見出し画像

人の幸せに携わる仕事をしたかった私が、ゲームプランナーを選んだ理由【社員インタビュー】

こんにちは!ワンダープラネット採用Gのmitchyです。
ワンダープラネットには異業種からの転職、ゲーム業界未経験で入社したメンバーが多数活躍しています!
今回はその中でも、運営中のタイトルでゲームプランナーとして活躍するSayaさんにお話を伺いました。『人の幸せに携わりたい!』という軸を持つSayaさんがゲームプランナーという仕事を選んだ理由とは…?

ユニバーサルゲーム事業部/ゲームプランナー/2019年中途入社
Sayaさん

大学在学中にインターンとして約1年半、アプリ内のキュレーションメディア運営・編集に携わる。
その後、企業向けのWebサイトの制作やマーケティングを行う企業にてWebディレクターを経験した後、2019年にゲームプランナーとして中途入社。

ゲームプランナーは恐れ多い仕事だと思っていた

――現在担当されている業務について教えてください。

ゲームプランナーとして、ユーザーさんに届けるイベント関連のスケジュール管理や、制作物のクオリティに責任を持つポジションを担当しています。

――入社前は違う業界で働いていらっしゃったんですよね。入社された当初は、どんな仕事を任されましたか?

ちょうど入社したのが運営中タイトルの周年イベント準備期間で、テーマに沿って企画をつくるというお仕事を任せていただきました。チームの皆さんは良い人たちばかりで、質問したら快く教えてくれる環境でした。

前職でアプリやWebサイトの制作に携わっていたこともあり、誰に何を質問すれば良いのかがある程度分かっていたことはIT業界の経験で活かせた一つかもしれません。例えばエンジニアに聞くと言っても、クライアントエンジニアなのか、サーバーエンジニアなのか、という具合です。

ただ、IT業界での"プランナー"といえばマネージャーより上の立場で、「恐れ多い仕事だ…!」と思っていました。なので、最初はゲームプランナーではない別のポジションで応募していたんです。
でも面接中に組織図とともにゲームプランナーという職業を説明していただいて、勘違いだったと知ることが出来ました…!

幸せってなんだろう?と考えた

――ゲームプランナーという仕事のイメージは、入社後変わりましたか?

特に変化やギャップはありません。

インターン先もIT業界でのお仕事も、軸としては果たしていたのでやりがいは感じていました。
ただ、改めて「幸せってなんだろう?」と考えたときに、私が幸せを感じるときにはいつもそばにエンタメがあるということに気がついたんです。そんな私にとってのエンタメの代表はゲームだったので、「それならゲームだ!」とワンダープラネットの求人を見つけるに至りました。

実際ゲームプランナーになってからは、自分が考えた施策やイベントにユーザーさんが反応してくれた時に一番やりがいを感じています。もちろん良い反応だけではありませんが、悪い反応も「次は喜ばせるぞ!」とモチベーションにつながっています!

ユーザーさんに近いところで体験を提供できていることが喜びでもありますし、『ゲームプランナーは幸せを届けることができるお仕事だ』と思っています。

――とても素敵ですね!では、そんなゲームプランナーとして働く上で大切にしていることがあれば教えてください。

ユーザーさんのために働くという部分は変わっていませんが、入社直後は個人力が大切だと思っていました。ですが今は、チーム全体の成長を第一に考えて働いています。チーム全体で成長ができる動きをしなければ、ゲームの未来が無くなってしまいます。
自分と同じ職種の人だけではなく、エンジニアやデザイナーとも関わる"ワンチーム"の体制でゲームをつくっているからこそかもしれません。

重要なのはゲームの先を見ることができるかどうか

――Sayaさんが考えるゲームプランナーに向いている人とは、どのような人だと思いますか?

向き・不向きというものは無いと思います。
ですが、ゲームをつくりたいという気持ちだけでなく、ユーザーさんやチームのメンバーといったゲームの先にいる人を見ることができる方は楽しく働くこと・成長することが出来るのではないでしょうか。

究極な話、ゲームをつくりたい!ということであれば、個人でゲームをつくった方が楽ですし、やりたいことが出来ると思います。ただ、チームで動くことやユーザーさんに喜んでもらえるやりがいや嬉しさは、会社でゲームづくりに携わらないと経験出来ません。

ゲームをプレイする側だけではなく、つくる側としての視点があれば入社後苦労することは無いと思います。

――最後に、今後の目標や目指しているものを教えてください!

名古屋で私と同じように異業種から転職してきた方や、ゲーム業界での経験値ゼロで入社したメンバーでも、ゲームプランナーとして活躍できる組織づくりに関わっていきたいと考えています。名古屋でゲームプランナーに挑戦できる環境はなかなか無いと思うので、挑戦したいと思っている人をサポートできる立場になっていきたいです!

以上、ゲームプランナーSayaさんのインタビューをお届けしました!
チーム、そしてユーザーさんを見る仕事の姿勢から、Sayaさんの人柄を感じさせるインタビューでした。

今後もワンダープラネットで活躍するメンバーのインタビューを発信していく予定です!


ワンダープラネットでは一緒に働く仲間を募集しています!

ワンダープラネットの採用サイトでは、事業の特色や社員インタビュー、運営中のプロダクトの開発の舞台裏ストーリーなどさまざまなコンテンツをご用意しています!

会社の雰囲気をもっと知りたい!応募してみたい!と思っていただけた方は、ぜひ採用サイトにも遊びに来てくださいね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!