見出し画像

気温差の激しいC2への道

本日は2020年5月15日です。7年前の今頃僕たちは、C1からC2を目指して歩いていました。標高差はそれほどでもないのですが、正面にローツェ、右手にヌプツェ、そして左手にエベレストの西陵と言う、巨大な壁に囲まれています。そして太陽が真上に行くと、そこは灼熱の白い砂漠になるんですよね。昼間は30℃〜40℃、プラスです!そして夜はマイナス30℃。寒暖差にすると60℃ある、と言うことで、体調管理には体調の管理にはとても気を使いました。
寒暖差の激しい今日この頃ですけれども、皆さん元気にやっていますか。くれぐれも体調に気をつけて、皆さん、トレーニング頑張ってください。

本日のMIURA流クライムビクス

※本日から、メイン運動は登山を想定して、ザックを背負って行なってみましょう!!

【準備体操】
  登山体操・・・リズムよく、楽しくトレーニングしましょう

【メイン運動①】 
  ①ウォーキング・・・1.8km
  ※もしくは以下の②か③より選択してください
  ②スロージョギング・・・10分間(5分間×2セット)  
  ③階段のぼり・・・20階分、もしくは踏み台昇降・・333回分
  
【メイン運動②】 
  クォータースクワット・・・40回×3セット
【補助運動】
  ショルダークライマー・・・10回×2セット

スライド1

三浦豪太の遠征日記 −2013年5月17日−

スライド1

朝起きると雲がアイスフォールから湧き上がるように発生していた。しかし、今日の行程を考えると、若干曇っていた方が楽である。今日進むウェスタンクーンは両側が7000~8000m級の氷の岩稜に囲まれていて、太陽に照らされると、まるでパラボラアンテナのように太陽光が谷底に反射し、中を行く僕たちは虫眼鏡で焼かれたように熱くなる。

歩き始めると雲が程よく太陽を阻害し、わずかだが風もあるためそれほど暑くなくて済んだ。以前ここを歩いたとき、ザックにいれた温度計が50度を指していたことがあった。そのことを考える今日はラッキーだ。ウェザーニュースによると天気は回復傾向にあるという。その予報を知ってか、ウェスタンクーンは朝から大忙しだ。目の前にも後ろにもまるでアリの行列のように人がいる。

画像3

ローツェフェースが見えるところに来ると、C3にも、サウスコルにつながるトラバースにも人のラインが点々としている。今、ウェスタンクーンを歩いている人たちの登頂日はおそらく21日で、現在、C3にいる人たちは20日、そしてサウスコルに向かっている隊は19日の登頂を目指して登っているのだろう。

今年のエベレストは珍しくおとなしく、その扉(ウインドウ)を今月20~25日までおおむね安定して開けている。通常は2~3日くらいしかチャンスがないことを考えると、チョモランマの女神は今年は寛大だ。そのため、登山者もばらけるため、山頂へ向けて数珠つなぎとなるような、ラッシュアワーの心配をしなくても済む。

画像4

僕達が昨日ベースキャンプを出発したときの登頂予定は24日だった。しかし、ウェザーニュースさんから新たな数値予測を聞いて、予定を一日早めた23日に登頂することを検討している。24日もそれほど悪くないようだが、23日のほうがより登頂に適しているようだ。本来は今日、明日、明後日とC2でのんびり休養してからその後5日間かけてアタックと考えていたのだが、C2の休暇を一日返上して19日にC3を目指すとちょうど23日に登頂になる。もともとC2に長くいる理由はなく、しいていえば長くいれば少しだけ休めるかなと思っていた程度。しかしここは標高6400m。今までこの高度まで順化を進めていない父にとって、この標高に長居することは、体力の低下を招いてしまうことにもなりかねない。

画像5

今晩、ウェザーニュースさんからくる天気予報によって、もしまだ23日がより登頂日に適しているのなら予定を変更することにした。しばらくした後の天気予報は、やはり24日よりの23日の方がいいようだ。

その旨をシェルパに伝えると、すぐに予定を変更するため酸素ボンベの整理を始めた。彼らにとっても早く遠征が終わるのはいいことなのだ。これまで遠征が遅れることはあっても、早く終わることは珍しい。僕達も目標が近づいてきたことで身が引き締まる思いだった。

Instagramでも毎日更新しています。こちらも合わせてご覧ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とっても嬉しいです!
7
株式会社ミウラ・ドルフィンズ公式note:冒険家でありプロスキーヤーの三浦雄一郎と三浦豪太が提供するアンチエイジング、 低酸素トレーニングプログラムを始め、冒険スピリットを後世に伝えるためのキッズキャンプも行っております。▶http://www.snowdolphins.com/

こちらでもピックアップされています

それぞれのエベレスト
それぞれのエベレスト
  • 32本

7年前(2013)の今、当時 80 歳であった三浦雄一郎(プロスキーヤー&冒険家、クラーク記念国際高等学校・校長)は世界最高峰のエベレスト山頂を目指していました。 あのときの日々を辿り、これから 1 か月間 『それぞれのエベレスト』を目指す、三浦豪太(プロスキーヤー、博士(医学))が考案したエクササイズ・プログラム を この『MIURA チャンネル』にて WEB 発信してまいります。こどもからご年配の方まで 1 日約 30 分前後、楽しく無理なく身体を動かすトレーニング・プログラムです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。