ミズノキッズ【公式】

スポーツメーカーのミズノが、キッズの情報をお届けします。 「あそんで、のばそう。」がコンセプト。 子どもの「やってみたい」「できた」を引き出すお手伝いはお任せください!

ミズノキッズ【公式】

スポーツメーカーのミズノが、キッズの情報をお届けします。 「あそんで、のばそう。」がコンセプト。 子どもの「やってみたい」「できた」を引き出すお手伝いはお任せください!

    最近の記事

    固定された記事

    ミズノキッズ公式note、はじめます

    ご覧いただきありがとうございます! どうもはじめまして。ミズノキッズ編集部です。 スポーツメーカーのミズノ株式会社はご存知でしょうか。 この度、ミズノ社員の中でも「キッズ」にかかわるメンバーで、公式noteをスタートすることにしました。 ミズノと聞くと、何を思い浮かべますか? みなさんにとってどんなイメージなんでしょうか。 おそらく、アスリートのイメージを持たれる方が多いんじゃないかと思います。 「ミズノといえばスポーツ」のイメージをお持ちのみなさんにこのnoteを読

    スキ
    51
      • 親は「できた!」の立ち合い人だ

        子育て中のパパママには、様々な肩書があります。 例えば、 デパートに行けば「旦那さん」「奥さん」 会社に行けば「係長」「プロジェクトリーダー」などなど シーンに合わせて立場と呼び名が変わりますよね。 そんなパパママに、ぜひ名乗ってほしい新たな肩書があります。 子どもの「できた!」の立ち合い人 です。 ちょっとだけ大げさなこの肩書をしょって、子どもを見つめてみると いつもより子供の成長に気づいたり 思わず一緒にハイタッチしたくなったりするかもしれません。 ミズノキッズ

        スキ
        12
        • 子どもの足のサイズを測るって、どうして大切なの?

          適切なサイズのシューズを子どもに履かせてあげること。 そのために子どもの足のサイズを測ってあげること。 「大切なことなんだろうなぁ」とはなんとなく分かりますが、 「なんで大切なの?」とよく考えてみると、 実はよく分からなかったりしますよね。 今回は子どもの足のサイズについて考えてみましょう。 1.子どもの足はすぐに成長する 子どもの足長は 2歳ごろまでの成長が非常に早く、1年間で 1.5~2cm、 また2~3歳の1年間では約1cm のペースで成長すると言われています。

          スキ
          10
          • 【速く・かっこよく・面白く】ミズノ走り方教室 その4~スタートの巻~

            こんにちは、ミズノキッズ編集部です。 「速く・かっこよく・面白く!」が合言葉の、ミズノ松岡先生の走り方教室。 本日は第4弾、さっそくレッツゴー! 4.スタートの巻 ポイント 1.スタートの構え 2.スタートの音に反応 ***** 1.スタートの構え 一見かっこよく見える、このスタートの構え。 しかし松岡先生によると、もっともっと速くなれる「惜しい!」ポーズなんだとか。 どこが「惜しい!」のか、皆さんは気づきましたか? 正解は… 前に出る手と足が、左右逆

            スキ
            14

            【速く・かっこよく・面白く】ミズノ走り方教室 その3~脚上げの巻~

            こんにちは、ミズノキッズ編集部です。 松岡先生の「速く・かっこよく・面白く!」がテーマの走り方教室、3回目です。 姿勢、腕振りときて、今回のテーマはこちら。 3.脚上げ(あしあげ)の巻 それでは、いってみましょう! ***** 脚上げのポイントは2つ。 1.ももを高く上げる 2.脚を素早く入れ替える まず1つめのポイント。 1.ももを高く上げる 走るとき、みなさんの太ももはしっかり上がっていますか? 太ももが上がっていないと、地面に足がついた瞬間にうま

            スキ
            12

            【速く・かっこよく・面白く】ミズノ走り方教室 その2~腕振りの巻~

            こんにちは、ミズノキッズ編集部です。 「速く・かっこよく・面白く!」が合言葉の、ミズノ松岡先生の走り方教室。 本日は第2弾、『腕振り』がテーマ! 第1弾の『姿勢』編はこちらからチェックしてみてください。 今回はどんなコツを教えてくれるんでしょうか? ***** 2.腕振り(うでふり)の巻 腕振りの大切なポイントはこちらの3つ。 1.手がリラックスしていること 2.ひじの角度が90度 3.後ろに引く まず1つめのポイント。 1.手がリラックスしていること

            スキ
            8

            【速く・かっこよく・面白く】ミズノ走り方教室 その1~姿勢の巻~

            こんにちは、ミズノキッズ編集部です。 夏休みに入って、ウズウズしている子どもたちに朗報! 速く走るコツを大公開です。 この夏休みというせっかくのチャンスに、練習してみてはいかがでしょうか? ***** 教えてくれるのは、ミズノの松岡先生。 子ども向けのプログラムのリーダーとして活躍されています。 松岡式走り方教室の合言葉はこちら。 「速く・かっこよく・面白く!」 みなさん、準備はOKですか? それではスタートです! ***** まず、速く走るためには4つのポイ

            スキ
            24

            「スポーツを何のためにやるのか」について考えてみよう

            こんにちは、ミズノキッズ編集部です。 様々な競技やアスリート、そしてそれを楽しむ皆さんをサポートすることで、社会の役に立ちたい! そんな想いの社員がスポーツメーカーのミズノ(MIZUNO)には集まっています。 ところで、皆さんにとってスポーツってなんでしょうか? もちろんこの問いに正解はなく、ひとりひとりにとっての答えがあるのだと思います。 スポーツとの関わり方も、「する」だけでなく「見る」「応援する」「運営する」「教える」と様々です。 「つくる」なんて人もいるかもし

            スキ
            26

            おうちでもできる!運動あそび

            ミズノキッズのnoteでは、運動あそびのエキスパートである「プレイリーダー」についてお伝えしてきました。 今回はプレイリーダーから、おうちでできるオススメの運動あそびを2つご紹介します! どちらもおうちにあるものですぐにできちゃいますし、とっても盛り上がります。 お子様とぜひやってみてください(*^-^*) ********** 1.ひらひらキャッチできるかな? パパママがティッシュを上から落としたら、地面に落ちる前にキャッチ! 2枚重ねのティッシュは、1枚にはがす

            スキ
            8

            あそぶことってクリエイティブだ!

            「いつまでもあそんでちゃダメでしょ」と、小さいころに怒られて育った方も多いのではないでしょうか。 「あそび」という言葉は、時としてイタズラや悪さをイメージさせたり、未熟さを表現するときに使われることがありますね。 だからこそミズノキッズは「あそび」のポジティブな価値をしっかり伝えていきたいなと思っています! ******** 「運動あそびの価値って、一体何なんでしょうか?」とプレイリーダー(運動あそびのエキスパート)に聞いてみたことがあります。 プレイリーダーは「い

            スキ
            8

            「動きの質」に注目してみよう

            前回の記事で「36の動き」を紹介しました。 ミズノのプレイリーダーは、身体を動かす基本となる36種類の動作を意識することで、多様な動きを子どもから引き出しています! …というお話でした。 が! この36の動きをよくよく見ていると、気になることがあります。 36の動きのうち、「なげる」「うつ」といった動作は「遊びながら子どもに身につけてほしいな」と心から思えるのですが、 これ、遊ばなくても身につくんじゃない?という動きもチラホラ。 「たつ」「あるく」「もつ」って、

            スキ
            7

            幼少期に大切にしたい「36の動き」って?

            「36の動き」とは、いったいなんでしょう? ミズノの運動あそびのプロフェッショナル「プレイリーダー」が、子どもたちがからだを動かすプログラムをつくるときに、念頭においている考え方です。 人がからだを動かす基本となる、36種類の動きのことです。 このように一覧で見ると、多いですよね! だから、プレイリーダーは運動あそびの中で「多様な動き」を引き出すことをねらいとしています。 ひとつの動きに偏らないように、まんべんなく、バリエーションにとんだからだの動かし方ができるよう

            スキ
            19

            子どもと運動あそびをするとき、プレイリーダーが気をつけていること

            ミズノには、「運動あそび」を通じて子どもの発育をサポートするプレイリーダーというスタッフがいます。 プレイリーダーに 「子どもと運動あそびをするとき、何を大切にしているんですか?」 と聞いてみました。 すると、返ってきた答えはちょっと意外なものでした。 「教えないように気を付けています」 ********** 「運動あそび」では、楽しみながら体を動かすということを大切に考えています。 プレイリーダーは「やってみたい」という前のめりな気持ちを子どもたちから引き出そう

            スキ
            15

            「やってみたい」を引き出して、楽しもう

            ミズノキッズ編集部です。 ミズノグループには「プレイリーダー」というスタッフがいます。 「運動あそび」を通じて子どもの発育をサポートする、プロフェッショナルです。 プレイリーダーの皆さんとお話すると気づくのは、みなさんとっても明るい! そして盛り上げ上手!! なぜなんだろうと考えてみました。 プレイリーダーには「引き出す」ことが上手な人が多いからなのかもしれません。 ***** プレイリーダーは、子どもの気持ちや意見を引き出すことをとても大切に考えています。 「

            スキ
            20

            新製品キッズシューズを、発売前に履いてくれた会員さんの声(17cm編)

            ミズノから新たに発売したキッズシューズ、「ミズノプレモア」シリーズ。 発売前にモニターさんに試していただいた結果のご報告、その2です。 前回の記事はこちら。 ***** 17cmのシューズを5名のCLUB MIZUNO会員さんにお届けし、お子様に着用いただきました。 気になる「履きやすさ」についてのアンケート結果はこちら! ベロが大きく開くのでとにかく簡単に足を入れられる 自分でできた!と自信がついたようで毎日嬉しそうに履いています 「履きやすそうなシューズだ

            スキ
            9

            新製品キッズシューズを、発売前に履いてくれた会員さんの声(16cm編)

            ミズノキッズの新シューズ「ミズノプレモア」シリーズ。 実は、発売前に履いていただいた方々がいるんです! それはCLUB MIZUNO会員の皆さん。 ミズノの直営店や公式ネットショップで、1年以内にキッズシューズをご購入いただいた会員さんに、メールを送りました。 「発売前に、このシューズ、試していただけませんか?」 ***** この「ミズノプレモア」、従来のミズノのキッズシューズからデザインが大幅にチェンジ! 一方で気になるのが、従来のミズノのキッズシューズを使用

            スキ
            12