仕組みバナー1

現役アスリートを撮る旅。〜被写体募集!〜

現役アスリートとして闘うあなたの写真を撮らせて下さい。撮った写真を日頃のPR活動やSNS等で自由に使って下さい。

画像1

こんにちは。三重県鈴鹿市を拠点にフォトグラファー&グラフィックデザイナーをやっている高井です。日頃はスポーツ写真や広告写真の撮影をしたり、広告や様々なグラフィックデザインの仕事をしています。

先日、Twitterで「平日限定でアスリートの日常(試合やプレー以外)の写真を撮りたいと考えていますがニーズありますかね?」とツイートしたところ多少反応をもらえたので、正式にリリースすることにしました。

完全に趣味の活動ですし(時効警察のオダギリジョー的なイメージ)、仕事ではなく撮影旅行みたいなものでリリースというほど大げさなものではないのですが、考えがあってトライすることなので、文章にして被写体を募集することにしました。

画像2

↑ ハンドボールウェアブランド・トランジスタさんの商品撮影。ハンドボール日本リーグ・トヨタ車体の藤本純季選手(https://twitter.com/junki07handball)2018年7月撮影

なんのために撮るのか?

カメラマンとして仕事ではいろんなものを撮っていますが、ボクは人間を撮るのが一番好きです。何度撮っても同じ写真は一枚もない。撮り手と被写体のコミュニケーション次第でいろんな表情を映し出すことができます。それがとにかく面白い。

また、日頃はサッカーとハンドボールの試合の撮影をしているので、現役アスリートに接する機会が多くあります。アスリートは日頃から色んなものを削ぎ落とし、時には犠牲にして競技に向き合っている。プレーしている時に輝いているのはもちろんですが、プレー以外でも人としての魅力や個性を強く放っている人物に出会うことが多いです。

「一人の人間として強烈な魅力を放つアスリートの姿を撮りたい」

人間は誰でも一生懸命に毎日生きているわけですが、自分が何者かを全力で主張できる人はそれほど多くないと思います。一方アスリートは明確な生き様がそこにある。純粋にカッコいいと思います。そしてカッコいい人を撮りたいと思う、それだけです。

なぜお金をもらわずに撮るのか?

日頃は仕事としてクライアントからお金を貰って写真を撮っています。ポーズ写真を撮ると5万円ぐらい頂いています。

なぜお金をもらわずに撮るのかというと…
・《お金を貰わない=無料》ではない
・写真を撮る対価として《アスリートの魅力》を提供してもらう

なので、あなたのアスリートとしての魅力にお金と同等、お金以上の価値を見出したいと思い、お金を貰わずにボクの持っている技術とクリエイティビティを提供しようという考えです。

画像3

被写体の応募条件

1)現役アスリート
2)SNS等で積極的に発信している人
3)明確な目標を語ってくれる人
4)ワクワクさせてくれる人
5)撮影は平日限定
6)相互無償
7)日本全国対象

特に項目4を大切にしたいです。リクエストを貰った人すべてを撮れるわけではないので、勝手ではありますがボクの主観で被写体は選ばせていただきます。

ですので、応募頂いた方のSNSアカウントやブログ、その他の情報を探しても競技結果や日常のツイートぐらいしか入ってこないアスリートにワクワクすることはありません、悪しからず。

画像4

↑女子ハンドボール日本リーグ・三重バイオレットアイリス所属/ハンドボール女子日本代表:石立真悠子選手(https://twitter.com/mayukoishitate)出身である筑波大学の情報サイト用にイメージカットを撮影(2019年10月)

撮影した写真の利用条件

・撮った写真は7枚のみ厳選してデータでお渡し
・自由に使っていただいて構いません。
・営利目的の場合は選手個人での使用に限定させていただきます。
・所属企業や所属チーム・団体の利益に直接つながる目的で利用する場合はご相談下さい。

SNSのアイコンや名刺、ブログのトップ画などに使ってもらえるとうれしいですね(^^)

なお、撮った写真は私も使わせていただきます。いまのところ営利目的での使用は確定していませんが、100人ぐらい達成したら写真集にしたいという淡い目標は立てていますので、写真を使わせて貰います(写真集を販売する可能性もあります)。

被写体の応募方法

上記の条件をご理解頂いた上でご応募ください。現役アスリートの方であれば競技やカテゴリーは問いません。Twitterでボクのアカウントをフォローしていただいて、DMにてご連絡ください。

Twitterアカウント⇒ https://twitter.com/JUN_MKTD

お返事させていく際の条件、優先順位は以下の通りです。

1)ワクワク度が高いアスリート(直感です)
2)東海エリアのアスリート(鈴鹿から距離が近い)
3)業務で行く遠征エリア付近のアスリート
4)スケジュールの調整がつきやすいアスリート
5)三重県出身者優遇制度あり(笑)

以上です。

ちなみに「平日限定」の理由ですが、週末土日のどちらかには必ずサッカーかハンドボールの試合撮影が入っており、週末撮影ができないためです。ご了承ください。

ただし、試合の遠征で行く地域付近の方であれば、空き時間に撮ることも可能です。ページの最後に直近の遠征予定をまとめましたので参考にして下さい。

カメラマン高井のプロフィールはコチラ

「マークスリーデザイン」という屋号で三重県鈴鹿市にて写真撮影・動画撮影・グラフィックデザインを手掛けるデザイン事務所を個人で運営しています。プロフィールはホームページにまとめてありますのでコチラからご覧ください。

↓ たかいじゅんプロフィール ↓

プロフィールページにも書いていますが、三重県のサッカークラブ「ヴィアティン三重(JFL)」女子ハンドボール「三重バイオレットアイリス(日本リーグ)」のオフィシャルフォトグラファーを務めさせてもらっています。

ヴィアティン三重では試合写真や選手のプロフィール写真、イメージカット撮影など、三重バイオレットアイリスでは試合写真、プロフィール、動画撮影等、すべての撮影を担当しています。

どんな写真を撮るかはホームページを見ていただくか、インスタを見てもらえばなんとなく感じていただけると思います。

画像6

↑ 元アパレル業(ジーンズのデザインなどやっていました)の経験を活かして、チームウェアのデザインも手掛けたりしています。

出会いと、写真と、ご当地グルメ

「こころを込めて(一定レベル以上の)写真が撮れる」というカメラマンのスキルをパスポート代わりに、まだ見ぬアスリートとの出会いを求める旅。一期一会にすること無く、出会ったことをきっかけにそのアスリートを応援したいと思います。

あと、撮影後に競技の話をしながらその町の美味しいラーメンや定食なんかを一緒に食べてくれたら喜びます(^^) さざえのつぼ焼きとか焼きホタテなんかは勘弁して下さい(貝が苦手なもので)小骨が多い魚も苦手です。

応募があるかどうかはわかりませんが、みなさんとの出会いを楽しみにしております。

画像7

直近の遠征予定

遠征で遠方に行く際は土日でも撮影できる場合があります。

2019年
・10月26日〜28日:千葉・茨城方面
・11月30日〜12月6日:熊本・九州のどこか
・12月24日〜28日:広島

2020年
・1月4日〜5日:鹿児島
・1月17日〜19日:広島
・2月1日:石川
・2月10日〜11日:山梨
・2月21日〜22日:鹿児島
・2月22日〜23日:宮崎
・2月28日〜3月1日:石川・富山

※遠征予定は変更になる場合があります、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
THANX★(´ε` )
49
MARK THREE DESIGN|Photographer|Graphic Designer|二児の父・三時のあなた

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 17191本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。