見出し画像

男女同権でも女権拡大でも無く、実は男尊女卑。日本のフェミニストの正体を語りたい

パテントマスターの宮寺達也です。

定期購読マガジン「パテントマスターは語りたい」の第7弾。今回は「日本のフェミニストの正体」を語りたいと思います(なお僕のオンラインサロン「パテント塾」に入塾すると過去記事まで読み放題です)。

2019年はフェミニズムが話題になった年だったと思います。

#MeTooが広まるきっかけになった伊藤詩織氏の準強姦被害の告発 。石川優実氏が職場でのハイヒール着用義務化に反対するために始めた#KuToo。

伊藤詩織氏は告発対象である元TBSワシントン支局長の山口敬之氏との民事訴訟の第1審に勝訴し、石川優実氏は#KuTooの活動によりBBCが選出している2019年の「100人の女性」に選ばれ、年末まで話題に事欠きませんでした。

この活動に触発されたのか、2019年はフェミニストを名乗る人達の活動、意見発信が活発だったと思います。

ただ僕は日本のフェミニズム、そしてフェミニストを名乗る人々にはずっと違和感を感じていました。なんというか、「何か違う」とずっと思っていました。

その違和感が象徴的に現れた事例が10月、11月に立て続けに起きました。

それが「宇崎ちゃんの献血ポスター騒動」と「負の性欲論争」です。

これらの事件は日本でフェミニストと呼ばれる連中、日本のフェミニズム運動は本来の意味である「男女同権主義」「女権拡張主義」とは全く別物になってしまっている事を示しました。それどころか、本来の意味を考えれば全く真逆の珍理論に墜ちてしまっています。

1. フェミニズムは「女性解放思想」がスタートなので、リベラリズム(自由主義)の系譜

この続きをみるには

この続き: 6,939文字 / 画像3枚
記事を購入する

男女同権でも女権拡大でも無く、実は男尊女卑。日本のフェミニストの正体を語りたい

パテントマスター・宮寺達也

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

パテントマスターの宮寺達也です。記事を最後まで読んでくださったあなた、本当にありがとうございます。

ありがとうございます!
6
パテントマスター/発明家/知財コンサルタント。2005年にリコーに入社し、特許を100件以上取得した実績でパテントマスターに。2016年に独立して特許の魅力を伝えるべくフリーで活動。現在、絶賛仕事募集中です。お仕事のご連絡はtatsuya.miyadera@gmail.comまで

こちらでもピックアップされています

パテントマスターは語りたい
パテントマスターは語りたい
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

初月無料。毎週日曜更新の有料note(300円)を月額購読できるマガジンです。パテントマスター・宮寺達也が「ブログに無料で書くのはもったいない」と思った知財・政治・経済・社会についての渾身の取材結果・考察を熱く語ります。さらに注目のニュースを毎日解説する無料記事が過去記事全て読めます。パテントマスターの全てを凝縮したマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。