見出し画像

Wi-Fiが遅いフリーアドレスの原因と改善方法

MJE@最高のオフィスづくり

近年、より柔軟な働き方や社員間の交流促進を目的として、従来の固定デスクから、座席を自由に選べるフリーアドレス(フリーデスク)制を導入する企業様が増えています。

しかし、従来の有線LANよりも通信が不安定になりやすい無線LAN(Wi-Fi)の利用度合いが増えたことや、脱・紙文化によってクラウドサービスの利用が増えたことで、次のようなトラブルにつながるケースもあります。

● フリーアドレス導入で生産性UPのはずが、Wi-Fiが遅く非効率に…
● オンライン会議が何度も途切れてしまう…
● Wi-Fiを高速化したいが、どうすればいいか分からない…

フリーデスク制に向けて大きな投資をしたのに、通信環境で失敗に終わるのは避けたいところです。

今回は、社員の皆さんがホテルですぐできるWi-Fi高速化方法について、ご紹介します。

1.フリーアドレスのWi-Fiが遅くなる理由

Wi-Fiが遅くなる理由については、以前下記の記事でも取り上げましたので、よろしければぜひこちらもご参照ください。

こちらで取り上げた原因を、さらにフリーアドレスのオフィスの事例に合わせて具体的に説明すると、次のようになります。

①アクセスポイントが遠い/障害物がある

アクセスポイントと端末との距離が離れていたり、壁やドアなどの障害物が多いと、電波が届きづらくなり、通信速度が遅くなります。フリーアドレスのオフィスでは、広い空間に対してアクセスポイントの数が不足していたり、壁に囲まれた小部屋が多い場合は、電波が届きづらくなる傾向にあります。

②同時接続している端末が多すぎる

ルーターやアクセスポイントに同時に接続できる台数には上限があります。一般的に、家庭向けの製品なら10台~20台、法人オフィス向けなら数十台~などの接続端末数の上限があります。
フリーアドレスのオフィスの場合は、一時的に社員の利用端末数がルーターの接続上限を超えてしまい、通信が不安定になってしまうケースが考えられます。

③電波干渉が発生している

利用している端末の近くで電子レンジなどの電子機器やBluetoothなどを使用していると、電波干渉が発生し、ネットワークに接続できなくなる場合があります。これは、多くの電子機器がWi-Fiと同じ2.4GHz帯の周波数帯域を利用しており、電波がぶつかり合うためです。近隣で2.4GHz帯のWi-Fiを使用している場合も同様の影響が発生します。

④ネットワーク輻輳が発生している

「ネットワーク輻輳(ふくそう)」とは、「多くのデータアクセスが1か所に集中して混雑している状態」のことを指します。同じネットワーク内で多くの人が同時に大量のアクセスを試みると、ルーター、アクセスポイントなどのネットワーク機器への負荷が高まり、通信データ(パケット)が正常に送受信されず消失する「パケットロス」が発生しやすくなり、通信速度が低下します。
輻輳のメカニズムについての詳細はこちらをご参照ください。

2.フリーアドレスのWi-Fiを高速化する方法

Wi-Fiが遅いときの対処方法について、原因ごとにご紹介します。

①アクセスポイントの増設/中継器の設置

Wi-Fiは、障害物がなければ一般的に50m~100m程度の範囲で電波が届くと言われていますが、オフィス空間では壁や家具によって電波が弱まるため、電波状況に応じて、適度な距離間隔でアクセスポイントや中継器を設置することが良いでしょう。

②接続上限の多いネットワーク機器の導入

ルーター・アクセスポイントへの接続端末数が多すぎる場合、機器の見直しが必要です。法人向けのルーター・アクセスポイントであれば、接続台数が数十名規模~数百名規模まで、幅広く販売されています。宿泊者数や、通信ニーズに合わせて、最適なネットワーク機器を導入することで、通信を改善することができます。

③5GHz帯のチャンネル使用

電波干渉が発生している場合、Wi-Fiでよく使われている周波数帯の2.4GHz帯から5GHz帯にチャンネルを変更することで、改善される場合があります。5GHz帯は周波数が高く距離が遠かったり、障害物がある場合は電波が弱くなるという短所がありますが、一方で他の電化製品などと電波干渉が起こりにくいため、通信を安定化することができます。

④伝送データを調整する

上述の要因のほか、オフィス利用者が一時的に大量のデータを送受信したり、多くの社員が一斉に通信をすることで、ネットワーク輻輳が発生し、通信が遅くなるケースも考えられます。
従来では、こうした事態に備えて余裕をもってオーバースペックなルーターを購入するか、プロバイダーを見直すといった対処療法しかありませんでした。
しかし、より根本的な解決策として、帯域幅を最大限活用できるように通信データ(パケット)の送信量を調整することでネットワーク輻輳を防止し、通信速度を安定化させる「Tbridge(ティーブリッジ)」という装置が開発されました。
こちらについて、次章でご紹介します。


3.Tbridge(ティーブリッジ)のご紹介

「Tbridge」は、無線LANの状況を「把握→改善→安定化」するサイクルを自動的に繰り返すことで、「速度が遅い」「よく切れる」「つながらない」といった問題を解決し、安定的な無線LANの運用管理を可能にする無線LAN最適化ソリューションです。

機能① 無線LANの問題を可視化

Tbridgeは、無線LANの状況をリアルタイムで数値化・グラフ化するため、現在ネットワーク内でどのような問題が発生しているかを瞬時に把握することができます。

機能② 独自アルゴリズムでデータ転送を高速化

Tbridgeは、無線通信に特化した独自のTCPアルゴリズムにより、通信データ(パケット)の送信量自体を自動でコントロールし、ネットワーク輻輳を回避することができます。これにより、パケットロス、再転送、遅延を改善し、最大約3.5倍のデータ転送速度を実現します。

機能③ トラフィック制御

Tbridgeは、データ通信を自動調整することにより、容量の大きなデータ通信を行う端末による帯域幅の独占を防止し、安定した通信トラフィックを実現します。
以上の3つの機能で、Tbridgeはこれまでになかったアプローチでネットワーク輻輳の根本的な問題解決に貢献します。
また、Tbridgeはルーターとスイッチングハブ・アクセスポイントの間に接続するだけで利用でき、ネットワーク構成の変更が不要なので、スピーディに導入することができます。
今なら、2週間の無料トライアルキャンペーンを実施しているので、ぜひ下記サイトからお問い合わせください!


今回は、フリーデスクの利用シーンに向けて、Wi-Fiが遅くなる原因と対処法について紹介しました。「Wi-Fiが遅いな」と感じたら、上述のような対策をぜひ試してみてください。

【過去の記事】