2019年11月インプレッション

2ヶ月連続1000万インプレッション達成。twitterで真の発信力を手に入れた方法を語りたい

パテントマスターの宮寺達也です。

記念すべき定期購読マガジン「パテントマスターは語りたい」の第1弾。「パテントマスターなんだから特許の事を語れ」と3年前から言われているアドバイスを丁重にお断りして、今回語るのはツイッターの発信力を高める方法です。

「フォロワー数の違いが、 戦力の決定的差ではないということを教えてやる」

これが僕が「インフルエンサー」って呼ばれて上から目線でツイートしている連中に常々思っている事です。例えばブログならPV数が戦力になります、YouTubeもチェンネル登録数だけでなく「100万回再生」とか再生数が大きな戦力になってますよね。

そりゃそうです。ブログもYouTubeも結局はPV(視聴数)が収益に直結するんですから。

例えばあるユーチューバーがいて、チャンネル登録数が1万人とします。でも肝心の再生数が100切ってて収益が10円だったら誰もそいつをインフルエンサーとは見なさないでしょう。

ツイッターは違います。アナリティクスで自分のツイートのインプレッション(視聴数)はわかりますけど、他人のツイートのインプレッションは見えないんです。だからフォロワー数、RT数、いいね数でマウントを取ることになります。

でもおかしくないですか?ツイッターも当然、同じ現象が起きるんですよ。フォロワー数だけやたら多いのに肝心のツイートは全然読まれてない、中身スカスカのインフルエンサーが。

こんな理不尽はツイッターだけですよ。

1. 手っ取り早いフォロワー数の増やし方は「○○の徹底的なアンチ」になる事

この続きをみるには

この続き: 10,526文字 / 画像3枚
記事を購入する

2ヶ月連続1000万インプレッション達成。twitterで真の発信力を手に入れた方法を語りたい

パテントマスター・宮寺達也

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
パテントマスター・宮寺達也

パテントマスターの宮寺達也です。記事を最後まで読んでくださったあなた、本当にありがとうございます。

ありがとうございます!
3
パテントマスター/発明家/知財コンサルタント。2005年にリコーに入社し、特許を100件以上取得した実績でパテントマスターに。2016年に独立して特許の魅力を伝えるべくフリーで活動。現在、絶賛仕事募集中です。お仕事のご連絡はtatsuya.miyadera@gmail.comまで