見出し画像

信州浪漫ビール 6HOP IPA で乾杯。 ~ day 246 (20200314)

「 1000枚のビールのある風景 」
1000日間、毎日呑むビールの写真をあげながら、ビールそのものの話だったり、その日の出来事だったりを記事にしてます。
246日目。
これまでのログは → こちら

インパクト、強っ!からの、いわゆるジャケ買いです。

醸造しているのは、長野県の諏訪市にある 麗人酒造 。

井戸から湧き出る 霧ヶ峰高原 の伏流水を使って、日本酒を仕込んでいる、200年以上の歴史のある蔵元。

平成11年からは、「 諏訪浪漫麦酒 」の醸造を開始。
その仕込み水には、井戸水に加えて、上諏訪温泉のミネラル豊富な温泉水をブレンドしているそうです。

その諏訪浪漫麦酒や、ほかのビールは、見た目も造りもオーソドックスな感じなのですが、この「  6HOP IPA 」に至ったのには何かがあったんでしょうか?笑

画像1

色はしっかりとした褐色。焙じ茶のようでもあります。

6種類のホップということで、かなり華やか。ビターな柑橘のさわやかな香り風味を強く感じます。苦みもしっかりとあって、呑みごたえも充分。

ホップの種類と特徴は、以下の通り。

【カスケード Cascade 】
 グレープフルーツなどのスパイシーな柑橘系の香りを醸し出します。
 華やかというよりも落ち着いたフローラルな香りです。
【シトラ Citra】
 アメリカ産のホップの品種名で、その名前が示すように、強い柑橘系の
 香りを有するホップです。
【クリスタル Crystal 】
 ハラタウ・ミッテルフリュー、カスケード、ノーザンブルワーの
 掛け合わせで、幅広い用途に使えるマイルドなアロマを持つホップ。
【センテニアル Centennial】
 グレープフルーツなどのスパイシーな柑橘系のフローラルな香りを
 醸し出します。
【コロンバス Columbus】
 苦味のためのホップとしても使用できる品種です。落ち着いたレモンや
 シトラスなどの柑橘香や、バニラ、草のような香りが特徴です。
【チヌーク Chinook】
 苦味のためのホップとして、ペールエールやIPAに使われています。
 グレープフルーツ似の味や香り、松のようなスパイシーな香りが特徴。

ラベルのイラストは、それぞれのホップをアメコミ風に擬人化したもの。

画像2

複数のホップを掛け合わせること自体はよくあるのですが、6種類も使うことはあまりないと思います。うまくバランスしているのは、醸造家の腕ですね。

さて、麗人酒造さんは、このままこっちの系統も育てていくのか?
それとも一瞬の気の迷いだったのか?

これからの展開が楽しみです、笑

ごちそうさま。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事を読んでいただき、ありがとうございます。 オススメのクラフトビールがありましたら、ぜひとも教えてください♪ よろしくお願いします。

ありがとさんどす。よろしかったらフォローしておくれやす。
9
my name is mknt(ろくろ). ” クラフトビール部 ” 発起人のひとり。 商社と通販会社を経て、フリーの企劃屋、あるいはなんでも屋。いろんなところのお手伝いをしています。みなさまの足りないピースを補います。

こちらでもピックアップされています

1000枚のビールのある風景
1000枚のビールのある風景
  • 414本

#1000日チャレンジ にビールで挑みます。 1000日間ビールを呑む、というのは身体を壊さない限り、カンタンにできそうなことなので、ビールのある風景を写真に撮って記録を遺します。 毎日呑むビールの写真をあげながら、ビールそのものの話だったり、その日の出来事だったりを文章にしてます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。