スクリーンショット_2019-06-22_19

WordPress 「ホームページの表示」設定を解説

WordPressを構築しているといくつか疑問点が出てくると思います。
普段は特に気にする必要はないけど、この設定、何に使うんだろう?
っていうものがたくさんありますよね?

そのひとつが、「ホームページの表示」と言う項目ではないでしょうか?

ブログを書いているブロガーさんたちは、最新の投稿のままで使っていることが多いと思いますが、コーポレートサイト(企業サイト)などを構築している方は、厳密には使い分ける必要があります。

ホームページの表示について、ググってみてもあまり詳しく説明しているところは無いようです。

そこで今回は、ネットではあまり触れられていない「ホームページの表示」について解説したいと思います。

後半には、具体的な設定方法を例に紹介しています。

そもそも、「ホームページの表示」って何?
っていうところから説明する必要があるのですが、ホームページという言葉を聞いて、皆さんはどう解釈していますか?

一般的には、全てのページを総称して呼んでいると思います。

実は、ホームページという言葉の本当の意味は違うんです。
一般的に言われているホームページというのは、厳密にはWEBサイト、もしくはWEBとか、サイトと言います。
テレビなどでは、「詳しくはWEBで」と耳にしたこともあると思います。

つまり、ホームページという言葉は、「トップページ」のことを指しているのです。

ホームには、家庭、故郷、本塁などの意味があります。
意訳すると、基点という感じになるかと思うので、ホームページはサイト全体の基点となるページということになります。

ホームページは、トップページと呼ばれることが多いですが、フロントページ、インデックスページ、と呼ばれることもあります。

・トップページ
・ホームページ
・フロントページ
・インデックスページ

これらは全て同じ意味になります。

実際、古いバージョンのWordPressでは、「フロントページの表示」という項目になっていました。

まずは、本題に入る前に、ホームページの本来の意味を説明致しました。

実は、これには理由がありまして、この設定を説明するためにはホームページという言葉の本来の意味を理解しておく必要がありました。

それでは前置きが長くなりましたが、「ホームページの表示」の設定について説明していきたいと思います。

内容の難易度は、中級レベルになります。
WordPressを使い始めたばかりの方には、少し難しいかもしれませんので、その辺りをご理解いただいた上で、ご購入の検討して下さい。

目  次

・まずはホームページ(トップページ)の役割
・「ホームページの表示」の役割
・最新の投稿
・固定ページ
・具体的な設定例
  ・最新の投稿の場合
  ・固定ページの場合

この続きをみるには

この続き: 4,356文字 / 画像3枚

WordPress 「ホームページの表示」設定を解説

ホシノ 伍曜

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

Twitterでは大喜利企画、ブログでは読むラジオ、リアルではWEB屋の仕事をしています。 noteでは、WEBに関してあまりネット上では語られていないような事をお伝えしていきたいと思います。

本当にありがとうございます、私もスキです
1
ホシノ 伍曜(ゴヨウ)と申します。 Web制作の仕事を5年以上続けていますが、その中で身につけたスキルから生きた情報を提供していきます。 ネット上にあまりない情報を中心にお届けしていきます。 Webクリエイター、Webデザイナーあるあるなんかもご紹介していこうと思います。