Sleep well

画像1

ここ最近、枕を使わなくなってきた。

この写真の女の子のように、両手を頭の上に伸ばして、布団の上に横になり、朝までぐっすり寝る。

朝、目が覚めると、静かに鼻呼吸をしている自分に気づく。体重が布団の上で均等に支えられ、体が柔らかくなっている。

枕は使わなければいけないと思っていたけれど、なくても大丈夫みたい。

むしろ、枕がないほうが体が伸びていて心地よい。

ずいぶん体が変化してきたなと思う。

5、6年前は、夜寝る時に、手を広げることができなかった。体が固まっていた

小さくなって、枕で頭の位置を固定して寝ていた。

今では大きくなって、手を広げて寝ている。

たぶん、肩の力が抜けて、背骨がまっすぐになったのだろう。

寝つきが悪い人はたくさんいる。枕が合わないと眠れない人もいる。

どうしたらSleep wellになれるか。

体を柔らかくすると良いかもしれない。

固まっている首や肩の筋肉がほぐれ、背骨が伸びて、柔軟になっていくと良いかもしれない。

子供の体を思い出すと良いかもしれない。

子供は大の字になって寝る。

寝相が悪くて、夜中動き回る。

動物のように眠ると良いかもしれない。

動物は枕を使わない。

枕を使わない方が自然なのかも。

Sleep well.

安らかな眠りを。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
カウンセラー、セラピスト、大学兼任講師、自由人
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。