旅と暮らしの交わるところ

139

もう失わない。

「一度出会ったら、人は人をうしなわない。」

江國香織の神様のボートに出てくる一説をつぶやいた。口に馴染ませるように、何度か。

厳密に言えば、私と彼が出会ったのではない。
私が彼に出会ったのだ。

あれは、渋谷のライブハウス。
別のバンドのライブを見に行ったら彼が歌ってたのだ。

オレンジや赤に染まるステージの中で、彼は静かに(音は大きいけれどその姿は静かとしか言い表せない)歌っていた。すーっと

もっとみる
わわわわわわわわわわわわ!!!!!!!!!!なんてうれしい!!!!涙
34

絶望は、殻を破って新しい自分になるチャンス

「先行きの見えない時代」
そんな言葉をこの数ヶ月で何回聞いただろう。

この先どうなるか分からない。
不安定で、確証もない。
自分が宙ぶらりんな気がする。
不安を打ち消そうとしても、
もやもやが残る。
楽しいこともあるけれど、
その根底に流れているのは言い知れぬ恐怖。
日々心配が募る。その気持ちに侵食される。
早く元に戻ればいいのに、そう焦る。

そんな気持ちの断片が、SNSやメールから日々発せら

もっとみる
な、なんていい人なんだろ…!!!素敵な1日になるに決まってる!
18

息苦しいのは場所のせいか

高校を卒業して、大学に行くというとき選んだのは地元の松本を出ることだった。松本が嫌だったわけでは決してない。そして行き先である東京に憧れがあったわけでもない。ただ、親の干渉から離れたかっただけで、行き先はどこでもよかった。ひとりで暮らしてみたかった。

東京に住むようになると、好きなものに没頭し、日々の小さな楽しみを満喫する毎日。その頃住んでいた文京区は、自然も文化もあって大好きだったけれど、松本

もっとみる
いい人すぎる(うるうる)
32

指の間をさらさらと流れ落ちてくのは記憶(2020/6/15-21の日記)

2020年6月15日(月)

春先に蒔いたパクチーの種。今は5cmくらいの高さになり、少しづつ葉を摘んで食べようかなという頃。鉢の縁に蟻と蜘蛛がいる。蜘蛛は縁の真ん中に居座り、蟻の行く手を阻んでいる。蟻は蜘蛛から逃げたり、回り道を探したり蟻同士で触覚を触れ合いながら何かを伝えている。

それを見た娘は、枝を拾い、蜘蛛をどかした。「これでありさんとおれるね」と。どうやら私たちの心の中には、弱い者を助

もっとみる
いい人すぎる(うるうる)
13

庭や散歩道で見つけた花を食卓に(食べる花の話)

いつも忙しく西へ東へ動き回っていた私だけど、この春夏は松本にもう3ヶ月もいる。自然に囲まれた環境の中で、ハーブの種を蒔いて芽が大きくなるのを愛でたり、庭で摘んだ花を部屋に飾ったりしていたわけですが、この春はそこから一歩進んでやってみたかったことにいくつかトライすることができました。

それは、花を食用として使うこと。

エディブルフラワーを使ったお菓子も巷では増えています。初めて見たときは私も感激

もっとみる
thank you sooooooooooooooooo much!!
14

ユニークであることが道を拓く

「マトリックスの世界は0と1の世界。AIに飲みこまれないよう、AIを使える人間であるためには、どれだけ人類がバグでいられるか。バグを残せるか。」
と、ある方が言っていたのを聞いて、この概念、いろんな話にも通ずるなあと思ったのでこのnoteを書いています。

私はこの10年間くらい、どれだけ「清水美由紀」と言う個人をレアカード化できるかと言うことを意識してきました。それは、どれだけ、人や常識に合わせ

もっとみる
わわわわわわわわわわわわ!!!!!!!!!!なんてうれしい!!!!涙
17

感覚を活かして表現していくために必要なこと

ある日、娘が作った工作を見ながら、保育園の先生が言った。

「割ときっちりしてる方ですよね。これをやってって言ったら、そこからはみ出さずにその通りしようとしますよ。」

って。
娘の作品は、先生の作った見本を忠実に再現しており、それを見た私は、娘の作品の精巧ぶりに感嘆していたのだけど、それを聞いた、他の子供のママさんたちが、

「え!みゆきちゃんはこんなに自由なのに?!」

と、びっくりしていて、

もっとみる
な、なんていい人なんだろ…!!!素敵な1日になるに決まってる!
22

芽が出るまでの準備期間

春先に、娘とタネを蒔いた。
コリアンダーとカモミール。

蒔いてしばらくは何の変化もなく、毎日水やりをしながら土を見守るだけだったけれど、ある日突然小さなかわいい芽を出した。

それからは次から次へと芽が出る。
コリアンダーは、蒔いたタネをそのまま頭にかぶって出てくるものもあって微笑ましい。

最近では本葉も出てきて、ようやくその植物らしい姿に変わってきた。

ところが、芽を出しているのは、コ

もっとみる
今日の運勢は…大吉です!
23

もっと魅力的な街に

この状況になってから、松本にずっといる。こんなにもずっと松本にいるのは、里帰り出産のとき以来かもしれない。広い自然の中を散歩したり、草に寝転んだりと、ありがたいことにストレスのない生活をしている。かなりアナログな世界で生きている。一方、オンラインで松本の方々がこの状況の中松本の街の文化を守るために出来ることはないかと模索し、実際楽しげな行動に移しているのも視界に入ってくる。その度、本当に松本の人っ

もっとみる
わわわわわわわわわわわわ!!!!!!!!!!なんてうれしい!!!!涙
13

心を緩めたい時に読む本 3冊

今読みたい本の紹介文を書いてほしいという依頼をいただき、今読みたい本はなんだろうと本棚を眺めた。

小説、料理本、ビジネス書、お花に関する本、写真集、アートブック…

ざっと本棚を見てみて、いくつか抜き出した本の共通点はこれだった。

「心が緩む本」

今のこういう状況もあるのかもしれない。
そうでなくても、日々は娘の声ややらなきゃいけないことで乱雑だ。

だから、本を開くときは軽い気持ちになりた

もっとみる
ツイッターでシェアしてもらえたら探しにいきます!
13