見出し画像

今後のYouTube戦略!![信用性・ポジション・わかりやすさ]

こんにちは、みつおです!

今回はYouTubeの戦略について考えていきたいと思います。

YouTubeチャンネルを開設して4ヶ月が経ちました。

数字は全く伸びず。存在意義を問われるようなチャンネルでございますが、ここから今から紹介する戦略を持っていっきに数字をあげていこうと思っております。

登録者数や再生回数はアリンコですが、実はあげている動画の内容や編集内容などほとんどバラバラで、実際に微妙な数字の変化は表れています。

<チャネルはこちら> 
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




今まではTwitterやInstagramでのフォロワー数が注目されてきましたが、そのポジションにYouTubeが今後入ってくるのではないかと予想します!

つまり、チャンネルはほとんどの人が持っている状態で、チャンネル数(フォロワー数)を上げていくことが重要ではないかと思っています。

じゃあ、YouTubeにおいて視聴者を獲得するための重要なポイントはなにか、考えてみました。

それが下記です。
・信用性
・ポジション
・わかりやすさ

では、ないかと思います。

YouTubeの攻略法みたいなのはnoteやYouTubeにも色々な人が出しているので、あえて僕はそれらを見ずに、自分の感覚だけで考察していきます。

主に自分のチャンネルでの反応(数字はカスだけど)や他のチャンネルの感想で考えていきます。

では、これら3つを因数分解していきましょう!

信用性

まず、信用性ですが、YouTubeでの信用性は下記の2種類があると思います。

・サムネ期待値≦動画内容
・配信頻度


動画を見るかどうか判断する時に最初に見るのはサムネイルかと思います。

このサムネイルが自分の感心を引くかどうかで動画をクリックするかを決めるのがほとんどの人です。

しかし、サムネイルから期待されるイメージよりも動画の内容が下だったらその動画に対しての信用度は下がりますよね。

特に「どっきり系」や「ノウハウ系」がこういった現象が起きやすいかと思います。

例えば、「◯◯でドッキリをしかけてみた!」みたいなサムネイルで、「お、面白そうじゃん」と思って見てみたら、ドッキリに保険かけてるし、騙されたほう反応微妙だし、みたいなのだとサムネイルでの期待値よりも動画の内容のほうが下なので「がっかり」が残ります。

なので、サムネイルに凝るのも大事ですが、サムネイルでの期待値よりも同程度か期待を上回る内容でないと、視聴者の記憶には残りづらいです。

サムネイルの期待値を上回るドッキリをしてるのが「チャンネルがーどまん」じゃないかなと、個人的には思っています。

ノウハウ系も同じくです。「最短で◯◯する方法!」みたいなサムネイルで「お、まじ?」と期待して見てみると、ぼんやりとした”心得”を解説しているだけで、具体的な方法の解説が微妙、、とかだと「なんだよ、、」ってなりますよね。

なので、ノウハウ系も視聴者が今すぐに取り書かれるような方法論を具体的に解説する必要があります。
(なんか偉そうに言ってる)

で、次に配信頻度です。

良い内容でも配信頻度が不定期だったり、月に数回とかだと「このチャンネルいずれ更新しなくなるのでは?」と思ったり、「次、お会いする機会がまたあれば」といった感じになってしまいます。

「定期的に配信しているみたいだからチャンネル登録しておくか」というように、チャンネル登録の目的って”配信を逃さない”ためにするものだと思います。

なので、配信頻度の信用性はチャンネル登録率に影響してきます。

できれば毎日配信がベストですよね。
(会社員は難しいんだよな~)

ポジション

次にポジションです。

あなた、もしくはあなたのチャンネルがどういった内容なのか、ジャンルはなになのか、を明確にしておくことは大切です。

視聴者にとっても大切ですし、自分の経済圏がどこなのか、を把握するためにも重要です。

おおまかなジャンルとしては、バラエティ・ドキュメンタリー・ビジネス・趣味・教育・音楽・ノウハウとかですかね。

ドキュメンタリーは、モーニングルーティンなんかもそうかもしれないですね。

ここを明確にして、やるべきことは視聴者像の分析と競合の分析、市場の大きさ、ですかね。
マーケティング要素が強いですね。
(あれ?マーケティング詳しかったっけ??)

結構、僕がそうなのですが、自己満の動画になっていることが多かったりします。

自分のチャンネルを作るとなると、「よーし!こんなチャンネルにするぞー」といった感じで、自分の作りたいチャンネルや動画になってしまいます。

ここが視聴者の感心やニーズに当たれば良いのですが、そうでない場合は数字は伸びないままになります。

自分のポジション(ジャンル)にはどういった年齢層や性別の人が視聴者として多いのか、スマホで見る人が多いのかパソコンなのかタブレットなのか、とか見えてくると同じ内容でも工夫する箇所が変わってきます。

例えば、視聴者に女性が多い場合は、可愛らしいフォントにしてみるとか、スマホでの視聴が多い場合は小さい表現はやめて大きく表示したり、”ながら視聴”が多いと予想してサクサク見れるようなスピード感にしたりとかです。

あとは、競合です。
同じジャンルのチャンネルを持っている人はどんな内容の動画を出しているのか、どの動画が人気か、を知ることは大切だと思います。

人気の動画の理由や内容を分析して真似してもいいと思います。

その人気動画と同じキーワードを狙ったり。

その人気動画に不足している情報を動画で取り上げたり。

その動画の次に知りたくなる、見たくなる内容はどんな内容かを先読みしたり。

色々と仮説と検証を繰り返してみるといいですよね。


最後に、市場の大きさです。

シンプルに大きいか小さいかですが、例えば小さかった場合。

チェコ語の勉強動画だとします。

英語なら勉強する人は多いと思いますが、チェコ語を勉強する人って結構少ないですよね。

期待できる再生数や登録者数はその母数の中でしか生まれないので、大きな数字は狙えません。

そういう場合、チェコ語と類似するもの、関連するものを探してみたり、カテゴリを一つ大きくしてみるとかしてみると、範囲を広げることができます。
そうすると、
・チェコの文化
・チェコ人の特徴
・チェコ料理
・ヨーロッパ言語
・発音の似ている多言語
みたいにチェコ語の勉強に興味がない人も興味が持てそうな内容も出てきますよね。

逆に市場が大きかった場合は、この逆をして少しだけニッチな場所を探してみます。

この場合は、藤原和博さんの「100万分の1の人材になる方法論」が適用できると思います。

自分の得意な分野×自分の得意な分野×自分の得意な分野=希少価値

という感じの式です。

藤原さんは三角形で表しています。

藤原三角形

こんな感じで自分のポジションを市場に応じて広げたり狭めたりして戦略を練ることも大切なんじゃないかな~~~と思います。

わかりやすさ

動画のわかりやすさもかなり重要です。

内容にこだわると専門用語が出てきたり、情報を詰め込みすぎて結局なにがメインテーマなのかわかりづらくなったりするからです。

「わかりやすさ」について因数分解するとこんな感じではないでしょうか?

[構成×テンポ×一貫性]

それぞれ分けて考えてみます。

◯「構成」
動画の構成は、文字・音声・映像の3つで作られていますよね。

文字でいうと、タイトルやサムネイル、テロップなどです。

これらのフォントや大きさ、色などが見やすくパッと見ただけで理解できる表現になっているか、です。

フルテロップよりも重要なポイントのみテロップ表示したり、メインの単語だけ色を変えたりして強調することもできます。

次に音声です。

ノイズが入っていないか、声量は十分か、滑舌は大丈夫か、BGMや効果音が大きすぎないか、など聞いていて違和感がないような調整が必要ですよね。

たまに、救急車の音ととか入っちゃっている人がいますが、撮影場所が自宅だったりするとそのへんは仕方ないですよね。

3つ目が映像です。

視覚情報です。映像の質や明るさ、画角、映っている人の身だしなみも含まれるかもしれません。

とにかく映像に入り込んでいるもの全ての要素です。

これらが視聴者に不快感を与えないか、伝えたい情報の妨げになっていなか、です。

特にパソコンで編集していると大きな画面なので気付きませんが、スマホで見てみると、小さくてよくわからなかったりする場合もあるので注意が必要です。

◯「テンポ」
動画のテンポ=構成と考えてもいいと思います。
良い構成は、
・無駄な情報がない
・間が上手に取れている
・長すぎず短すぎない(7~14分程度)


これらを満たしています。ここはテクニックが必要なパーツだと思います。

これはオリラジの中田敦彦さんが言っていたのですが、基本は早口で大きな声で喋って、重要なポイントのところはゆっくりと小さい声で話すと緩急が生まれて聞いてもらいやすいと言っていました。

動画内容の構成は、内容にもよると思いますが下記のフレームワークのどれかを使うと良い構成が簡単に作れると思います。

▽「PREP」・・・使いやすい、色々な内容に使える
・主張(結論や要点)
・理由(なぜなら~~だから)
・具体例(体験談や有名人を使うと良い)
・結論(再度、結論)

▽「FABE」・・・オススメ系に使えるかも
・特徴(機能や品質など基本情報)
・差別化(類似商品との違いなど)
・良さ(どうゆうメリットや利点があるか)
・根拠(数字や実演で示す)

▽「PASONA」・・・ノウハウ系で使えるかも
・問題提起(そのノウハウを使って解決したい問題)
・親近感(自分もその問題で悩んでいたという体験談など)
・解決策(具体的な方法を解説)
・提案(もっと上手にやるためのツールやコツを紹介)
・絞り込み(最低限クリアすべき条件など)
・行動(実践のための後押し)

▽「ベーシック」・・・自己啓発的な成功方法みたいなのに向いている
・タイトル/テーマ(なにについてなのか)
・問題提起(解決したい問題を示す)
・好機(成功体験や有名人のストーリーなど)
・成功のヒント(大切なポイントをいくつか出す)
・ヒントの問題(示したポイントをクリアする条件)
・解決策(具体的な手法や手順)
・紹介(役に立つ情報やツールなど)
・コールドナット(”良い話”で締める)

※これらはこちらのサイトを参考にしました。

考えもなしにいきなり喋りだすより、事前に構成を考えた上で話したほうが視聴者にとってわかりやすく、段階を踏んで理解ができるのでテンポとしてもスムーズです。

いずれかのフレームワークを活用して構成を考えてみることをオススメします。

実際に僕も構成を考えて喋った動画と構成なしで喋る動画の2パターン出していますが、平均視聴時間は構成を考えたほうが長いです。

◯「一貫性」
3つ目は一貫性は下記の順に内容が揃っている必要があります。

[チャンネルテーマ>再生リスト>タイトル>動画内容>人物]

ここは、マインドマップを使うと作り込みやすいかもしれませんね。

例えばこんな感じです。

画像2



そして、最後の「人物」というのは、結構重要です。

他の言葉で言い換えるなら「権威性」と言えるかもしれません。

わかりやすい例え、ダイエットの動画なのに喋っている人がめちゃくちゃデブ。とかですね。

権威性がないと、チャンネルやタイトルとの辻褄が合わなくなってしまうので、権威性がない人は「挑戦」や「チャレンジ」動画にすると良いかもですね。

僕のチャンネルも挑戦系です。

具体的な戦略

最後にまとめつつ、僕のチャンネルで考えていきます。

▽サムネイルと動画内容
⇒サムネはPhotoshopで作り込み、動画内容の結論をサムネに表示する。
▽配信頻度
⇒毎日配信したいが問題は撮影場所と編集時間。配信頻度を優先して編集ボリュームは使える時間に合わせる。撮影場所は会社の一室を借りるか車内。自宅は子供いるのでNG。
▽ポジション
⇒ビジネス系。『ノースキル、実績なし、貯金なしサラリーマンが個人ビジネスで稼げるようになるまで』というテーマ。悪戦苦闘の悩みやアイデアを日々配信する感じ。
▽視聴者像
⇒んーーーー。20代30代のビジネスマン?男性かな?ここはアナリティクスなどでデータ収集が必要。
▽競合
⇒副業系YouTuber。最近ここらの内容がフリーランス寄りになっているので少しズラすのもアリかも。
▽市場の大きさ
⇒わりと大きいと思う。具体的なリサーチ必要。
▽構成
⇒文字と映像はPremiere Proでコツコツ編集(依頼するお金がない・・)音声は2000円くらいの小さいマイク。
▽テンポ
⇒PASONAを主に使っていこうと思います。
▽一貫性
⇒個人ビジネスで稼ぐようになるための必要な要素を洗い出してマインドマップでカテゴライズしつつ細分化。それを動画として制作していく感じ。

と、こんな感じでやっていきながら検証を繰り返して、これらの内容も調整していこうと思います。

きょうは、文章長かったーー。。。

よかったら、フォローとチャンネル登録よろしくおねがいします。
(頑張るので、フォローしてプレッシャーかけてください)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

大当たりーーー!!!!
5
YouTube攻略チャンネルでYouTubeに関する超有益な情報を毎日投稿しています。チャンネル登録はコチラ→https://www.youtube.com/channel/UC2aJwejFZetonZNeE2XwCYA
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。