上あったのではないでしょうか。私は見たことないのでわからないですが,今のProは7㎜くらいです。

画像2

性能については,ハイスペックの物も存在していたでしょう。512GBのやつとかもあるかもしれません。

Surface Pro 2

Surface Pro 2は2013年 10月25日に発売が開始されました。初代Proがでてからまだ4ヶ月しかたってないですが... でも機能も少し変わりました。少しですが。

Pro 2はCPUを第4世代(当時最新)を搭載したのでバッテリー持ちや,動作が快適になりました。バッテリーは75%持ちがよくなってます。これによって発熱もかなり抑えられているようです。

画像10

もう1つがキックスタンド(タブレットを立てるための支えるやつ)の調整が2段階になったことです。これによって使いやすくなりました。

中身の機能はWindows 8.1(当時最新)のOSが配信されたことによって購入者もバクバク増えたでしょうねw

Microsoftも完璧といえる時期に発売したのでこの商品はある意味成功だったといえるでしょう。

Surface Pro 3

2014年 6月20日に発売されたSurface Pro 3。このタブPCは見た目が大きく変化したんです!!初代ProとPro 2は色がブラッグしかなかったんですが,Pro 3はシルバーに変わりました。

画像4

Pro 2とどんな機能が変わったかというと,キックスタンドがさらに進化しました。Pro 2では2段階調整といいましたが,Pro 3では無段階調整になったんです。そうです,自分に合った角度を好きなように調整できるので,これがさらに使いやすくなりました。

画像3

デザインもスリムになったので,見た目がもっとカッコよくなり,タイプカバー(タブPCのキーボード)のデザインも大きく変化しました。

画像5

この時はまだWindows 8.1のままでした。今ではWin 10も楽々使えます。

ヤフオクのサイトではPro 3の中古品が沢山あります。最新機器を買うのに予算が足りない人はPro3,4を買うのもありです。6年前の商品で生産はされてないですが,Windows 10は楽々できます。見た目は中華タブPCのUBook Proに近い見た目をしています。

Surface Pro 4

Pro 4は2015年 11月12日に発売が開始されました。一番の特徴はタイプカバーのデザインが変わったことです。

画像6

Pro 4から出たタイプカバーは,今最新のPro 7まで対応しています!!勿論,Pro 7専用のタイプカバーがあるのですが,Pro 4のタイプカバーをPro 7に付けても問題がないんです。これはすごいですね。

画像7

タイプカバーは,キーとキーとの間に隙間ができるようになりました。これが新しい証拠です。この時はついに,皆さんが愛してやまないWindows 10がリリースされていたんです!!これで使いやすさがますます増します。

これによって人気も結構上がりましたね。当時は価格も高かったと思います。

Surface Pro 5

もうね... ぶっちゃけ言うとPro 4の時から性能ってあまり変わってないんですよね。見た目もほぼ一緒って感じ...

でもMicrosoftがPro 5を出したのにもやっぱ変わった部分はあるんです。

それが,キックスタンドが165度まで開けるようになったことです。

画像8

他にも,バッテリーの持ちが大幅に良くなり,中身も少し変わったようです。

Surface Penがより正確になり,書きやすさも向上しました。Surface Penはお絵描き用途として買う人や,ビジネス関係の事をメモしたりするときに使う場合などもありますので,より充実さが増したのはSurfaceユーザーにとってはとえも大きいと思います。

Surface Pro 6

Surface Pro 6は見た目は変わっていません。でも新色のブラックが追加されました。Pro 6といったらブラックなんて思う人も多いはず。

画像9

やはりカッコいい見た目なのには変わりないですね。Surface Penもブラックなので色の統一感があってスッキリします。

他にも,CPUの変更で処理速度や全体の性能が大幅にUPしました。Surface Proはそこまで新しいようなデザインは出してないので,旧Surface Proも買う人が多いんです。Pro 4をつかっててもPro 7を使ってる感覚になるから♪

Pro 6で一番特徴的だと思ったのが,標準スペックがパーン!!って上がったことです。標準スペックで,メモリが8GBとなりました。ストレージの標準ROMは決まっていません。より選択肢が増えましたね。

でも1つ残念なことが...

USB Type-Cが非搭載になったことです。代わりにUSB Type-Aが搭載されています。Type-Cって結構使う人はいるのではないでしょうか?

携帯の充電代わりやその他諸々などの活用面がいっぱいあるのでそれを失ったのは少し痛いです。頻繁に使う人は別売りのUSBハブという接続端子の拡張機能を買う必要があります。

Surface Pro 7

ついに第7世代が来ました!! 完璧を求め続けたタブレットPC。Surface Pro 7,これは本当にお勧めです。でも下位モデルのものを買っても価格は10万円近くするので,本当に高いです。今でもとても売れ続けているパソコンなので予算が足りないかたはPro 4の中古品でもいいでしょう。

自分もPro 4にしようと思いましたねw

画像11

見た目は殆ど変わっていないんですが,性能は少し変わっている部分があるんです。

それは,CPUが第10世代のIntel Core i3を採用したことでより選択肢が増えました。Pro 6とPro 7ではスペックの選択肢が増えたことが一番の特徴といってもいいぐらいなんです。

重量は少し重くなりました。784gから790gに増えたんです。(正直そんな変わってないでしょ。)

本体の接続端子はディスプレイポートが無くなり,USB Type-Cが追加されました。Cは色々使う面があるので付けられたのは嬉しいポイントですね。

さて,初代ProからPro 7まで一気に紹介しましたが,ユーザーの中ではPro 7が一番良いみたいですね。

様々な問題が改善された製品ですが,それでもユーザーの不満はいくつかあるみたいです。WindowsパソコンのなかでもWindowsを作ったMicrosoftの製品がやっぱかっこいいですね。見た目が美しい...

今回はSurface Proを紹介しましたが,次はProの続編のGoXについて説明していきます。

これからも皆さんにお勧めできるパソコンを見つけていきますので今後とも宜しくお願いします。パソコンなどについて困ったことがあったら何でもいいので,質問お願いします!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ふっ、私の記事にスキを付けてくれるとはセンスがあるな...(???)
11
僕は心理学、ガジェットやプログラミングを中心に書いています。 最近はTwitterのツイートばっかり見ているのでダラダラしていますね。(∪.∪ )...zzz hamitherとリア友。フォローしてくれたらフォロバするぞ。

この記事が入っているマガジン

mkosan パソコン紹介記事
mkosan パソコン紹介記事
  • 24本

パソコンの紹介記事やパソコンの知識などを載せた記事集です。パソコンの購入や買い替えにお悩みの方のために投稿しています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。