見出し画像

GPD P2 Maxの魅力について

記事を読んでいただき有り難うございます。今回はミニノートパソコン「GPD P2 Max」について紹介していきます。私もいつかはミニノートパソコンがほしいと思っているのですが,高くて中々買えないんです...今回は見た目も重視した高性能ミニノートパソコンを紹介していきます。それでは早速説明に入っていきます。
1.GPD P2 Maxってどういうパソコンなの?
今回紹介するパソコンはとても小さいですが,価格が少し高めの高性能パソコンです。色は黒色で,コンパクトサイズの薄型なのでちょっといじりたい時や,サブ機候補としても十分に活躍してくれそうです。

画像1

このパソコンは8.9インチのミニサイズなのであまり仕事には適してはいません。AilExpressという激安サイトで販売しているんですが,そのサイトですら高いんです。最新の機能(指紋認証など)が搭載されているのでそこに関してはいい点だと思います。

2.GPD P2 Maxの詳細について

毎記事恒例のスペック紹介に入っていきます。

OS: Windows 10
CPU: Core m3-8100Y
RAM: 8,16GB
ストレージ: 256,512GB,1TB (SSD)
ディスプレイ: 8.9インチ(2560×1920)
カメラ: 200万画素
サイズ: 206mm×149.5mm×5.5〜14.2mm/650g

(申し訳ございませんが,バッテリー性能については見つからなかったので省略させていただきました。ご容赦ください。外部端子については画像があるので後半で説明させていただきます。)

まずWindows 10が搭載されているので最新の機能を楽しむことができます。関係ないですが,パソコンを手に入れた方はGoogle Chromeをダウンロードしてくださいね。URLはこちらです。↓↓↓

説明の続きに入ります。CPUはCore m3-8100Yを搭載しているので相当サクサクに動作してくれます。ストレージは選択可能ですが,512GBで販売されていることが多いです。メモリ(RAM)は,ストレージが256GBであれば8GB,ストレージが512GBであれば16GBもメモリが搭載されています。ディスプレイに関してはとても高性能だと思います。8.9インチの画面で2560×1920の解像度はエグい数字ですね。カメラは200万画素だそうです。これに関しては一般的なパソコンとあまり変わらないのでしょうか。サイズは8.9インチに適した感じの性能ですね。横が21㎝,縦が15㎝で厚さが最薄で5.5mmで最厚が14.2mmです。小さいパソコンなので見た目はカッコいいですが指紋認証機能が採用されています。このパソコンの性能では起動は約10秒,指紋ロックは約1秒で解除してくれます。指紋ロックはあまり早くないですが,トータルした起動時間はとても速いです。他のパソコンの起動時間は20~40秒かかります。それに比べたら爆速ですね。

画像2

サイズ感の詳細についてです。大体Apple社のiPadに似たサイズです。縦横の幅もそんなに変わりません。これで650gなので軽々持ち上げられます。ずっしり感はそこまでないです。

画像3

小さいパソコンなのに外部端子はとても充実しています。USB 3.0×2,USB Type-C,HDMI,ヘッドホンジャックなど。これなら拡張機能を付ける必要も無いと思います。薄いのにちゃんと機能するのでこれはOKですね。

問題点はキーボードです。US(国際標準)なので日本人の中では多くの人が打ちにくいと感じます。一部キーの配置が変更されているのでここに関してはデメリットと捉える方も多いでしょう。キー自体が小さいので打ちにくいです。あと,このパソコンはタッチ機能が付いているのでトラックパッドはマウスがない限りほとんど使わないと思います。

さて,ここまで説明してきましたがAmazonでは87990円で販売されています。他のサイトではもっと安く売られているかもしれません。
以上で紹介を終わります。この記事が気に入りましたら,♥とフォローをお願いします。これからも皆さんにお勧めできるパソコンを紹介していきますので宜しくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お互いのサポートでこれからドンドン交流を深めていきましょう!!

君に感謝する!!
5
僕はパソコンの知識や日本の法律や国際社会について記事を書いています。 最近,Twitterの活動が増えた気がする。グルグルみんなのツイート見ながら寝転んでますなぁ~ ああ~だりぃ~ ...(+_+)💤 あと必ずフォロバします。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。