見出し画像

中曽根元首相死去に思う。「憲法改正にこだわらなくても良い」という思いを語りたい

パテントマスターの宮寺達也です。

定期購読マガジン「パテントマスターは語りたい」の第8弾。今回は「憲法改正」を語りたいと思います(なお僕のオンラインサロン「パテント塾」に入塾すると過去記事まで読み放題です)。

2019年11月29日、「あと1ヶ月で令和元年も終わってしまうのか」と年末の気配を感じ始めた日に突然の訃報がやって来ました。

それが中曽根康弘元首相が老衰で死去されたというニュースでした。中曽根元首相が総理大臣だったのは1982年~1987年なので僕は2歳から7歳の頃です。直接に中曽根元首相が総理大臣だった時の事はほとんど覚えていませんが、それでも「中曽根総理」という言葉の響きは頭に残っているものです。それくらい、印象的な政治家でした。

その中曽根元首相がライフワークにしていたのが「憲法改正」です。中曽根元首相は2003年に政界を引退しましたが、その後も自主憲法制定を目標に亡くなる時まで新憲法制定議員同盟の会長を務めていました。

ただ僕はそんな中曽根元首相が亡くなられたとき、思ったのです。

「中曽根元首相でも生涯を掛けて成し得なかった憲法改正を、今の安倍政権が実現しようとしても本当にできるのだろうか?仮にできたとしても、もの凄い代償を払う事になるのではないだろうか?その代償は果たして憲法改正のリターンに見合うものなのだろうか?」

この続きをみるには

この続き:11,680文字
記事を購入する

中曽根元首相死去に思う。「憲法改正にこだわらなくても良い」という思いを語りたい

パテントマスター・宮寺達也

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

パテントマスターの宮寺達也です。記事を最後まで読んでくださったあなた、本当にありがとうございます。

ありがとうございます!
パテントマスター/発明家/知財コンサルタント。2005年にリコーに入社し、特許を100件以上取得した実績でパテントマスターに。2016年に独立して特許の魅力を伝えるべくフリーで活動。現在、絶賛仕事募集中です。お仕事のご連絡はtatsuya.miyadera@gmail.comまで
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。