見出し画像

今まで残業が担っていた育成機能がなくなるのではないか?

人材育成の時間的な限界

業務時間中に人材育成をやりきるのは、きっと無理だ。まぁ、そもそも「人材育成をやりきる」ということ自体誰がどんな時間をかけても無理なんだけど。業務時間は8時間(うちは7時間20分)、業務をやりながら育成の時間をとるのはきつい。

今までの日本は、その育成時間を、残業で補填してきた気がする。量が質に転化するのは事実としてあると思っている。会社に残業代を払える余裕があったり、サービス残業として、従業員が時間をつかっていることで成り立っていた。社会的な評価も残業があることがそれほどマイナスとしては捉えられていなかった。

「働き方改革」ということで、残業は少なくなる方向であって、そうなると今まで残業が(副産物的に)担ってきた教育機能をこれからどう補填していくのかということになる。3年でものになったのに、それが4年とか5年とかかかってしまうのかもしれない。そんな余裕はあるのか、、、

自習。

補填できる可能性があるとしたら自習しかない。自分で能動的にスクールにいくとか、さまざまな外部の人に会うとか、自分で自分に課題を課してなんかやるとか。残業がないからといって、漫然と時間を過ごしていたら、漫然と過ごしていない人と過ごしている人に、めちゃくちゃ差が出てくるような気がして恐い。

会社としたら、能力のある人に大いなる権利と責任を、相対的に小さい人には裁量権のない仕事を依頼することになる。(これはしょうがないことだ)さらに給与規定を改訂していくことで支払う額もコントロールできる。(それをするかしないかはともかく、なんらかの形でやろうと思えばできる)

残業がないのは残酷だ。

能力がつくっていうのは、今までやってないことにチャレンジした結果だ。残業が許されたので、新しいことにチャレンジする時間を設けられた。残業がない業務時間のなかで、チャレンジングな仕事にどれだけ時間を割けるのだろうか。確実にできる仕事が大半のはずだ(←そうでないと会社が困る)。それでは自分の新しい�能力は開発できない。

社会は広い。

小さい会社では社員が少ないので自分の仕事が確実にあるかもしれない。が、社会は広い。その小さい会社は、経済が小さくなっていく社会でいつも仕事があるのだろうか。小さい会社自体の仕事がなくなったら、その会社の従業員の仕事はあるはずがない。今の業務が、社会に出た時に通用するのかっていうのは常に意識したい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あ、ありがたい、、、(TへT)
29
地元カンパニーやってます。事業をどんどん成長させたい。東京大学(野球部)→新卒大手SIer→実家のアスパラを都内で手売り→地元カンパニー設立@渋谷→長野県上田市にUターン(会社も移転)

こちらでもピックアップされています

一億総「社長」「復業」時代の働き方と経営術
一億総「社長」「復業」時代の働き方と経営術
  • 2157本

アーティストもデザイナーも、科学者もエンジニアも、漫画家も著述家も音楽家も役者もゲーマーもアスリートも、そして子どももシニアも、目指せ「独立自存」。😃✨

コメント (2)
他所にも書いたが「残業」は無能力者の証であり、大局的な観点からでも無い方がいい。残業代を削って業績を上げ、ボーナスを増やそうと考える賢さが日本人にはないからだ。
 本来WBS上の工数で8時間以内に終わる予定の業務は8時間で終わらせるべきで、出来ぬのなら見積が怪しいのだ。
 A君が8時間で終わらせてるのとほぼ同じ生産性で消化可能な筈の業務を、B君は10時間かけた…。事情や原因が論理性を伴わないなら、B君は生産性が悪いという評価になる。当然だ。
 WBSが無く、見積もりが『エイヤ~っ!』だった昭和の時代は業務時間が長いB君が評価されていた。単純に労働時間で貢献度を計っていたからだ(苦笑)。見積もりも、工程管理も科学的・工学的に行われるようになった昨今、ようやくこの不公平性が正された日本。非常に良いことであるが『ポンコツ』がマジョリティである日本人には中々歓迎されていないらしい。筆者の記事も同じ匂いがする。
 筆者は育成時間どうの個人学習どうのと書いているが、それこそ欧米の企業でそこまで面倒見る会社は殆どない。皆、遊ぶ時間を削って個人でやっている。プロフェッショナルとはそういうものだ。
かつてのIT業界では、それこそ死ぬほど残業をやらされた割に賃金が安く、労働環境として多分に問題があった。ネットで「IT土方」と揶揄される所以でもある。
それでも私は当該記事内容を支持する立場だし、特に「コンプライアンス遵守」が喧しく言われる業界でもあるので、どんどん人が育つ余地が無くなってしまっている、と実感する。
同僚や先輩・後輩とランチをしたり一服したり、それこそ食事がてら一杯やりに行った際のブレストや、苦労話や失敗談などは有り難かった。これも、昨今の「働き方改革」で失われる人材育成機能なのではないか、と思われる。
個人的に「残業は悪」なのではなく、「残業は必要悪」だろうと考える。残業をしない代わりにライフワークバランスを重視するのも必要だろうとは思うが、「足りない賃金は副業で」みたいな昨今の風潮には、疑問を感じざるを得ない。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。