見出し画像

動画と私。(動画2.0 VISUAL STORYTELLING要約)


2018年。髭のおじさんが表紙にある怪しい赤い本を読んで
ニヤニヤしている奴がいる。俺だ。

身内で動画を作る機会が増えました。素敵な機会にぴったりな本、動画2.0を
必要かなーってとこのピック、少々私見織り交ぜながら描いてこかなという所存!

ABOUT. 

まず事前情報で知ってて欲しいのが「ONE MEDIA」について。
ソーシャルメディアのコンテンツパートナーって形で動画配信する会社です。
で、その会社のCEOがこの本の著者 明石ガクト
ONE MEDIA自体は比較的新しい会社なんですけど、如何せん動画の会社なんてあんまない&メッセージ性あるエッジ尖りまくり動画ばかり作ってる会社です。
(俺は初期のキュリオスとか好きだった。)

主にSNSや山手線のデジタルサイネージ広告で動画は流れていて、有名どころだと
Kemioやコムアイ、ベッキーなどともコラボしています。ターゲットは若者。
口より動画見た方が早いので見てください🙏

で、私がこの本を手に取ったきっかけはこの会社の元編集長、疋田万理さん。
彼女のハフポス時代の動画、YouTubeであげてる動画好きだったので。


自分自身中学生から動画やり始めてYouTube→Vine→インスタ
と通ってきてたんでその文脈でIGTV頑張ってたONE MEDIAの本を買いました。
内容へ↓

_ _ _ _ _ _

ヴィジュアルストーリーテリングの時代きてる.

熱弁でも長文でもなく、動画やインスタなどを用いて何か発信することを明石は「ヴィジュアルストーリーテリング」と呼んでます。もはやテキスト主体であった
Twitterですら漫画や動画といったヴィジュアル化が進んでる今、
「もはやそっちの方が物語ってんじゃね⁇」って考え方です。

顔写真_宮木快のコピー

(少し難しい話としてアフォーダンス理論がありますが、ここでは任意で。)

映像と動画の違い.

まず考えて、メモってみてください。映像と動画の違い。
トトロは?ヒカキンは?Netflix、TikTok、映画…何が違うんすかね?

Let's Thinking..!!!

さぁ、できたかな。
動画教教祖と自称してる明石はまず、映像と動画の歴史を述べた後、
iPhoneの誕生が動画の誕生をあらわしていると言った上で、

・スマホは画面の縮小化&映像コンテンツに触れる時間の細切れ化を生んだ
・映像だと9コマかかる情報を動画は1コマで表せる。
→時間軸に対する圧倒的な時間の凝縮が動画にはなされている。

という旨を語ってます。例に挙げているYouTuberはかなりわかりやすい。
日本のYouTuberはジャンプカットという編集を使う事で「あー」「えー」
といった会話の無駄を省き、情報を濃縮している。
(例としてKemio海外YouTuberのリンクを置いておきます!)

そしてこの動画の濃縮の尺度を明石は「information per time=IPT」
と称しています。読んで字のごとく、時間あたりの情報量。
これが高ければ高いほど今は動画として”おもしろい"とされ、逆に低いものは忌避される。いいとこでCMばっかり入るテレビとか、最初から再生されないことへのかったるさはIPTが低いことに起因してる。

YouTuberのジャンプカットや料理の早回し動画など、従来映像が持っていた時間軸を凝縮した視覚体験、これが動画の本質だ、と明石は言ってる。

世界観のヴィジュアライズ.

明石は3章にて、成功している映像・動画コンテンツには共通項があると述べる。
それは「描きたいゴールに向けて演出/アイデアがレーザービームを束ねるの
ように収斂している
」ことだ。

エミー賞受賞のTVショー、
カープールカラオケで観れば容易に理解できるだろう。

・司会者は運転席、ゲストは助手席に座る。
・密室だし自然と近い距離になる。
・仲良くないとこの構図にならないよね、っていう先入観
=親密感のヴィジュアライズ
・車内でカラオケ(あるある)
・でも歌クソうまい(偶像性)
・思い出の場所、そこでの話(=物語を共に体験できる)
・同じ人間なんだ!=素顔のヴィジュアライズ

ゲストの普段見られない素顔を車内という親密な空間を利用して作る出す
というゴールのもとアイデアが収斂されていることがわかる!
アイデア量と収斂度が映像・動画の評価を左右する。
ここでのアイデアは無論、「誰のためか」「どんなメッセージを含有させたいか」なども含まれる。

超まとめ.

1.今動画がきてると言われているのはヴィジュアルストーリーテリングが普遍化した当然の結果で視覚で訴えるものが評価される。
2.ジャップカットや早回しなどのテクニックでIPT(時間あたりの情報量)を上げる
3.アイデア量と収斂度が映像・動画に価値を与える。


クリエイターじゃなくても動画が作れる時代はもうすでにきてる。
その証拠にTikTokが若者で流行っているし、思考停止したテレビ番組ではYouTubeを垂れ流してる。もうきてるんです、ヴィジュアルストーリーテリングの時代。

小手先のテクニックはこの本にも、ネットでも調べれば出てます。
あとは、やるだけ。Actionできれば山は越えたも同然だと私は思ってます。
個人的な動画の考え方とかはまた今度書きます!ではでは

最後に明石が絶対観るべきという動画をここに載せて終わります。

_ _ _ _ _ _

ツール.

スマホで動画編集圧倒的に使いやすいアプリ[INSHOT]

著作権フリーも結構ある[soundcloud]

動画.

著者 明石ガクトの動画

個人的に好きな動画編集うまいなーって人

動画とはまだまだいえない映像ですがこちらも何卒……

記事、本





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしよろしければサポートをお願いします☾*お気持ちは本かコグミかフリスクになり私の原動力となります。

あなたの意見も聞きたいな。
4
イランカラプテ😉💫98年生まれ北海道産。/backpacker/韓台カルチャーラブみ/IGTV/Ally🏳️‍🌈https://www.instagram.com/1998kg519/?hl=ja
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。