見出し画像

選んだ5枚のレコードはみごとにバラバラだけれど通奏低音は思い入れの深さかな。

1日1枚、レコードを5日間連続で紹介してください。ジャケ写やコメントはなくてもOKです。毎回どなたかにバトンを渡して指名してください。

GW真っ只中にFacebookともだちから「アルバムチャレンジ」というテーマのフリーバトンが回ってきた。

【きっかけ屋☆映画・音楽・本ときどき猫も 第88回】

十数年前に東京を引き払う時に何千枚かあったCDもレコードもほとんど処分してしまい、昨年大磯から三崎町に越した時に残った500枚ほどのレコードも手放したので現在手元にある20枚ほどのレコードから選ぶしかない。

どのレコードにもたっぷりと愛着はあるけれど我が生涯ベスト5といった趣のものではない。

多少手を加えてnoteでもご披露しますのでお目汚しを。

「アルバムチャレンジ」1日目
『ROMANCE IS ON THE RISE / Genevieve Waite』


第70回「むかしむかしハリウッドでこんなことがありましたとさ」にも書いた映画『ジョアンナ』の主人公を演じたジュヌヴィエーブ・ウエイトのレコードだ。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は1969年の3日間を描いたグラフィティものだからその年に公開された『ジョアンナ』の看板がハリウッドの大通りに立てられていてもおかしくはない。

ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオが乗る車が走り去る背景にほんの数秒映っただけでもタランティーノのこのセンスが好きだな〜と独りでニヤついてしまった。

映画好きと話が盛り上がることはよくあるけれど『ジョアンナ』を観た人とはほとんど出会ったことがなく「え〜、あなたあの映画観ていたの、良かったよね〜」と思わず抱き合わんばかりに喜びあえたのは10年ほど前に亡くなった映画評論家の今野雄二さんくらいだ。

最近では60年代カルト映画として語られるイギリス映画『ジョアンナ』(1969年日本公開)を今はなき渋谷東急名画座で観て主役のジュヌヴィエーブ・ウエイトに目は釘付けだった。

なんと可愛らしい!

まるで妖精のよう!

コケティッシュという言葉がこれほど似合う女性は他にはブリジット・バルドーしか思いつかない。

『ROMANCE IS ON THE RISE』はたった2本(3本とも言われている)の映画に出演しただけで女優を引退した妖精ジュヌヴィエーブ・ウエイトの唯一のレコードだ。

「夢のカリフォルニア」「マンデーマンデー」の大ヒットで有名なママス&パパスのジョン・フィリップスと結婚したこともあり、このアルバムは全曲ジョンのオリジナルで彼がプロデュースしている。

デビッド・スピノザ、ジョン・トロペイ、リック・マロッタ、ケン・アシャーなどそうそうたるミュージシャンが参加しジャケットはリチャード・アベドン。

一度しか聞いたことがないけれど持っているだけで嬉しい宝物だ。

後々ブロッサム・ディアリーやリッキー・リージョーンズやリサ・エクダールなどのアニメ声に惹かれてしまうのはジュヌヴィエーブ・ウエイト様の後遺症だね。


「アルバムチャレンジ」2日目
『加山雄三・魅力特集〜日本一の若大将』 
藝能フォノグラフNo.6
 
本日の出し物は昭和37年6月20日に株式会社サン出版社から発売されたソノシート。

1960年春東宝入社の加山雄三初のシングル盤「夜の太陽」が発売されたのは1962年7月でその一ヶ月前に発売された加山雄三の歌と演奏が収録された加山史上初の音盤だ。

映画「日本一の若大将」の撮影を終え、青山の国際ラジオ・センターに学生時代に結成したカントリー・クロップスのメンバーを集めて録音された。

画像1

○シート1〜ぼくの好きな歌〜
・ブルー・スエード・シューズ

・グリーン・フィールズ
(この曲で加山さんはギター、ベース、三声の歌を多重録音)

○シート2〜恋の歌〜
・バカはお互いさま(ア・フール・サッチ・アズ・アイ)

・アイ・ゴット・ゲット・トゥー・イエット

○シート3〜恋の歌2〜
・忘れじの君(アイ・フォア・ゴット・トゥ・リメンバー・トゥ・フォアゲット・ハー

・バイ・バイ・ラブ

○シート4〜シート・ドラマ 日本一の若大将

当時中学3年生だったぼくは池上線千鳥町駅前の吉田書房の店頭でこのソノ・シートを見つけ、慌てて家まで走って帰りお小遣いを握りしめて買いに行くほど加山雄三が大好きだった。

というのも、ぼくが映画にのめり込むきっかけは1962年春に公開された谷口千吉監督の『紅の空』。その映画で爆発トリオと名付けられた加山雄三、夏木陽介、佐藤允の3人に出会ったからだ。

最後までお読みいただき有難うございました。

残る3枚のアルバムのことは次回お読み頂けます。

お寄り頂ければ嬉しいです。

100,000字を費やした仕事史を電子書籍で販売しています。
Kindle Unlimitedでもお読み頂けます👇


2002年に書き始めたブログ「万歩計日和」です。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
有難うございます。しばらくお休みしますが再開後も宜しくお願い致します。
20
衣・食・住と医の結びつきに興味があり、世界を調律するためには自分の調律からというのがスローガンです。 本と映画と音楽・サブカルに興味があります。お付き合い頂ければ嬉しいです。