沖縄発!Webライティング講座『みやねえ講座』

4
ノート

活動の目的とその理由を言語化する大切さ

「こんなことをやりたい!」

急に思い立って行動することがある。失敗と歓喜を繰り返して達成感なんて言葉はどこへやらひとり反省会して、モヤモヤをちょっぴりのアイデアに変えていく。そんなことを毎回繰り返しているものの、その場ですぐに言語化する習慣のない私は、それらのアイデアを瞬殺で宇宙の彼方に葬り去ってしまうのだ。

ああ、もったいない。

沖縄のライターコミュニティ「OKINAWA GRIT」代表、

もっとみる
ひゃあー。うれしいよう!!
4

【2019年改訂版】20媒体以上で書いた現役ライターが語る、読まれるグルメ記事の作り方(Webライティング・初心者向け)

『主観 or 客観!?』

文章を書く時、主観と客観のどちらで書いていますか?

一般的に『ライター』と呼ばれる職業は「客観」で書くことが多く、自分の好きなネタでは書けない、とも言われています。ライターにもさまざまな仕事があるので一概には言えませんが、20以上の媒体で執筆した経験から言うと、やはり「客観」で書く記事が多いと感じています。

いろんな文体にチャレンジしたいため、あまり型を決めずに書い

もっとみる
な、なんと!ありがとう〜!!
24

Webライティング講座を有料化する理由

沖縄でもライター志望の需要が高まってきたのか、2018年度に2度開催したWebライティング講座「みやねえ講座」では、約30名の受講生が集まってくれた。

もともとの知り合いというよりは、SNS経由で集まった人たちが多くて「#ライター交流会 in 沖縄 Vol.1」に参加した経由で講座の存在を知ってくれた人もいた。

2015年からWebライティング講座をスタートして、最初は知人だけに声をかけたのも

もっとみる
次のブログも頑張るマン🎶
8

Webライティング講座を始めたキッカケは、実にシンプルだった

2015年のある日、Facebookのメッセンジャーでいきなり飛んできた、ある女子大生からのメッセージ。

「みやねえさん、ライター講座とかやってないんですか?教えてほしいんです…」

誰だろうか、この子。
彼女の名前を見ても、全く記憶になかった。

すると、本人から簡単な自己紹介があり、「ああ、あの時会った子かあ…」とすぐに思い出した。

彼女との出会いはわりと鮮明で、私があるイベントに参加した

もっとみる
な、なんと!ありがとう〜!!
9