平熱と音楽と文章と 小田晃生×宮崎智之【4.17(土)21時〜オンラインイベント】
見出し画像

平熱と音楽と文章と 小田晃生×宮崎智之【4.17(土)21時〜オンラインイベント】

4月17日(土)21時〜、音楽家・小田晃生君と、双子のライオン堂さんのオンラインイベントに出演します。つまり今日です!   テーマは「平熱と音楽と文章と 〜"伝える"難しさと、可笑しさの先へ」。トークだけではなく、なんと小田君による弾き語りミニライブも開催されます。夜21時〜ですが、チケットを購入いただければ見逃し配信もあるとのことなのでぜひご予約を!

2021/4/17(土)21:00~
平熱と音楽と文章と  〜"伝える"難しさと、可笑しさの先へ 
小田晃生×宮崎智之  トーク&弾き語りミニライブ【オンライン開催】
http://ptix.at/mhh0xK

小田君とは十数年来の仲なのですが、僕の新刊『平熱のまま、この世界に熱狂したい 「弱さ」を受け入れる日常革命』(幻冬舎)と、小田君のニューアルバム『ほうれんそう』が同時期に発表されました。最近はご無沙汰してしまっていたけど、小田君の作品は常にチェックしていたし、作品を通して執筆活動に影響を受けてきました。そして、ニューアルバム『ほうれんそう』を聴いた瞬間、「このアルバムは、リスナーの僕にとってとても大切な作品になるだろう」と直感し、ずっとリピートしていました。グッときました。

と、いろいろ書いていたら、明日話すことまで延々と続いてしまいそう(笑)。なのでここでは簡単にお伝えしておくと、光栄にも小田君も僕の新刊を読んで、「 同じことをしようとしてる!」と思ってくれたらしく、配信のみのアルバムとは別に発売しようと計画していた、「ほうれんそう」のパンフレット 『HOHRENSOH WORDS & LYLICS BOOK』に収録する対談を申し込んできてくれたのでした。なので、今回は『HOHRENSOH WORDS & LYLICS BOOK』の発売記念を兼ねたイベントでもあるのです(対談の経緯や当日の様子は、こちらのコラムで読むことができます。もし宜しければ!)

小田君とお互いの作品について公開の場で話すのは、 今回が初めて。平熱でクリエイティブを続けていくこと、“ 伝える”ことの難しさ、可笑しさ、滑稽さ、 弱さのなかに宿る表現などについて語り、週末にみなさんがリラックスしながら、トークと音楽を楽しんでもらえるイベントにしたいと思います。

それでは、本日は小田君の音楽をゆっくり聴いて、明日に備えたいと思います。皆さんのご参加をお待ちしております。ぜひお楽しみくださいませ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2021/4/17(土)21:00~
平熱と音楽と文章と  〜"伝える"難しさと、可笑しさの先へ 
小田晃生×宮崎智之  トーク&弾き語りミニライブ【オンライン開催】
http://ptix.at/mhh0xK

画像1

(宮崎智之)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
フリーライター。1982年3月生まれ、東京都出身。著書『モヤモヤするあの人』(幻冬舎)、『吉田健一ふたたび』(冨山房)。TBSラジオ「文化系トークラジオLife」、bayfm「POWER BAY MORNING 」出演中。雑誌「ケトル」連載。「週刊読書人」等に寄稿。新刊鋭意執筆中