ミックスボイス養成講座
見出し画像

ミックスボイス養成講座

画像5

追記 :5月現在 200部突破しました。

たくさんのご参加ありがとうございます。

---------


こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

ミックスボイスは

やり方が間違っていれば、1年やろうと5年やろうと

10年やろうと

上手くいくことはない、難易度の高いスキルです。


ですが、きちんと基礎から訓練を積んでいけば

誰でも才能に関係なく習得できるのもまた

ミックスボイスです。


そこで今回は、ミックスボイスを習得するための方法

をお話していきますので、最後まで読んでみてください。

土台なきところに応用なし

なぜ、センスのかけらもない僕がミックスボイスを習得できてしまったのか。

それは、

ミックスボイスを習得するための「土台」をガチガチに固めてきたからです。

具体的には、

喉のパーツを

• バラバラに分離して、(パーツの分離)

• 鍛えて(パーツの強化)

• 調整する (パーツの調整)

この3つのステップですね。


僕は、この3つのステップを教えてもらった

その日から、馬鹿の一つ覚えみたいにやり続けました。


そうやって、

ミックスを習得するための土台をガチガチに作り込んできたからこそ、

才能のかけらもない僕でもあっさりミックスボイスを習得できてしまったわけです。


でも周囲の人を見渡してみると、


で、どんな練習していたのか聞いてみると、

正直、

土台を作るステップをすっ飛ばしてる人ばかりなんだな…

と感じています。


たとえば、

いきなり、小声で地声と裏声を繋いだり、

裏声にエッジボイスを混ぜてみたり、

とにかく鼻に響かせてみたり。


僕もやっちゃってたから分かりますけど、

これって、全部"仕上げ"の段階の話なんですよ。汗


基礎が全部固まって、さあこれからミックスの練習をやろう!

ってステージ感の話です。


土台がない状態でやるのは、意味がない

というか、もはや無謀です。


たとえるなら、

パーツの分離や強化をすっ飛ばすのは、

これから家を建てるってときに、

「んーー、、、この木材はめんどくさいから組まなくていっか!」

と適当に骨組みを組むようなものです。


そんなに土台がグラグラしているのに、

壁紙は必死にかっこいいのを選ぶ、

キッチンはスタイリッシュにこだわってみる。

みたいな。

最後の仕上げだけに集中してしまう。


それじゃ

仮に外観が整ったように見えても、その家は必ず倒壊します。


ボイトレで言うなら、

・小声のミックスからライブで使えるミックスにできなかったり、

・どんなに練習しても地声感が出なかったり、

・裏声の音域が伸び悩んだり。


「嘘だろ?」と思うでしょうが、

最悪、裏声が出なくなることすらありますからね。


そんな例、いくらでも見てきました。


だからこそ、

ちゃんとミックスを習得するための土台から固めましょう。

と口酸っぱくお伝えしているわけなのです。

●100年以上前に確立された発声訓練法

そして驚くかもしれませんが、この3つのステップは

100年以上も前に確立されているんですよ。


正直、

僕が編み出したわけでもないし、僕が発明したわけでもないです。w

せっかく先人たちが、発声の能力を向上させる

型を確立してくれたんです。


その型に沿って、丁寧にボイトレしていけばいいと思いませんか?


でも、残念ながらこの型は忘れ去られて、

今やいきなり

仕上げのテクニックの練習から入るのがスタンダードになってしまっています。

あれこれと、いろんなことに悩むよりも

素直に型どおり実践していくのがベストなのです。

● 自ら声を悪化させる人たち

昨日、カウセリングで

「5年もボイトレやっているのに、未だにミックスボイスができません。」

と悩んでいる人にたっぷり話を聞かせてもらいました。


彼はすごい努力家で、

毎日のように自分の声を録音していたので、トレーニングの音声を聞かせてもらったんです。


そしたら、なんとですね。

ちょっとずつですが、

ミックスボイスの完成に近づいていたんです。


彼が無意識にやっていたトレーニングが、奇跡的に彼の喉の状態にカチッとハマっていたからですね。


でも彼は、なぜか

ミックスを掴むまであとすこしのところで

「別のトレーニングを追加した」

と言うのです。


僕はそれが不思議でしょうがなくて、思わず質問しました。

「なぜ、うまくいっていたのに別のトレーニングを加えたんですか?」


と。

そしたら彼はこういうのです。


「換声点で声がブルブル震えたので、やり方が間違っているのかと思ったんです。


だから他のトレーニングで修正しようとしたんです。」

僕はこれを聞いてハッとしました。


"うまくいっていることに気づかない"

のはとてつもない恐怖だ。

と。


というのも、彼の声の震えは"間違った声の震え"ではなくて

"正しい声の震え"だったからです。


いわば、ミックスに必要な筋肉群がバランスを取ろうとしているときに生じる声の震え。


綱渡りでたとえるなら、

落下しそうになりながらも、両手でバランスをとりながらヨロヨロ歩けるようになってきた段階ですね。


だから、本当なら「ミックスに近づいているぞ!」とガッツポーズしていいくらい喜ばしい状態なんです。



実際、僕の声が”正しく震え"出したとわかったときは、

「やったああああ!ミックスに近づいてるサインだな!」

と1日中ウキウキしてましたから。笑


でも彼には、その知識がなかった。

だから、"正しい声の震えと、間違った声の震えの違い"

が分からなかった。


だからこそ、他のトレーニングを付け加えて

今までのボイトレの効果を台無しにしてしまったわけです。


実際、あのまま適切なタイミングまでトレーニングをやっていたら、

長くてもあと3ヶ月もやっていれば、低音と裏声がズルズルと繋がってたでしょう。

3ヶ月で済むことを3年に引き伸ばすのは、あまりにももったいないと

思うんですね。

知っているか、知らないか。


たったそれだけの知識の差が、彼を3年間苦しめた魔物の正体だったのです。


こんなふうに、ほんのちょっとのやり方の差が

声を悪化させてしまってるケースは多いです。あまりにも多すぎます。



・トレーニングの順番を入れ替えるだけで、地声感が出たのに‥

・あと1ヶ月トレーニングを早くやめていたら、地声と裏声のバランスが整ったのに…

・あと一音最高音を下げて練習していれば、うまく筋肉が育ったのに…


何年もボイストレーナーをやってるとそんな人たちをゴロゴロみてきています。


みんな一生懸命頑張っているのに、頑張り方を間違えてしまっている。

いや、間違えているというか、そもそも知らない。

だからこそ、僕は頑張る方向性を伝えていきたいと思っているのです。

ミックスボイス養成スクールの内容

ミックスボイス養成スクールは、

ミックスボイスの習得を徹底的に学べる、オンライン完結型

"オンラインスクール"です。


コンテンツは、

パーツの分離

パーツの強化

パーツの調整


の、3編構成で成り立っています。


この型を深いところまで徹底して学んでいくことで、

ミックスボイスを習得して、一気に歌唱力を引き上げていきます。


また、全3時間以上に及ぶ動画コンテンツ

を専用の会員制サイトの中に詰め込んでいます。

【実際の会員制サイト】

画像3


また100ページをゆうに超える解説PDFも収録しており、図解などで分かりやすく


ボイストレーニングを理解することができます。

故に、24時間365日、いつでもどこでも好きな時間に繰り返し


質の高いボイストレーニングを受講することができます。


さらに、ここではコンテンツの中身を一部ですが、解説していきます。


ぜひ参考にしてくださいね。

■ ミックスボイスの習得を一気に加速させる仮声帯の分離

(同時に余計な声のバリバリ・ガラガラ感も解消します)


声を出すための声帯というパーツがありますが、その少し上に”仮声帯”というパーツがあるんですね。

実は、この仮声帯が声帯の近くにあるせいで、

声帯の動きを邪魔してしまうことが多いのです。

だからこそ、声帯がスムーズに動くように、しっかりと


仮声帯を声帯から離してあげる専門的なエクササイズをすることで、


一気にミックスボイスの習得に近づいていきましょう。

■地声のような力強い高音を習得するために必要な方法


地声のようなミックスボイスを習得するためには、声を出すための2枚のパーツである”声帯”を


しっかりと接触(くっつける)させる必要があります。


その一例を、特別にここでお教えします。


例えば、テーブルなどの重いものを持ち上げようとした時、「ヴ!!」と声が出た経験があると思いますが、


あの時、自然に、


(重い物を持ち上げようとして)身体に力が入る  → 間接的に声帯をくっつけるという動きをしているんですね。

このように、間接的に声帯をくっつける方法は他にもいくつもあります。


その方法を丁寧にお教えしましょう。

■「口の形が変わると、歌いにくい・・・」を改善する方法


たとえば、口の形が「ア」なら歌いやすいのに、「イ」になると、急に高い声が出しにくくなった、、


と思ったことはありませんか?(人によって、出しにくい母音は違いますので、これは一例です)


なぜ、こんなふうに、口の形によって歌いやすさが変わってしまうのでしょうか。


それは、口の形と喉の動きは連動しているからです。

たとえば、「イ」という母音は喉を上げやすくしますし、「オ」という母音は喉を下げやすくします。

こんな風に、口の形につられて、喉が一緒に激しく動いてしまうから、口の形が変わると喉も一緒に暴れて、とても歌いにくくなってしまうんですね。


そこで、口の形が変わっても、喉が一緒に暴れないように、口の形と喉の動きを切り離す専門的なトレーニング方法を詳しく解説します。

■ 「小さい声なら地声と裏声が繋がるんだけど、、カラオケで使えるミックスにならない!」

を解消する方法


家のお風呂などで、小さな声だとミックスになるが、カラオケに行って大きな声を出すと


ミックスできないというお悩みは多いです。

その理由は、大きく2つ。


① 地声系の筋肉のバランスと、裏声系の筋肉のバランスが取れていない


② そもそも小さな声でもミックスされていない

これらの問題を一気に解消する科学的根拠のあるボイストレーニングを提供します。

■  ミックスボイスが気持ち悪い声になるときにするべきこと


ミックスボイスがキンキンしたり、なんだか声に聞こえない気持ち悪い声になって悩んでいる


…という方は多いと思います。


それは、声帯と仮声帯のバランスが〇〇になっているからです。


そのバランスと、改善方法を解説します。

■ ”声を大きくしないで”爆発的な声量を獲得する方法


「一生懸命大きな声を出しているのに、全然遠くまで響く声にならない・・」という悩みを解決するには、


大きな声を出さないで、遠くまでよく響く声を出せるようになる必要があります。


「そんな無茶なことできないよ」と思いますか?


それができるのです。


なぜなら、人間には音が特別大きく聞こえる周波数帯というものがあるからです。


(だいたい2000Hz〜4000Hzと言われています。)


つまり、その人間が声が大きく聞こえる周波数に近い声を出す練習をしてあげれば、


声そのものの大きさを大きくしなくても、楽に遠くまでより響く歌声を手に入れることができるということです。


日本ではまだ取り入れられていない、海外発祥のトレーニング方法をこの講座ではお教えします。

■ 裏声に近い美しいミックスの習得をする時の決定的な落とし穴


スピッツ 草野さん 平井堅さん EXILE ATSUSHIさんなど、裏声系統のミックスボイスを


習得する時、絶対にやってはいけないあるアプローチがあります。


どうすれば、美しくもパワフルな裏声系ミックスを習得することができるか。


具体的なトレーニング方法を丁寧に解説します。

■ B4(hiB)あたりまではミックスで出せるが、それ以上が出ない時の対処法

「この声は絶対に地声ではない!でもB4くらいで音域が頭打ちになる!」


こんな症状を僕は何度も見てきました。


そして、その原因はただ一つ、2つ目の換声点を克服できていないからです。

2つ目の換声点、2nd Bridge(セカンドブリッジ)を克服するためのノウハウを知れば、


最短でB4以上を地声のような高音で発声できるようになっていきます。


その方法を講座で解説していきます。

■ 太い高音を出すための喉のポジション


よく太い高音を出すには、「喉を下げろ」と言いますが、本当に喉を下げた声で歌ったらどうなると思いますか?


まさに、ボビー・オロゴンや中尾彬氏のような、野太くてモッサリした声になってしまいます笑


とてもじゃないですが、ポップスやロックなどをカッコよく歌える声じゃありません。


そこで必要なのが、”喉は下げずに太い声を出せる喉のポジション”を早く知ることです。

この喉のポジションは大変特殊で、理解できていない方がほとんどなのですが、その太い声を自然に出せるポジションを教えます。

早ければ、その日のうちに太い高音を出せるようになるでしょう。

■ ミックスボイスを正確に判定する方法

自分でミックスボイスができているかどうか判断できない…という方は多いと思います。


ですからこの講座では、


ミックスボイスができているのか、できていないのか。


はっきり分かりやすく判別できる方法を解説します。ぜひ参考にしてください。

■ 不安定な高音(ミックス)を劇的に安定させる方法

たとえミックスボイスの習得に成功したとしても、習得したてのミックスボイスは不安定なものです。

「ミックスボイスなのに声が裏返る」

「ミックスボイスが震える」

こんな症状はよくあることです。


しかし、それは〇〇〇と〇〇のやり方を改めれば、改善することなのです。


そこで、この講座では習得したミックスボイスをさらに安定させて揺るぎない発声に導く方法を教えます。


これで歌で使えないミックスボイスとはおさらばできるでしょう。

■ 最後までバテずに歌いきれる息の使い方とそのトレーニング方法


一曲歌っていると疲れてしまって、歌いきれないことってありますよね。


もちろん、それは発声に問題がある場合が多いですが、呼吸の面からも改善することができます。


具体的には、余分な息を吐きすぎないように、身体の中に息を”ホールド(溜めておく)”しておくのです。


息を身体の中にたっぷりと残しながら歌うことで、息切れからも解放されて、一曲を通してバテずに楽々歌えるようになっていきます。


その息のホールドの仕方をこの講座では丁寧に解説していきます。

いかがでしょうか。


講座の一部をご紹介させていただきましたが、相当に濃い内容であると自負しています。


ぜひ何度も繰り返し読んで学んでいただけたらと思います。

注意点:本気でミックスを習得したい方向けの講座

今回は、あえてハッキリ言いますね。

ミックスボイスは

1日、2日ちょちょっと練習して習得できるスキルではありません。


だからこの講座でも、裏技ではなく正攻法でミックスを習得することを推奨しています。

(というよりも、裏技なんてものはありません。あったらみんな習得できてます)


だからもし、

「今すぐにでもミックスを習得したい!」

「なんでも良いからはやくミックスのコツを教えてくれ!」

と思うなら、この講座は向きません。

参加しないことを強くお勧めしておきます。


お互い不幸になるだけですからね。


ただし、コツコツと発声の土台を作ることができる。

地道な努力ができる人にとっては、最高の講座になるでしょう。

そのことは少なくともお約束できます。


本講座では、効果が出るなら厳しいこともバンバン教えていくので、

本気でミックスボイスを習得したい方のみ参加してください。

ご理解よろしくお願いします。

参加費

参加費は9,800円です。

レッスン2回以下の金額で提供しようと思ったのは、

ひとりでも多くの人に、自由に歌う喜びを知って欲しいと思っているからです。

だからこそ、この価格が少しでも高いと思った方は

参加しないでください。

がっつりとミックスを学んでいく覚悟がある。

この講座の価値を感じてもらえる方のみ参加していただければと思います。

参加はこちらから

ステップバイステップで成長できる講座設計

どんなふうに講座が進んでいくのか。説明していきます。


まず最初に、喉のパーツを徹底的に、バラバラにします。

正直、これだけでも一気に音域が伸びた人を

何人も見てきました。

注意点を見ながら、丁寧に喉の整理をしていってください。


次に、バラバラにしたパーツを

鍛える方法を学びます。


さっきもお話しした通りで

分離するだけでも、どんどん声が出しやすくなるのですが、

さらに、発声の土台を強固にするために分離したパーツをバキバキに鍛えていきます。

「これでミックスボイスが習得できないわけがない」

そんな確信を持てるほどの盤石な土台を構築していきましょう。


そして、最後に徹底的にミックスボイスのトレーニングを積んでいく。

そんな流れで進めていきます。


講座を提供していく僕としても、

どうせやるなら、はやくミックスボイスを習得して

自由に歌えるようになってほしいです。

だからこそ動画を順番に視聴して、焦らず順番通りにトレーニングを進めていってください。

ボイストレーナー/ボーカルトレーナー  金子太登

よくある質問

よくいただく質問に全てお答えしました。ぜひ、参考にしてください。Q.初心者でも大丈夫ですか?

A. むしろ、初心者の方にこそ参加して欲しい講座です。


結論から言ってしまうと、初心者の方でも大丈夫です。


というよりも、むしろ初心者の方にこそ参加してほしい講座です。

初心者の方は、特に発声のパーツがごちゃごちゃに絡まったりする危険性が高いですし、


最悪ミックスボイスの習得が困難になるなど取り返しがつかないところまでの


発声障害になる可能性も、上級者の方と比べて高いです。


だからこそ、これからボイストレーニングを始める段階で、喉を自由にしていくことができれば、


他の選択肢に寄り道することなく、一直線に圧倒的な歌唱力にたどり着けるでしょう。

Q.女性でも参加できますか?


A.はい、参加いただけます。


女性の方ももちろん、参加いただけます。


というよりも、僕のレッスンや講座では、ノウハウを男性用・女性用と分けることはしていません。


発声気管の細かい違いはありますが、本質的な喉の仕組みは同じだからです。


男性でも女性でも効果を見込める「自由な喉」養成講座で、ぜひ圧倒的な歌唱力を手にしてください。


Q.時間がないのですが、大丈夫ですか?


A.大丈夫です。


時間がないというレベルにもよりますが、一日5分以上時間を取れるのであれば、問題なくトレーニングを進めていけますし、効果を期待できます。


あなたのペースで着実に喉を自由にしていってください。

Q.公式LINEやブログ(動画)の内容とは違いますか?


A.違います。喉の機能を徹底的に高める濃い内容となっています。


もちろん、公式LINEやブログの内容も勉強になるノウハウや考え方をお伝えしている自負があります。


しかし、当講座ではより具体的に、深いところまで喉の機能を高め、

圧倒的な歌唱力を手に入れるために必要な知識を学んでいただけます。


ぜひ、あなただけの「自由な喉」を手にし、あなたの叶えたい夢を叶えてください。

Q.元の声がとても低いのですが、参加しても大丈夫ですか?


A.全く問題ありません。ぜひ、一緒に自由な喉を構築しましょう。


元の声が低いから、ミックスボイスを習得できない。


元の声が低いから、歌が上手くなれない。


そんなふうに思われている方が多いのですが、全くの誤解です。


喉の構造上、そんなことはありえません。

正しい訓練を淡々とこなしていけば、どんな楽器であったとしても、ミックスボイスをはじめとする全ての技術は身につきますし、圧倒的な歌唱力は手に入れることができます。


一緒に頑張りましょう。

Q. 高齢ですが、参加しても大丈夫でしょうか。

A.ボイストレーニングに年齢は関係ありません。

ボイストレーニングは、スポーツのように身体能力が結果に直結する分野ではありません。

僕の生徒さんは、適切なボイストレーニングをすることで、

「むしろ10代・20代の頃よりも声が若々しく張りのある声になった」と仰っていますし、週1日のボイトレでもその素晴らしい歌声を余裕を持って保つことができています。

ただ、始めるのが早ければ早いほど結果が出るのは早いので、

今この瞬間から適切なボイストレーニングをして、早く理想の歌声を手に入れましょう

Q.ボイトレで個性が失われないか心配です。

A.むしろ個性を形作っていくのがボイストレーニングです。

確かに、「絶対こう歌いなさい!」といった画一的な指導であれば、

生徒さんの個性はものの見事に失われてしまうでしょう。

しかしこの講座で目指すのは、あくまでの喉の機能を根本から高めることであり、

歌唱の選択肢を大幅に増やすことです。

例えば今まで地声で高音を発声できなかった人が、地声で高音を出せるようになれば、

”溢れる感情を爆発的に表現できる”という武器ができますよね。

他にも、ビブラート、フェイク、声量、声質の自由な変化…etc

歌唱の選択肢を無限に増やしていくことができるわけです。


ですからむしろ、様々な武器を組み合わせたり取り外したりできるようになる意味で、あなただけの個性を磨いていくのがボイストレーニングです。


適切なボイストレーニングはあなたの個性を取り去るものではありません。

あなたの手札を大幅に増やすためのものです。安心してご参加ください。

Q. 声を出せる場所がないのですが大丈夫ですか?

A. 短い時間であっても効果の出るトレーニングとなっております。

率直に申し上げて、声を出すための場所は必要です。この講座では

大きな声を扱うトレーニングも多数収録しているからです。

ただ、この講座はたとえ週1日の訓練であったとしても効率的に成長することができるように設計してあります。

ですから、短時間でもカラオケやスタジオに時間的、金銭的投資をしていただけるのであれば問題なく進めることができます。

最後に

もうわかるかもしれませんが、

僕はこのご案内をかなりレベルの高い方に向けて、好き勝手になぐり書きしました笑


もちろん、レベルが高いというのは歌唱力の話ではなくて、


理論的で一見分かりにくい本質的なノウハウが本当の意味で効果のあるボイストレーニングだと

理解している方だということです。


そもそもここまで読み進めている時点で、(偉そうな言い方ですみませんが)

相当に本質を理解するレベルが高いのです。


まず間違いなく、”後はやれば上手くいく方”だと思います。

もちろん、やるかどうかは自由なのでお任せしますが、

本気で歌唱力を高めたいのであれば、

ぜひ僕と一緒に、着実に歌唱力を高めていき、

そのさきの音楽ライフまでガラリと変えてしまいましょう。


講座でお待ちしています。

最後までご覧いただいてありがとうございました。


ボイストレーナー 金子太登

参加はこちらから


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ボイストレーナーです。都内で対面レッスン・スカイプで全国のクライアント様にレッスンをしています。