交通事故に関する研究

5

本年度最後の交通事故研修会をPTで開催致しました。

事業者については本日、この年度末の最中に、本年度最後の交通事故研修会が兵庫県弁護士会で開催され、運営スタッフとして参加致しました。

これまで後遺障害逸失利益を巡って、基礎収入や労働能力喪失率を取り上げた回はありましたが、今回は休業損害、しかも会社役員や個人事業主、主婦、学生、無職者など、実務的に休業損害の評価が問題となることの多い主体を中心に取り上げるとあって、事前準備や打合せの段階から非常に興

もっとみる

【判例評釈】不当請求事案における弁護士のあるべき対応【交通事故判例速報】

(原 審)神戸地方裁判所 尼崎支部 平成25年3月5日判決(同庁・平成23年(ワ)第1492号)
(控訴審)大阪高等裁判所 平成25年8月27日判決(同庁・平成25年(ネ)第1697号)

以下は、交通春秋社刊【交通事故判例速報】(No.572)に掲載された以下の判例評釈の内容をウェブサイト用に再構成したものです。

駐車場内で発生した極めて軽微な接触事故について債務不存在確認請求が認容され、反訴

もっとみる

【判例評釈】高度後遺障害残存事案での賠償請求における諸問題【交通事故判例速報】

神戸地方裁判所 平成22年(ワ)第418号

以下は、交通春秋社刊【交通事故判例速報】(No.560)に掲載された以下の判例評釈の内容をウェブサイト用に再構成したものです。

高度後遺障害残存事案での賠償請求における諸問題

【事案の概要】

本件事故は、信号による交通整理の行われている交差点で加害車両が赤信号を見落として交差点内に進入して被害車両と衝突したというものであり、加害者側の一方的過失に

もっとみる

【判例評釈】てんかん発作に起因する事故と交通事故訴訟における責任の評価について【交通事故判例速報】

神戸地方裁判所 平成23年11月30日判決(平成23年(ワ)第445号)

以下は、交通春秋社刊【交通事故判例速報】(No.547)に掲載された以下の判例評釈の内容をウェブサイト用に再構成したものです。

てんかん発作に起因する事故と交通事故訴訟における責任の評価について

平成23年4月に栃木県鹿沼市、島根県松江市で相次いで発生した悲惨な交通事故の報道等を契機に、てんかん発作に起因すると思われる

もっとみる

【判例評釈】複合局所疼痛症候群(CRPS)ないし反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)が認められた事案【交通春秋社判例速報】

神戸地方裁判所 平成22年12月7日判決(平成20年(ワ)第3026号)

以下は、交通春秋社刊【交通事故判例速報】(No.540)に掲載された以下の判例評釈の内容をウェブサイト用に再構成したものです。

自賠責保険の後遺障害等級認定において「局部に頑固な神経症状を残すもの」(別表第二第12級13号)との認定を受けた事故当時26歳の被害者(女性)につき、複合局所疼痛症候群(CRPS)ないし反射性交

もっとみる